「マスクが子どもにとって特に酷く悪影響な理由」マロ様の見解

投稿者:

 

子どものマスクはやばいべ

いけのり

わかたー剥ぎに行きます

 

マロ様からのラブレター💗シリーズです。

待ちに待ったマスクについてのレターが届きました。

結構短めなので、今日は大丈夫だと思います。

ほぉほぉ~なるほど~という感じでした。赤字&ほっこりあとがきだけなら3分。

では早速いきましょい。


フェーゲン効果

フェイスマスクがCOVID-19の症例致死率に寄与するメカニズム

Fogen, Zacharias MD The Foegen effect, Medicine: 2022年2月18日 – 第101巻 – 第7号 – p e28924 doi: 10.1097/MD.0000000000028924

概要:COVID-19の原因となる重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2の感染率を低下させるために、フェイスマスクの使用を義務付けることを支持する文献が多数存在する。しかし、マスク使用が病気の経過に及ぼす影響については、依然として議論の余地がある。本研究は、2020年8月1日から10月15日の間に米国カンザス州において、マスク着用義務化が症例致死率に影響を及ぼしたかどうかを明らかにすることを目的とした。

本研究では、米国カンザス州に関連する症例更新、マスク義務化、人口動態に関する二次データを適用した。これらのデータに対して、郡レベルのデータに基づく並列化分析を行った。結果は、複数の感度解析と陰性対照を行うことで制御した。

郡レベルのデータに基づく並列化分析の結果、カンザス州では、マスク義務化のある郡は、マスク義務化のない郡に比べて症例致死率が有意に高く、COVID-19 に関連する死亡のリスク比は 1.85(95% 信頼区間 [95% CI]: 1.51-2.10 )となった。マスク義務化群とマスク非義務化群を比較した「保護対象者」、つまり感染していない人の数で調整しても、リスク比は1.52(95%CI:1.24-1.72)と有意に高いままであることが確認された。カンザス州の超過死亡率を分析した結果、この効果の95%以上はCOVID-19のみに起因すると判断された。

これらの知見は、マスクの使用が使用者を保護するのではなく、使用者にまだ知られていない脅威を与える可能性を示唆しており、マスクの義務化は疫学的介入として議論の余地があることを示している。

この原因として、マスクに飛沫として捕捉された超凝縮飛沫や純粋ビリオンの深部再吸入が予後を悪化させ、COVID-19感染の長期化につながる可能性があるという「フェーゲン効果」説を紹介する。「フェーゲン効果」は動物モデルの in vivo で証明されているが、その完全な理解にはさらなる研究が必要である。

私の友人であるByram W. ブライドル博士が、私にとって身近で重要なテーマについて、素晴らしい記事を書いている。彼の記事全体を読むことを強く勧めたい。以下は、その記事の抜粋である。

 

子供たちが微生物の世界と交流する必要があることを隠しておくのはやめましょう

子供たちを微生物の世界から隔離すると、慢性疾患の発症が促進されます。

幼い子供たちは、微生物の世界と交流する必要があります。それは、彼らの免疫システムが適切に発達するために絶対に必要なことです。このことについては、2021年3月に『The Conversation』に掲載した記事に書いたので、ここではあまり科学的な内容を掘り下げるつもりはありません。タイトルは「A year of COVID-19 lockdown is putting kids at risk of allergies, asthma and autoimmune diseases(COVID-19の1年間のロックダウンは子供をアレルギー、喘息、自己免疫疾患の危険にさらしている)」です。

一言で言えば、私たちは生まれながらにしてナイーブで未熟な免疫システムを持っています。私たちの免疫系が完全に成熟するのは10代に入ってからで、その発達の大部分は生まれてから6歳くらいまでの間に起こります

免疫系が自己制御する能力は、微生物の世界との相互作用、特に他の人々、特に家族との相互作用に依存しています。これにより、免疫システムは、危険なものとそうでないものを区別することを学びます。そして、自己や不活性な環境分子、正常な腸内細菌など、脅威とならないものに対して有害な反応が起こるのを防ぎつつ、危険に対応できるような免疫システムが備わるようになるのです。

幼い子供を環境中の危険でない微生物から隔離すると、免疫系の「免疫制御」成分が損なわれます免疫系の異常は、アレルギー、喘息、自己免疫疾患などの形で現れることが多いのです。

