本|「気」の構造(赤塚行雄)

投稿者:

 

どうもです。

よく考えたら、「気」という存在は不思議ではないですか。というわけでこの御本をご紹介です。

 

「「気」の構造」

(赤塚行雄)

読書好きの知人の家で発見して勝手に持ってきてしまいました(泥棒)。

かなり古い本なのですが、かなり興味深い内容で「気」というものにてついてあらためて深く考えさせられます。

 

気分、気持ち、気配、気品、元気、強気、人気、殺気、空気、天気、…

気って凄い概念だと。

 

中古で安く手に入りますので気になった方はぜひ。

 

「気」の構造

 

以上です。

 

他のおすすめの本一覧へ