旅行記 | パリ編:この冬、旅行に出掛けた気分が味わえます。(多分)

投稿者:

 

どうもです。1月急なパリ出張に出かけていました。

といわけで、本日は恒例の旅行記を…

ええ、ええ、読むと行ったつもりになれるように〜書きます。わいわい。

 

前回の旅行記はコチラ↓↓

 

ちなみに、仏検4級保持者の占い師ですが(←これ、本当に何の自慢にもならないレベル)、フランス語はまったく覚えてない…

大学時代に相当適当だったフランス語の先生が「仏検4級取ったら、テストの点がどんなに悪くても単位をあげよう」と言ったので取りにいったのだ。(試験後に全て忘れるパターン)

ええ、ええ、なので、フランス語は「麻布十番」をフランス語っぽく言えることくらい。アザブジュ・ボン的な…(フランス語じゃないし)

なのに…

 

「パリで仕事って。な、なんてかっこいいんだ…」(勘違い)

 

というわけで、今回のざっくり日程はこちらです。

【初日】
 11:45 成田発
 16:30 パリ着

【2日目〜】

 謎の仕事

【最終日】
 8:00 パリ市街で社会勉強・買い物  
 21:00 パリ発
 19:45 成田着 

 


「ほとんど謎じゃないですか。」

 

ええ、ええ、ほとんど謎ですみませんね。でも、謎が大杉栄なミステリアスな人はモテるらしいですよ。(←この都市伝説が嘘八百であることを自ら証明してしまっている人)

 

まあ、簡単にその謎の仕事についても説明しておきますと、諜報活動(?)・会議等という感じです。本当にヒアリング・スピーキング能力那須与一なので、空中を行きかっている透明な文字(話し言葉)については全体の2、3割しか把握できませんですたが…(ダメじゃん)

ボードにまとめられた内容や渡される資料を読んで、やっと理解…という感じ。透明な文字は文字に起こさないと外国語はちょっとムリなんだぁ。

であったものの、「持ち前の聴いてます・わかってます」フリ力を発揮し、結構大丈夫な状態であった。(アレです、皆が笑ったところで遅れず笑うみたいな。。。)

…がすかす、神はその大丈夫な状態を放っておかなかった。

 

突然指令が降って来たんだぁ~

 

その日の話し合い内容を踏まえ、各自3分間プレゼンをすることになったのだす。ぎょえ~

突如ヤバす(汗)な状況に陥った占い師、ファシリテーター(司会者みたいな人)のもとへ血相変えて詳細を確認に行く。

そすて、それを見ていたわたすの英語力に疑問を持っていたあるメンバー少女A(ちょっと意地悪)が、

 

「あの人、通訳必要なんじゃない?アハッ」

 

って、遠くで言ったのを占い師は聞き逃さなかった。

ええ、ええ、距離がありそんなに大きな声でもなかったのに、何故か奇跡的にそこだけキレイに聴き取れてすまったのだ…(凄いね)

ゆっくり振り返り、遠くから

 

「大丈夫です、すみませんね」

 

と、涼しい顔で返答し事なきを得た。(本当は全然大丈夫じゃない人)

 

それから数日間、幼稚園児並みの英語力で奮闘すた占い師。はぁはぁ…

最終日のプログラムの休み時間には少女Aが、

 

「ごめん、アンタがんばってるよ」

 

と声をかけてきてくれた。ほっこりすた瞬間であった…

 

で、謎のプログラムを終え、ゲッツすた最終日の自由時間(8:00~16:30)。

 

前の晩からあすたは何処に向かおうか、パリ市内の有名処のサイトを調べてみた。

ええ、ええ、さすが超観光立国フランス。有名な観光地のサイトには日本語訳バージョンがちゃんとある。助かります。

で、色々見ていたら、変な日本語訳を結構発見すた。せっかくなので、いくつかご紹介させていただきたいと思います。(悪趣味?)

まずは、ノートルダム大聖堂のホームページ。

ちょっと残念な様相を呈すておりますた。見て見て~

 

質量って何ですかね。

 


くふッ。おもしろい…

 

おや、「笑ってる場合か、アンタの英文もこんな感じだよ、、」という声が遠くから聞こえて来きますね。

ええ、ええ、わたすめの英文はこんなもんじゃないと思いますよ。ムフフ。

 

ちなみに今回の訪問先の大本丸、ルーブル美術館のサイトは残念ながら(?)パーフェクト。

 

うむ、フランス語と日本語が共にエクセレントな凄い人が裏にいますね。さすが…

と思ったら、現地でゲットしたパンフレット内にちょっと妙な記載を発見。

 

 

つながりを維持!……


いや、悪くないか、、つながりを維持!

