製薬会社

製薬業界与太話|②優生学と医療による大虐殺【医師による大量虐殺】

投稿者:

最初に言っておきます。陰謀論ではなく歴史です。歴史を学んでいきましょう。もどうぞ。

 

いけのり

戦争時の武器でなく

日常の医療で大虐殺

 

いつもあてにしている情報屋さんから、気になる記事が来ました。

Rockefeller Foundation, Eugenics & Iatrogenocide [Genocide by Doctors]

…ふむふむ。って、英語かい!

というわけで、今回もDeepL翻訳&ちょっと編集させていただきましたので、ぜひご一読ください。

文字文字しいですが、「人生には本当に”まさかの坂”があるのだな~」となります。

製薬業界

ロックフェラー財団、優生学と医療による大虐殺【医師による大量虐殺】

ロックフェラーは、フレクスナー報告書を通じてAMA(米国医師会)に与えた影響に加え、1913年にニューヨーク・ハーバードクラブでアメリカ癌協会(以下ACS)を設立しました。この組織は、政治家に影響を与え、承認された医師以外ががんを治療することを違法とする法律を作ったため、実際のがん治療法が違法とされることを確実にしました。こうして、医学界の大規模なねずみ講が実現しました。この団体は、がんを根本的に解決しようとせず、一般の人々には何も知らせないため、「現代医学」が提供する「承認された」がんの「治療法」から、多額の利益を吸い上げることができるのです。ロックフェラー家は、何百年にもわたる医学の発展を破壊し、100年以上にわたる病気の蔓延と不必要な死を引き起こしただけではありません。今こそ、ロックフェラーと優生学の関係に光を当て、焦点を当てる時です。優生学は、社会ダーウィニズムの応用「疑似科学」です。

ダーウィンの思想の多くは、イギリス生まれのトーマス・マルサスの経済理論に由来する。マルサスは『人口論』の中で、人間の人口は指数関数的に増加し、農業資源の能力は算術的に増加する傾向があると主張している。つまり、人が増えすぎて食べ物が足りなくなり、やがて貧乏人と弱者が死に絶え、裕福な人だけが生き残る「適者生存」の大規模な食糧危機が起こるというのである。この「マルサス的破局」は、実はでたらめな話なのですが、それにもかかわらず、現代の優生学運動の根拠の一つになっています。

優生学とは何でしょう?優生学とは、「不適合者」「劣等人種」「無駄飯喰らい」の繁殖を防ぐことによって、人類をより良くしようと、人間が人間の形質を変えるために介入すべきと宣言する破壊的な疑似科学・哲学のことです。一般的な優生学の手法には、「選択的交配」「結婚制限」「人種隔離の強制」「強制中絶」「強制不妊手術」「人体実験」「施設収容者(精神障害者・障害者)の殺害」「幼児殺し」「大虐殺」などがあります。チャールズ・ダーウィンの(異母)いとこであるフランシス・ガルトン卿は、”優生学の父 “と考えられています。優生学」という言葉は、ギリシャ語の「eu」(「良い」という意味)と「genes」(「世代」「起源」という意味)に由来しているのですが、実は彼の造語です。

1863年、ガルトンは、才能のある人が他の才能のある人とだけ結婚すれば、その結果、目に見えてよい子孫が生まれると理論化しました。しかし、ガルトンはこれを理論化するだけでなく、実践しようと考え、ガルトン、ダーウィン、ハクスリー、ウェッジウッドの各家がお互いにしか交配しないという「実験」を行い、「超人的」な品種を作ろうとしたのです。いい話でしょう?しかし、現実には、2世代以内に90%以上の子供が生まれながらにして死亡するか、身体的、精神的に障害を持つようになったのです。その結果、彼らの家系は、通常の家系図のように拡大するのではなく、むしろ小さくなってしまいました。ハックスレー家について言えば、ジュリアン・ハックスレー(『ブレイブ・ニュー・ワールド』を著したオルダスの弟)が初めて “トランスヒューマニズム “という言葉を使いました。彼は英国優生学会の会員で、優生学はトランスヒューマニズムの基礎となるものです。

ガルトンの「4家族実験」が失敗したにもかかわらず、優生学運動は、ジョン・D・ロックフェラーによる資金提供のおかげで、特にアメリカで拡大し続けました。彼は、1913年にロックフェラー財団を設立後、すぐに社会衛生局を担当し、”避妊、母性衛生、性教育に関する研究と教育 “を行うことを任務として委ねたのです。ロックフェラー財団の “医学部門 “である国家研究会議を通じて、ロックフェラーはアルフレッド・キンゼイの恐ろしい性研究に資金を提供し、彼は仲間の小児性愛者とともに2000人の幼児と児童に性的虐待を加えたのである。キンゼイは死ぬ1、2年前にポケットナイフで割礼をした。彼の仲間には、CIAが資金を提供し、MKULTRA計画を実行した悪名高いマインド・コントロール・ドクター、ユエン・キャメロン博士がいました。キンゼイは、オカルト研究家のアレイスター・クロウリー(「大いなる獣」)にも影響を受けていたようで、マスコミは「この世で最も邪悪な男」と呼びました。