2021年5月、子どもたちが1年以上にわたって慢性的に隔離されているのを目の当たりにし、この懸念について書かずにはいられなくなったのです。1年という期間は、子どもたちの免疫系に取り返しのつかない大きなダメージを与える可能性があると感じたタイミングでした。しかし、多くの子どもたちが2年以上もこのような状態に置かれ、終わりが見えないことに愕然としています。

マスキングは、咳やくしゃみ以外の方法によるウイルスの拡散を防ぐという点では、議論の余地があり、ほとんど効果がないと言ってよいでしょう。しかし、より大きな環境粒子(埃の粒子、ふけ、花粉など)や細菌に対しては、それなりのバリアとなり得るのです。さらに、抗菌手指消毒剤などの過剰な使用、家に閉じこもること、身体的交流の欠如などが加わり、私たちは、歴史上のどの人類よりも隔離された子どもたちのミクロ世代を持つに至ったのである。残念ながら、この子どもたちは、いわゆる「衛生仮説」の妥当性を検証するための世界規模の予期せぬ実験に参加することになります。この点については間違っていてほしいのですが、基本的な免疫学的原理からすると、COVID-19の閉鎖政策に耐えなければならなかった幼い子どもたちは、自己免疫疾患、アレルギー、ぜんそくの発症率が人類史上最も高いかもしれないのです。

ブライドル博士は、記事の最後に次のように述べている。

前進する

この話の教訓は、子どもたちを微生物の世界から隔離するのをやめようということだ。子供たちを汚れさせること。他の子供たちと交流させましょう。家族や友だちとハグをさせる。猫や犬を飼い、子供たちと触れ合わせる。森や田舎にハイキングに連れて行く。通常の石鹸で手を洗わせるのはもちろんですが、抗菌性の石鹸や除菌剤は控えるようにしましょう。皮膚に存在する正常な細菌が死滅するたびに、病原菌が繁殖する危険性があります。

そして、お願いだから、子供たちに他の人の口を見させて、正しい話し方を学ばせてあげてください。

この2年半の間に生じた害は、もう終わったことなのです。しかし、どうか、子供たちを監禁し、物理的に距離を置き、マスクするようなことを延々と続けるのはやめましょう。SARS-CoV-2のためでもなく、毎年のインフルエンザのためでもなく、サルのためでもない。透明で客観的、かつ一般に公開され、公開討論された科学によって、かなりの割合の子どもたちの命が真に脅かされることが証明されない限り、何に対してもです。

 

COVID-19の目の症状および感染。予防のための提言

記事全文はこちら

背景

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-2(SARS-CoV-2)と呼ばれる新型コロナウイルスによるCOVID-19は、いくつかの事例報告で眼の症状や徴候と関連していることが報告されている。SARS-CoV-2は、主に呼吸器飛沫を介した密接な接触によって伝播するが、結膜を感染源とする眼球感染の可能性もあることが研究により示されている。

考察

SARS-CoV-2の眼症状には濾胞性結膜炎があり、COVID-19陽性患者の初発・後発症状として繰り返し指摘されている。特に眼症状では、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応による結膜スワブ試料からのSARS-CoV-2の検出から、涙にウイルスが存在する可能性が示唆されている。したがって、ウイルスは眼表面から眼粘膜、涙、またはその後に続く噴霧物との接触を介して新しい宿主に伝染することができるかもしれない。

結論

すべての医療従事者は、SARS-CoV-2と一致する眼症状について患者に尋ね、患者と医療従事者双方によるマスク着用に加えて、高リスク患者に対する標準個人保護具の一部としてゴーグルやフェイスシールドなどの眼の保護を使用し、涙も感染の可能性があるものと考えるべきである。

英語で読む


おつでした。

結論

・子供はマスク・消毒をすると体が弱くなる。

・マスクするならゴーグルもせよ。

 

ということですね。確かにそうですね。

日本風に言うと、

「ヘビの生殺し」

「頭隠して尻隠さず」

という感じでしょうか(いや違うか?)。

 

実はこの2年半、お店の前の消毒液は、ほぼほぼ”エアー”で誤魔化していた自分です。

エアーって?

