本|「スパイス、爆薬、医薬品-世界史を変えた17の化学物質-」(ジェイ・バーレサン、ペニー・ルクーター)

投稿者:

 

とても勉強になる本を読みました。コレ↓

 

スパイス、爆薬、医薬品-世界史を変えた17の化学物質-

ジェイ・バーレサン ペニー・ルクーター

 

17の物質(実際に本書内で紹介されている物質はもっとあります)が、どのように世界を動かしてきたのかを、文系でも大丈夫なように解説してくれている歴史書です。

ご丁寧に化学式とその構成についての解説もついているのですが、

ええ、ええ、そこはちょっと流し読みするとして、、、(ベンゼン環、懐かしいな…くらいで)

大航海時代、壊血症による水夫の死亡率が鬼高かったのに、かのジェームス・クック船長の船はまったくそれが原因で水夫たちが死ななかった…というくだりが、物凄く面白かったです。

なんとですね、バランスの良い食事と、掃除・布団干し・換気で清潔を保つ!という超基本的なことの徹底で、他の船が船員がどんどん弱って死んでしまっている時も、全然平気だったクック船。

大事なのは「基本をちゃんと」なんですね。

夏の課題図書にでもぜひ。

 

以上です。

おすすめ本一覧へ