でしゃばり、自分色を出そうとする仕事の出来ない部下に「目標になる人がいない」と言われた

投稿者:

 

どうもです。どうでもいい人からLINEが来たので「あら、どうも」と素っ気なく返すたところ、「ソレ駆け引きですか?」と返事が来ますた。ブログ読んでくれてますね〜今日も読んでるかな、意地悪占い師のいけのりです。

何のことやらサッパリな方はコチラを…

「【続】一線を越えそうになってから、相手の女性のLINEがよそよそしい」

 

そんなこんなで今日の御相談内容に参りましょうか。


「いけのりさん、こんにちは。今日は第二新卒でうちの会社に入社して2年目になる後輩について愚痴らせてください。頼んでいた仕事(急ぎめ)が終わってないのに、別のいつでもできる仕事に手を出していたり、人の仕事を手伝っていたりします。でしゃばり過ぎな面があり、他の社員にいいところ見せたいようです。
仕事内容も頼んだ通りにしてくれたらいいのに、アウトプットに余計な「自分色」を出そうとします。仕事の優先順位が、時系列的にも重要度的にも付けられていない感じです。
挙げ句の果てに、この間一緒に飯を食べに行った時、
「この会社って、目標になる人いないですよね、10年後20年後が見えないってゆうか…」
って言われました。自分はこやつの10年先輩です。意識的に自分のことを指して言っているわけではないと思うのですが、ちょっとイラッときました」(30代後半・殿方・中間管理職)

 

新人さん、仕事できない問題…新人さん余計なことする問題。。。

 

どこにでもある現象、しかも毎年新人さんが入ってくる会社では毎年繰り広げられる普通の光景ですが、、、育てる側の当事者となると、、もう疲れちゃいますよね。5963です。

ええ、ええ、そんなわれも仕事できなくって大変ですたよ。ムフフ。


それでも一つ目の会社ではあんまり怒られませんですたが、二つ目の黒と灰色の狭間をいくあの会社では、何度か堪え切れない涙を拭い、トイレと階段の踊り場に駆け込むくらい叱責されますたよ。

で、今思うと、、厳しくされた時の方が仕事できる度がグンとアップすていたかなと、、

故に、この第二新卒の君が仕事できない状態が改善されないのって、厳しくされ度が足りないんじゃないでしょうか。

一度立ち直れないくらい、鞭打ってみたらいかがでしょうか。

えッ?すぐパワハラとか言われる?嫌な時代ですね。

 

でも、、占い師には見える…(こう言う時だけ占い師気取り)

パワハラって言われようがイジメって言われようが、ビシッと言わなければその後輩さん、ずっとその調子ですよ。

 

ええ、ええ、その人の為にとかそういう言い方はスキではナスですが、、厳しくされてもいいのは若いうちですよね。歳とっちゃうともうダメ。子供と同じではないでしょうか。

 

そう、、うちの母おふさがよく言っていますた。子供は「つ」がつく歳のうちに躾(洗脳?)をしないと、もうそれ以降は遅いそうです。

プラス、「つ」がつく歳までは(躾のために)叩いてもいいけど、それ以上の歳になったら、叩いたりしちゃいけないと何かで読んで心に決めていたそうです。具体的には

1つ、2つ……9つまでですね。

 

わたすは叩かれた記憶はありませぬが、、何度か古くて暗い倉庫に閉じ込められたことはあります。それがわたすにとっての極刑ですた。

幼児虐待だ…ええ、ええ、トラウマにはなってないのでいいのですが…

 

あれ、、一体なんの話ですたっけ、あ、そうそう新人ゆるゆる問題ですたね。

まだ、よちよち歩きの新人のうちに思い切ってビシバシいきましょう。

そしたら、パブロフの犬のように、怒られたくない(ベルの音)という恐れから、仕事の優先順位が付けられる(ヨダレ出る)ようになり、自分色も消えていきます。

 

おりゃ〜ドS上司になるんじゃー。

 

「いけのりさん、そこまで言うってことは、お勤め人時代は結構怖い先輩だったんですね」

 

えッ?全然。

 

8年程会社勤めすてますたが、後輩さんを怒ったこと一回もナス。

てへ、わたす怒れない人なのさぁ〜(ダメ上司)

高田純次的な上司目指すてますた故…

でも怒るような後輩さんもいなかったので、人に恵まれてますたね。今更ですが、皆さんありがとうぅッ(谷村新司風)。

自分で怒ることができなければ、部署に一人は怒るの趣味みたいな人いるじゃないですか。そういう人に委託するのもアリです。ええ、ええ、適材適所です。(使い方あってますか?)

 

あ、そうそう、自分色といえば、、、この間読んだ本に、ほぉ〜ということが書いてありますた。サラリーマン4大タブー…


「サラリーマン4大タブー」
1.個性を大切に
2.自分らしく生きる
3.自分で考える
4.会社の歯車にならない


組織の中の一兵卒とすて働くことを決意するのであれば、この4大タブーに触れないようにすないといけないって話ですた。

なんだかな〜それは極論、、、と思った占い師ですが、、まあ、言われてみると確かにそうですよね。

稟議書に個性とか、自分らしさを出されても困りますしね。

 

ええ、ええ、組織の中で生きると決めたら、必要なのは「自分らしさ」よりその「会社らしさ」。

「法人」というかりそめの一人間の一細胞とすての個性を持って生きていく感じですね。

ある人は脳の細胞の一部になり、ある人は腸内フローラ、ある人はヘモグロビン、ある人はガン細胞…

…うむ、ガン細胞増えないようにすたいですね。

 

あ、何の話ですたっけ、ああ、そうそう新人ゆるゆる問題ですね(話飛び過ぎ)…

まあ、そのうちその新人さん由来のデッカいトラブルか何かが起こって、その新人さんメッチャ怒られて打ちのめされ、反省し、そこから変わったりするカモ鴨長明。

その日まで粛々と…

えッ?反省も変わりもしなかったらDOすたらいいかって?それはその時考えましょう〜

以上です。

 

あ、サラリーマン4大タブーはこちらに載ってます。

社畜のススメ [ 藤本篤志 ]
価格:734円(税込、送料無料)


 

以上です。