あ、やったフリです。エア・ギターみたいなぁ~。

 

だって、消毒液、体に悪そうなんですもん。

常在菌ちゃんまでヤラレそうですし。

この本にも書いてありますが、我々はほぼほぼ微生物の集合体なのですよ。

「あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた」我々は「1人」でなくて「100兆個体」

 

自分をいじめない方がいいと思います。

 

以上です。

 

人気記事

超重要 【驚愕】ビオンテック社、重大な副作用、安全性と有効性に関するデータなしと認める

重要 ファイザー公開の1291種類のコロナワクチン有害事象リスト

重要 打ってしまった人へ(対処法・病院一覧)

ノーマスク人体実験

人気 ①初日~第6週目までの柔心臓な心理状況

②第7週&8週目までの遠慮がちな状況

③妙な自信が出てきた第9週目の強気状況

サル豆ガリ勉シリーズ

恐怖解消 サル豆はどこまで脅威?物議を醸しているツイート

注目 豆はフェイクか本物か?マロ様のサル豆への見解

ガリ勉 次の感染症に向けてガリ勉【天然豆】

ガリ勉 次の感染症に向けてガリ勉【サル豆】

こびナビ&子どもの城

注目 「全ての情報を開示すれば、打つ人は減ると思う」(byこびナビ峰宗太郎氏)

注目 「私だって、いつ宗旨替えするかわからない」(byこびナビ峰宗太郎氏)

恐怖 青山こどもの城跡地がコロナ医療悪魔の城へ

ワクチン副反応情報

小児急性肝炎急増中。コロナワクチンとの関係は?

帯状疱疹の患者が急増中って騒ぎになってますが…

核酸注射が血管の病やがんを起こすメカニズム

これから増える恐ろしい現象「結核患者増加」

新型コロナワクチンでエイズになるのは本当か

接種後、耳鳴りの患者が増えているそうです

「シェディング」とは?未接種なのに体調不良

コロナ哲学

尊敬している人、仲良しがアレに走ってグッときた時の考え方

原点 私に無理やりワクチンさせようとしている人へ

著名医師からのワクチン回答に憤怒「医は仁術」ではなかったのか

誹謗中傷や批判に対してどう耐えたらいいのか

マスクが物理的な言論統制に見えてきた

人気 ジョコビッチ氏のワクチン拒否の理由が明快

正しくないと知っていても口にしない、が正解なのか

私はいったい何と戦っているのか

コロナと陰謀論, 歴史,裁判

人気 【怪しくないよ】禁断の書…これ読んでたらそこそこ陰謀論者

人気 大事な人が陰謀論者になってしまった時の対策①

 さらに陰謀論者への対策②

 もっと陰謀論者への対策③

噓でしょ?コロナパンデミックのシナリオを確認する事前会議「EVENT201」

米国ベストセラーアンソニー・ファウチの暴露本の和訳

WHOはこうして生まれた。影にいるのは…

コロナワクチンデマ30選!

「反ワク」レッテル貼りのための11カ条

コロナ裁判風「Grand Jury(グランドジュリー)」

【コロナワクチン裁判】誰をどういう理由で訴えたらいいのか

お笑い系コロナ

爆笑アニメ!コロアンティーナの大冒険

こびナビ岡田玲緒奈代表のラップ全文

人気 最も効果的な接種は、PPMかMMPかPPPかMMMか

「ワクワクイベント」お笑い系反ワクの免罪符に

コロナワクチンあるある

2回接種済みでコロナ感染した人

3回接種済みでコロナ感染した人

ファイザー有害事象報告書

超重要【日本語訳】ファイザー公開の1291種類のコロナワクチン有害事象リスト

【日本語訳】ファイザー公開コロナワクチン有害事象報告書

【日本語訳】ファイザー公開コロナワクチン有害事象 後遺症・未回復・致死の数

【欠落情報 妊娠中&授乳中】ファイザー公開コロナワクチン有害事象報告書

ワクチンで不妊は本当にデマ?有害事象(AESI)に「抗精子抗体陽性」

コロナワクチン治験終了予定日|ファイザー・モデルナ

用語解説

注目すべき「有害事象 AESI」とは?

有害事象、副反応疑い、副反応(副作用)の違い

「特例承認」の三要件とは?

注目 そもそも幻想「集団免疫」「ワクチン効果」

製薬業界与太話

①今の体制はどのように構築されたのか

②優生学と医療による大虐殺【医師による大量虐殺】

 

おもな有害事象・副作用一覧

そしてこれ、大事なので何度でも貼る。兆候があったら病院行ってくださいね。

ワクチンの副作用一覧

 

記事一覧へ