1913年、セティ・ロックフェラー(ジュニアの母、ジョンDの妻)は、”全米の女子学生を対象に社会衛生の指導を促進する “ために、社会衛生局に2万5000ドルを寄付しました。そして社会衛生局は、マーガレット・サンガーが提案した、アメリカ避妊連盟(ABCL)による避妊臨床研究(後に家族計画連盟となる)に資金を提供したのです。彼女は、黒人、ヒスパニック、アメリカン・インディアン、カトリックなどの「異種族株」や、ユダヤ系移民などの「スラム居住者」の制限を提唱しました。マーガレット・サンガーについては、近いうちに詳しく説明しますが、今は、彼女が優生学と「医学的」命令による大量殺人の主要な活動参加者であったことを覚えておいてください。

1927年までに、優生学はアメリカの主流となり、25の州で強制不妊手術法が制定されました。信じられないかもしれませんが、1928年には、最初のコンピューターのいくつかが優生学の分野で使われるようになりました。トーマス・ワトソン(IBMの創設者)がヒトラーとナチスにパンチカードコンピューターを供給し、収容者に人間のID番号を刺青して、死の収容所で使われるようにしたのですから。

参考 ホロコーストを支えていたIBMのパンチカード

同じ時期に、ロックフェラー財団は「精神科遺伝学」として知られる疑似科学的な医学専門分野を創設し、財団の資金を使って、ドイツのカイザー・ウィルヘルム研究所(”Kaiser Wilhelm Institute for Psychiatry” と “Kaiser Wilhelm Institute for Anthropology, Eugenics and Human Heredity” )の両方に資金提供を行いました。ロックフェラー家がこれらの研究所の最高責任者としたのは、ファシストのスイス人精神科医エルンスト・ルディンであり、彼の子飼いのオトマール・フェルシュアーとフランツ・J・カルマンが補佐していました。

アメリカの優生学会の英雄であるベルシューは、カイザー・ヴィルヘルム人類学・優生学・人類遺伝学研究所の所長として機能していました。フェルシュアーには長年のアシスタントがいました…名前はヨーゼフ・メンゲレ。彼の名前は聞いたことがあるでしょうか?あるいは、”アウシュビッツの虐殺者 “というニックネームを聞いたことがあるかもしれません。メンゲレは医学司令官となり、アウシュビッツの強制収容所で収容者に実験を行った。彼の恐ろしい医療実験には、目の色を変えるための針、麻酔なしでの手足の切断、性転換、不妊手術、その他言いようのない犯罪が含まれていました。何万人もの人間が殺され、その臓器、頭部、手足、眼球はカイザー・ヴィルヘルム研究所のロックフェラーに送られました。

ルディンと彼のスタッフは、ヒトラーの私兵(「SS」)長官ハインリヒ・ヒムラーが議長を務める「遺伝専門家タスクフォース」の一員として、ドイツの不妊手術法を作り上げました。アメリカのモデル法」と称されたこの法律は、1933年7月に施行され、アメリカでは1933年9月の『優生学ニュース』にヒトラーの署名入りで堂々と印刷されました。1938年、カルマンが書いた本は、25万人以上の精神病患者や様々な「欠陥」ある人々(そのほとんどが子供)を殺害するための合理的な理由として使われました。ロックフェラー研究所のアレクシス・カレル博士(ノーベル賞受賞者)は、ヒトラーが精神病患者や囚人の大量殺人を提唱したことを公に賞賛しました。カレルはまた、”役に立たない食べる人 “を排除するために毒ガスの使用を提唱しました。

ヒトラーは実際にアメリカの優生学法を研究し、反ユダヤ主義を「医学化」して、より口当たりの良い優生学という疑似科学の面影で包むことによって、自分の反ユダヤ主義を正統化しようとしました。ヒトラーは、科学が自分の味方であると主張することで、合理的なドイツ人の中からより多くの信奉者を集めることができました。しかし、彼の優生思想は、1924年に出版された『我が闘争』の中で、ヒトラーがアメリカの優生思想を引用し、アメリカの優生学について詳しい知識を明らかにしていることからもわかるように、実際には「アメリカ製」だったのです。

