「やられたらやり返す。倍返しだ!」

……返すなら、仕返しよりも

恩返しか御返ししたいナリな~

という思想の持ち主のはずなのに、

半沢直樹(話題のドラマです)に至っては

夢中になって仕返しの応援をしてしまう、

ええ、ええ、人間って矛盾の塊ですね、

そうは言っても…適当占い師いけのりです。

第一話から録画して全部見ているのですが、

おもしろい~。役者さん達の個性が。。

浅野支店長がニクイ。国税がオネエって。

頭取も常務も顔怖すぎるでしょう!って、

一人で盛り上がってます。(さみしいですか)

番組を見ていない方には、何のことやら

意味不明ですね。ごめんごでございます。

昨日は、前半戦のクライマックス。

これまで、支店の大失態の汚名を着せられ、

散々こけにされ、第一線からサヨウナリ~

になるところだった万事休すの半沢氏が

黒幕の支店長の悪事を暴いて、大逆転。

というストーリーでした。ふぅ~、こんな簡略な

あらすじではまたまた何が何だかわからんナリね。

(荒い筋だから間違ってはいませんね)

悪徳支店長を正々堂々刑事告発して、

奈落の底に突き落すこともできたのに、

それはせずにサクッと方向転換して、

自らの本店花形部署への異動を口止めの

交換条件に提示する賢明さ(狡猾かな?)。

ステキナリ~これだから応援できるナリ。

そう、人を貶めるより、自分を高める方に

立派にエネルギー使ってます。(途中は微妙)

…支店長はアジア遠方に出向と相成りましたが、

犯罪者にならなくて済んだのでいいことにします。

で、占い師が学生時代から結構なファンの

同じく金融業(と言っても闇金ですが…)

萬田銀次郎氏は、「倍返しや!」など

言わずして、100倍位で仕返しするものの、

ひどい目にあった善人にも100倍位で

幸せ運んであげているので(怖い顔して)

こっちもこっちでステキナリ~。

ええ、やっぱり返すなら、

お返しか恩返しかにしたいですね。