【話題】ドラマ「黄昏流星群」40歳からの大人の惚れた腫れたがまあいい感じ

投稿者:

 

どうもです。放送が決定した7月から独りで騒いでいたのに、

「黄昏流星群」ドラマ化。中山美穂、黒木瞳と佐々木蔵之介、三角関係に

 

なんと第一回目を普通に見逃してしまいました。

 

ドラマ 黄昏流星群

#1 2018/10/11放送 誰もが恋の主役になりえる

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は勤続28年の銀行マン。懸命に勤めたかいあり、支店長にまで上り詰め、自他共に認める出世頭だった。優秀ゆえ、部下の女性から熱い視線を送られることもあるが、完治は応えない。不倫は出世の致命傷になるし、興味がなかった。

妻の真璃子(中山美穂)もその点は完治を信用し、支え続けている。働き詰めの完治と時間をあまり共有出来ない真璃子の生きがいは娘、美咲(石川恋)。その状態がもう20年以上続き、夫婦にはそれが日常になっていた。

そんな中、真璃子は美咲から、近々恋人の日野春輝(藤井流星)を紹介したいと言われ、ショックを受ける。自分から娘を取ったら何が残るのか、これから先どうすればいいのか・・・。

一方、最優秀店舗賞まで獲り、いよいよ本店への昇進かという完治に思わぬ出来事が起こる。出向を言い渡されてしまったのだ。派閥長の不祥事の巻き添えで切られた、と知った完治は、街をさまよい場末の居酒屋でボロボロに酔い潰れる。そんな完治は目の前のグラスの氷を見て、ふとあることを思いつき・・・。

数日後、完治の姿はスイスにあった。真璃子には出張だとうそをつき、1人で来てしまった。しかし、あいにくの悪天候でマッターホルンには登頂はもちろん、見ることも出来ない。それでも完治はマッターホルンへのロープウェイに乗る。吹雪の中、自分1人だと思っていたゴンドラに日本人女性、目黒栞(黒木瞳)が乗り込んできて・・・。(フジテレビサイトより)


ええ、ええ、何人もの方に、「見ましたか?」「見ました!」 といったご連絡をいただき、

わーーそうだった…

となった次第です。でも大丈夫ぃ〜。

これ読んだことあるやつだから。

ええ、ええ、この後、黒木瞳氏は社員食堂の給食のおばちゃんだったというのが、発覚する話なのです。

ってゆうか、それより何より、配役は佐々木蔵之介氏と黒木瞳氏であってますか?

私の記憶によると、原作では黒木瞳氏というか渡辺えり氏に近い。

また、佐々木蔵之介氏の方は、名の知れた俳優さんでこの人! というのが思い浮かばない程のおっちゃんです。

コレです↓

 

 

あ、同じように見逃してしまった方はコチラから。

次の放送の前まで無料で見られます。(N姫様情報ご提供ありがとうございます涙)

 

ちなみに、この話だけで12回もつのかしら…といらぬ心配をしている黄昏ファンの自分です。そんなに引っ張れる感じだったけか。

ああ、そうか、ここに無理矢理、極楽気分で安楽死できるパライソか、タイムスリップ宮本武蔵か、五里霧中で武士に襲われるエピソードか、七夕の泣ける話か(舘ひろし氏キボンヌ)、ヤクザの親分がアイドルのストーカーするやつか、ラーメン屋さんのオバちゃんと大学生バイトのアレコレか、みのもんたみたいなやり手の司会者がシティホテルで誘いまくってる話か、妙齢のピアニストの悩ましい話か、おカマちゃんカップルが星を見ながら息絶える話か、ラーメン大好き小池さんみたいな出版社の編集長から誘われて断ったら仕事を干される話か、大学教授が半グレグループみたいなのに騙される話か、おばさま3人グループにヌードモデルをお願いされて3人とちゃんぽんして付き合うじいさんの話か、70-80歳の殿方達が早朝からトルコの風呂屋に列をなす話か、舅との間にできた子供を旦那に偽って育てていく話(秘すれば花)などをツギハギしてブッ込んでくる感じでしょうか。ハァハァ…

えッ、ええ、ええ、↑ を見ただけで、黄昏流星群がどんだけ潜在能力あるのか、ひしひしと伝わってくることでしょう…お腹いっぱい〜

久々、漫画の方を読みたくなりますたね。

 

おや、そんな中、ドラマに関して酷い感想が…

フジ『黄昏流星群』雑な展開&クソドラマすぎて逆に大爆笑…むしろ今年一番の注目ドラマ

 

うむ、今週は見逃さないようにねばな…

 

 以上です。