ヒトラーは、アメリカの優生学運動の進展をいかに注意深く観察していたかを誇らしげに同志に語りました。「私は、あらゆる可能性において、その子孫が何の価値もなく、人種的ストックにとって有害となるような人々の生殖防止に関するアメリカのいくつかの州の法律を非常に興味深く研究した」と、仲間のナチスに言っているのです。

ロックフェラーは、ヒトラーの優生学プログラムを「微調整」するために、米国の主要な優生学者(C.M.ゲーテ、チャールズ・ダベンポート、ハリー・ラフリン)に出資し、ドイツに派遣しました。そして、何百万人もの罪のない人々が収容所で虐殺される中、彼らは「微調整」を行いました。ロックフェラーとその取り巻きの銀行家たちは、優生学と大量虐殺に手を染めていたのです。しかし、それは氷山の一角に過ぎません。ロックフェラーの目標は、世界中の優生学に資金を提供することに加えて、石油、化学、医薬品市場を支配することでした。1941年、彼の会社(ニュージャージー州のスタンダードオイル)は、ドイツの巨大な医薬品/化学会社I.G. Farbenの支配権を購入し、アドルフ・ヒトラーの選挙キャンペーンに唯一最大の寄付をした会社でした。ヒトラーが政権を握る1年前、I.G.ファルベンはヒトラー、ナチ党、親衛隊に40万マルクを寄付しています。したがって、ヒトラーが権力を握った後、I.G.ファルベンは第二次世界大戦中のドイツの世界征服で最大の利益を得た人物でした。何百万人もの人々が投獄され、殺されている間、I.G.ファルベンは利益を得ていたのです。

I.G.ファルベンの完全子会社であるI.G.アウシュビッツは、ヨーロッパ征服のための合成ガソリンとゴムを製造する世界最大の工業団地でした。アウシュビッツは、強制収容所の囚人たちを工場で「奴隷労働」として使っていました。しかし、アウシュビッツの囚人には「退職金制度」がありませんでした。体が弱く、病気で働けない者は、アウシュビッツの工場の正門で選別され、ガス室へ送られました。何百万人もの罪のない人々を絶滅させるために使われた化学ガス「ツィクロンB」も、I.G.ファルベンの製図板と工場から生まれたものです。

1941年、オットー・アーエムブラスト(I.G.ファルベン社でアウシュビッツ計画を担当した役員)は同僚に、「SSとの新しい友情は恵みである」と述べています。「強制収容所を統合して、我が社に利益をもたらすあらゆる方策を決定した 」と。I.G.ファルベン・カルテルは、強制収容所の犠牲者を人間のモルモットとして利用しました。未知の新しい予防接種の実験などの人体実験で、何万人もが死亡したのです。

J.D.ロックフェラーとアヴェレル・ハリマンは、ブラウン・ブラザーズ・ハリマンでプレスコット・ブッシュ(そう、ジョージ・Wの祖父)のビジネス・パートナーだったことは特筆すべきことです。優生学に資金を提供し、推進することに加えて、彼らはナチスの台頭を支援し、資金を提供しました。第二次世界大戦後、ロックフェラー優生学運動は、”ペーパークリップ作戦 “でアメリカに連れてこられた多くのナチスの信用を失墜させるために、「一新」することになりました。

1940年代、ロックフェラーはタヴィストック人間関係研究所にも資金を提供し、ジークムント・フロイト博士を雇って、大衆意識を操作しコントロールする最も効果的な方法を見極めることを最終目的として活動を開始しました。タヴィストックはそれ以来、地球上のほぼすべてのシンクタンク、宗教、企業、政府機関、主要大学、主流メディアなどに潜入し、指導的役割を果たす人々を養成してきました。

1950年代、ロックフェラー家は、アメリカの優生学運動を再編成し、人口抑制と中絶の団体を加えました。驚くべきことに、1950年代にアメリカ優生学協会は64,000人以上の「欠陥のある好ましくない人」を強制的に不妊手術したのです。その後、人道に対する罪と関連づけられたことによる反発から、アメリカ優生学協会はアメリカ生物人口学・社会生物学協会と名前を変え、現在に至っています。

ロックフェラー財団は、1968年の年次報告書の中で、いわゆる「抗不妊ワクチン」の開発とその大規模な実施に資金を提供したことを認めています。その他にも、同性愛の増加の奨励、水道水への「不妊治療剤」の活用、女性の就労促進(家族の崩壊)、オンデマンドの中絶や不妊手術、避妊を本当に利用しやすく、誰でもできるようにするなど、アメリカの少子化対策が奨励されました。

