禅林句集 |吽吽(うんうん)

投稿者:

人間界に紛れてしまったナマケモノが、偶然手にしてしまった「禅林句集」(柴山全慶) を紐解きます。たった一言が人生をガラリと変えたりするものです。誰かに何かいいことがありますように。

 

ナマケモノ

吽吽(うんうん)

 

言葉では説明しがたい悟りの境地の一表現。元来、牛の鳴き聲。

 

私には、あんまりよくないんだろうけどやってしまうことがある。

それが相槌「うんうん」。

友人などの仲良しさんのみならず、占いのお客様、人生の先輩に対しても、会話中、

「うんうん」

と相槌を打ってしまうのです。

ちょっと礼儀知らずの人っぽいから、一応相手は選ぶものの、結構な比率で「うんうん」しちゃってます。それか、「ええ、ええ」も。

昔、目上の人への相槌は「はい」が正解というのをマナーの特集かなにかで読んだことがあるのですが、

「はい」「はいはい」

だとしっくりこないんですよね。

「吽吽(うんうん)」

だと、相手の言葉が深い所に入る気がするんですよね。気のせいかもしれませんが。

無礼者に見えない程度に使い続けようと思います。

 

以上です。

 

禅林句集をチェック