落とし物の美学

投稿者:

どうもです。昨年の赤坂での200万拾得に続き、今度は永田町をサイクリング中、殿方用の分厚い黒いお財布を拾いますた。よく物を拾う占い師いけのりです。

えッ?いつも下向いてるんじゃないかって?そんなこともないんですけどね、、、目をやるとそこにある感じですね。

 

うむ、重たいパツパツのお財布…拾ってしもうた~。あ、ちなみに日本において、落とした財布が戻って来る確率、知ってますたか?お、御存じない?

それでは答えは、忘れてなければ最後に…。

 

話を戻すて、、すぐ財布の中身を確認すたところ、普通に万札、免許証やらクレジットカード、診察券もぎょうさん入っておった…。

 

財布を見つめ、我思う。

 

拾った人が占い師でよかったですね。(自分で言うなよ)

 

落とした御本人様、今頃真っ青、、居ても立っても居られない心境であろうと思い、診察券にあったかかりつけと思われる内科医院に電話をし、財布ちゃんは無事なので連絡くださいと本人に言伝をお願いすますた。

落とし主が誰かわからない時は、ポリスに届けるすかないのですが、落とし主と連絡を取る手段がある時は、直接渡すた方が早い…。

ええ、ええ、ポリス通すとこっちもあっちも手続きが面倒故、、というか、、

 

スピード!!スピード!!スピード!!

 

が社訓の会社でしごかれた占い師的には、こういう時スピード重視です。(強迫観念?)

 

洗脳用のカード持たされてた…
洗脳用のカード持たされてた…

 

スピード!!スピード!!スピード!!

の下には、

重要なのは他社が1年かかることを1ヶ月でやり遂げるスピード。
勝負はこの2~3年で分かれる。

と書いてあるのですが、、負荷が12倍かかるということなのか、効率が12倍いいということなのか、、示唆すていることは謎です。

勝負はこの2〜3年…わたすが入社すた10年前から変わらずなので、これきっと地球滅亡までずっと続くんですね。

 

あああ、極楽天ネタは置いておいて、、

しばらくすて落とし主の君から連絡があり、事務所まで取りに来てもらえることに。一件落着すますた。(フルーツゼリーの詰め合わせもろた~)

 

 

 

皆様、落とし物を拾った時、ええ、ええ、特にお金目の物を拾ってすまった時、いかがされますか?

 

 

こう見えてわたすは100%届ける。(どう見えてるかは知りませぬが)

 

これは、偽善などではなく、色々な思いが入り混じってのことです。

 

落とすた人、困ってるだろうな~という純粋に人を心配する気持ちとか、こういう時にちゃんと届けないと、自分が大事な物を落とすた時も戻って来ない気がする…という恐怖感とか…

 

そうそう、あとは、あれは小学5年生の時であったか、、、下校中に2万円、拾ったことがあった。ええ、ええ、道端に、ドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会くらい、ポロリと1万円札が2枚落ちておったの。

司会は少し前に清原特需に沸いたマサーシー田代。
司会は少し前に清原特需に沸いたマサーシー田代

 

お年玉ももらっており、お金の大事さはわかっておった占い師。母おふさに拾った2万円を自慢しにいったところ、ポリスに届けることに相成った。ポリスには父ピロシキが行くという…

ピロシキを全く信用すていなかったものの、しょうがなく2万円を託すた占い師。あ、ハイ、ピロシキはネコババすることなくちゃんとポリスにお金を届け、引換券のようなものをもらってきた。(疑って悪かったね)

半年間落とし主が見つからなかった場合、2万円はわたすが丸っともらえるという引換券を…。

(ただしくは引換券ではなく、拾得物件預り書)

 

それから半年間…

Xデーまで、落とし主が現れませんようにぃ~とずっと念ずておったところ、無事(?)落とし主は現れず。早々に父ピロシキをポリスに遣いにやり、ホクホクしながらお札を受け取った思い出があります。(届けた意味はあるのか)

 

…あの時、母おふさと父ピロシキとの間で、拾った現ナマをポリスに届けよう~という話にまとまらなければ、拾った物はわたすの物、、みたいなトンデモナス主義になっていたカモ鴨長明。

ええ、ええ、正直者の両親に感謝すている。

これで夫婦喧嘩がなかったら最高ですたが…(常にハブ対マングース)

 

 

というわけで、、ええ、ええ、拾った人の勝手ですが、、落とし物拾った時は迷う事なくポリスか落とし主さんへ…

拾った物を勝手に懐に入れると、横領罪だの窃盗罪だのに問われるとか、そういうのより先に、思いやりや良心等が先立つのが、占い師的には落とし物の美学です。

 

あ、こちらのサイトも参考に…

落とし物・忘れ物を警察に届けないのは犯罪?

遺失物の財布を警察に届けなかった友人の結末

遺失物について(警視庁)

 

 

あ、ちなみに赤坂で拾った200万は、、円ではなくインドネシアルピア。…ジンバブエドルでなくてよかった。(1ドル=2億5600万ジンバブエ・ドル/2008年)

ええ、ええ、即刻、交番に届けますて、、その3か月後、落とし主不明でもらえることになりますた。(また念じたのか!)

 

あ、そうそう、クイズの答えも。

落とした財布が戻って来る確率は63%。中のお金も戻って来る確率は36%だそうです。

財布を落として戻ってくる確率:戻ってくる確率を高くする方法

 

以上です。