1969年、ローレンス・デュネガン医学博士は、ピッツバーグで開かれた小児科医の会合に出席し、ロックフェラー財団から資金援助を受けている家族計画連盟の全国医療ディレクター、リチャード・デイ博士を講演者として招きました。デイ博士は、将来は治りにくい病気が生まれる、ほとんどすべてのガンの治療法は開発されているが、人口が増えないようにロックフェラー研究所で隠されている、と言いました。

1990年代には、ステルスがんウイルスなど、殺すか滅ぼすかの致命的な病原体を含むワクチンが作られました。例えば、国立免疫学研究所(NII)では、破傷風トキソイドやジフテリアなどの「キャリア」を使って、免疫システムを迂回し、女性ホルモンであるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)を投与する研究が行われました。なぜでしょうか?破傷風と結合したhCGを妊娠中に注射すると、不妊症や流産を引き起こすからです。1993年にニカラグアで、1994年にはメキシコで、1996年にはフィリピンで、流産が急増しました。ニカラグアとメキシコでは調査が行われませんでしたが、フィリピン医師会が破傷風ワクチンにhCGが添加されていることを発見しました。

このhCGが添加された破傷風ワクチンが自然流産や流産を引き起こしているという事実を詳しく紹介した記事が『Vaccine Weekly』に掲載されました。BBCでも同じテーマで特集が組まれていました。国立免疫学研究所の研究には、誰が資金を出したと思いますか?正解!ロックフェラー財団と人口問題評議会(ロックフェラーから資金提供を受けていた)です。

ロックフェラーの「ゲームプラン」は、地球全体の人口、エネルギー、食糧、医療、財政をコントロールし、アメリカを「ワンワールド政府とグローバル・ファシズム」に移行させることなのです。

私たちは今、彼らのサイコパスな計画が目の前で展開されるのを目撃しているのです。

 

お疲れ様でした。長かったですね。ここまで読み切ったあなたは偉い!

陰謀論じゃなくて歴史です、と最初に前置きしておきながら、

ええええ、ほんまかいな…

という話がたくさんありました。

私が気になったワードや人物にはリンクを貼りましたが、その他、違和感の残る部分はぜひご自身で深堀を。

 

少子化対策:女性の就労促進(家族の崩壊)

うむ。まんまと少子化の罠にはめられている自分です。

 

あ、最後に大地舜氏の動画もどうぞ。

国民が喜んでワクチン接種を受ける世界はこうして作られる

 

以上です。

 

核酸注射の人気記事

保存版【日本語訳付き】ファイザー公開の1291種類のコロナワクチン有害事象リスト

保存版【日本語訳】ファイザー公開コロナワクチン有害事象報告書

保存版【日本語訳】ファイザー公開コロナワクチン有害事象 後遺症・未回復・致死の数

保存版【欠落情報 妊娠中&授乳中】ファイザー公開コロナワクチン有害事象報告書

注目 「全ての情報を開示すれば、打つ人は減ると思う」(byこびナビ峰宗太郎氏)

注目 「私だって、いつ宗旨替えするかわからない」(byこびナビ峰宗太郎氏)

注目 ワクチンで体調不良→診療OKの全国の病院一覧

人気 米国ベストセラーアンソニー・ファウチの暴露本の和訳

人気 噓でしょ?コロナパンデミックのシナリオを確認する事前会議「EVENT201」

人気 核酸注射が血管の病やがんを起こすメカニズム

人気 新型コロナウイルスワクチンでAIDSエイズになるのは本当か

人気 これから増える恐ろしい現象「結核患者増加」

原点 私に無理やりワクチンさせようとしている人へ

爆笑アニメ!コロアンティーナの大冒険

「どうしてそうなるのだろうか…」と解せなかった出来事

ワクチン接種、迷っている人へ一言…

3回目のあれを強要されたら

人気 大事な人が陰謀論者になってしまった時の対策①

さらに陰謀論者への対策②

もっと陰謀論者への対策③

正しくないと知っていても口にしない、が正解なのか

映画|「記録映像 ワクチン後遺症」の紹介

コロナ裁判風「Grand Jury(グランドジュリー)」

 

新コロNEWSの読み方シリーズ

公務は継続!3回接種済エリザベス女王コロナ感染

人気 ジョコビッチ氏のワクチン拒否の理由が明快

ワクチン2回接種済みの10代男子学生が死亡

ジャスティン・ビーバーコロナ感染 公演6月に延期

ウォーレン・バフェットがファイザー株を売却

 

おもな有害事象・副作用一覧

そしてこれ、大事なので何度でも貼る。兆候があったら病院行ってくださいね。

ワクチンの副作用一覧

 

記事一覧へ