書籍 |「失敗図鑑 すごい人ほどダメだった」(大野正人)絶対読んだ方がいい。小学生向けですが…

投稿者:

 

どうもです。

漢字に細かくルビが振ってあることから、小学生低学年向けの本のようですが、読んでよかったです。

小さい子に限らず、まだまだ夢みたい大人の皆さんに読んでもらいたい御本でした。

 

失敗図鑑 すごい人ほどダメだった

(大野正人)

 

偉人も色々大変ですね、、、ということがあったんだという、読むとちょっと安心というか、

偉人ではないこんな自分でも、自信持って突き進んじゃおうと思える本です。

 

 

ええ、ええ、恥ずかしい目に遭わない人なんていないし、

思うようにうまくいかないときもたくさんあり…

長い人生、いろんなことをやればやるほど、そういう機会も多くなります。

そう、動かなければ失敗もないですもんね。

動かないこと自体が失敗という見方もできますが。

で、なんかあるたびに、イチイチ大きく凹んでいたら、それだけでエネルギーを使いますし、頭の中が小さくなっちゃいますので、

それ(失敗、辱め)をですね「だからなんだよ」「何か文句でも?」という感じに、跳ね除ける強さを育んでいきたいものです。

その手助けをしてくれる内容の本ですので本当ぜひ。

というわけで、Amazonの内容紹介です。

 

内容紹介

☆「大人が勇気づけられる」と大反響☆

すごい人ほどダメだった!
読めば勇気がわいてくる、新しい心の教科書

ピカソ、絵を見せて
「意味わからん」
と言われる。


**************************
☆10歳から読める!
全漢字にふりがなつき☆

☆最近失敗して、落ち込んでいる…
そんなお子さんへのプレゼントに☆

24人目の偉人だけでも、読んでみてほしい
**************************

多くの伝記では「英雄」「成功者」として紹介されている、いわゆる偉人たち。
でも、彼らは、ずっと成功し続けてきたわけではありません。


・理想が高すぎた、孔子

・成功にしがみついた、ライト兄弟

・考えすぎて引きこもりになった、夏目漱石

・天才ゆえに死にかけた、ダリ

・新しすぎて理解されなかった、ピカソ


今に名を残すすごい人も、たくさん失敗をしてきました。
だから、「失敗しないと人生損だよ! 」くらいの気持ちで
どんどん新しいことにチャレンジしてほしい。
そのための「勇気の書」が本書です。

「大事なのは、にげたあと、何をするかです」
「新しいことをやりたいなら、新しいことをめざさない」
「失った居場所をいつまでも見つめず、新しく居場所を作りましょう」

「最近新しいこと試してなくてつまらないな」と感じている
大人の方にもおすすめです。

 

失敗というか、それは単にお試しをした結果ですので、どんどん試して精度を上げて、一番いい形にしていきたいものですね。

以上です。