 

「ルーブルとつながろう!」とかそんなニュアンスですよね。

 

で、パリの市街地をとことん歩き回りたかったウォーキング狂の占い師。天気予報は冷たい小雨だったのですが、交通機関を一切使わず、以下を巡ることに決定。

凱旋門、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔、ルーブル美術館

 

ちなみに、wifiは空港ホテルの無料wifi便りで、海外用のを契約していなかったため、ウォーキング中googleマップは使えない。ホテルでもらった地図だけが頼り。大丈夫なのか。

使った地図はこんな感じです。

 

すっごい、原始的ですが、、まあ、しょうがないですね。

 

翌朝、チェックアウトが先なので、取り敢えずホテルフロントに荷物を預ける。

「お迎えの時間まで、ウォーキングで凱旋門とか回ってきます~」

とたどたどしい英語で、受付のパリジェンヌにあいさつをすたところ、近くにいたパリ人の殿方が陽気に話しかけてきた。

「自分、そこのバス停まで行くから途中まで案内しようか」

というわけで、途中まで一緒にパリ市街に向かうことに…

大丈夫か??という声が聞こえてきますが、、大丈夫ですた。

歩きながら聞いたことには、その君はボルドー出身、パリ市内の大学でニューロンの研究をしている大学教授であった。

どこの大学かは聞き取れなかったものの(適当)、メールアドレスを伝えたので、後日、正体がわかるであろう。

で、占い師目の最初の目的地、凱旋門とちょっと違う方向に向かい始めたニューロンの君。

「わたす、行きたいのはそっちじゃないっぺ、凱旋門だっぺさ~」

と伝えると、大丈夫との回答。そこから数分後、

『31』と書かれたバス停に到着すた。

「わたす、ウォーキングしたいんだっぺさぁ~バスには乗る気ないっぺさぁ~」

と説明すたところ、

 

「いいかい?この『31番』のバスを目印にくっついて行ったら、凱旋門に到着だ!そこからシャンゼリゼ通りもエッフェル塔もルーブルもすぐだよ!」

 

なんという…すんばらすぃナビゲーター力。さすがニューロンの教授ですね。

 

「感動すたッ!」

 

そのうち東京に行くと言っていたので、東京での再開を誓い、オヴォワーする。(←フランス語で「サヨウナリ~」の意味)

 

そすて、薄ら寒い小雨の中、次々やって来る31番のバスの後を追いかけ凱旋門に到着!

すたはいいものの、何か、、細い。イメージと違うな。

 

と思ったら、、これは正面ではなく側面であった。以下、イメージ通りの凱旋門。


 

道路の真ん中からも撮影。(危ないよ)

シャンゼリゼ通りはセール中。ヤバい。財布の紐が。というか、実は今回の旅行では円→ユーロ換金ゼロ。現金は一度も使わず、全てクレジット決済ですた。便利になりますたね。

 

では、文章打つの疲れてきたので、ここからは写真を…(読む方はもっと疲れてますよ)

キレイ〜。
街中、どこもこんな絵になる感じ。パリ!

 

こういうのはセクハラにならないのかいつも不思議。

 

そう!あの中です。ルーブルです。前日はテロルがありますたが、死んでもいいわと行ってきた。

 

何か凄い部屋。天井に絵を描くのは難儀で画家が腰痛になったそうな…(寝そべりながらカキコ)

 

太ももの裏毛が凄いぜ!

 

寿司もオシャンティにこの通り

 

チョコレート屋で。1mくらいある靴のチョコ。

 

最後!奇跡的に晴れた!!芸術的に仕上げてみますたエッフェル塔。神よありがとうございます。

 

 

はぁはぁ、ちなみに13~14kmほど歩いてますた。がんばった。

 

というわけで、今後もいけのりサイトとの

 

つながりを維持!

 

でよろしくお願い申し上げます。

 

 

以上です。

話題のパリポリもチェックをぜひ…

返信を残す