毎月のように生理痛を理由に当日休む後輩。同じ女として許せない。

投稿者:

 

どうもです。Amazonでアイリスオーヤマの製品(数千円~十数万円)が、なんと10円で販売されていた件、結末はどうなったんでしょうか。もっと早く知っていたら半透明のケースが欲しかった占い師のいけのりです。担当者のミスとかじゃないんだろうか…。
みずほ証券のジェイコム株大量誤発注事件を思い出しますた。(「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤ってコンピュータに入力すて取引されてすまった事件)

あれからもう十年…(綾小路きみまろ風にどうぞ)。時が経つのは早いですね。

そんなこんなで今日のご相談内容に参りましょうか。

 

「日頃から勤怠があまりよくない後輩がいるのですが(遅刻多し)、、毎月のように生理痛がひどいと、当日の朝に連絡してきて休みを取ります。風邪や不摂生による体調不良と違って、本人の体調管理の至らなさを責めることもできず、でもなんか、、生理を「女性の特権」として利用しているんじゃないかと疑わしくってちょっと癇に障ります。」(30代・姫君・オフィスレディ)

 

…生理痛というものは個人差がある問題で、、すかも女性特有のものである故、色々と難しいですな。殿方の上司だったら触りたくない問題ですね。


ちなみにわたす自身は、月例経済報告(略して月経)期間にもごくごく普通に活動すております。

が、が、、実のところは、、毎月正直すんどい…

ええ、ええ、だるいし、朝起きれないし(無理やり起き上がりますが)、ボケ~っとするし。わたすめの場合は腹が痛いとかはないものの、腹腰に重しが入っている感じがすて、快調な日の半分~2/3くらいの元気度ですね。

「血、血が足りない…」

などと、周辺の人(姫君殿方問わず)に吹聴しつつも、他は特に平気な顔で活動すておりますが、、本当は部屋にこもっていたい位すんどい…

以前何処かにも書きますたが、昔々、かの舛添要一氏は、


「僕は本質的に女性は政治に向かないと思う。(中略)女は生理のときはノーマルじゃない。異常です。そんなときに国政の重要な決定、戦争をやるかどうかなんてことを判断されてはたまらない。」


と宣い、

 

「女性差別も甚だしい!」

 

と姫君団体の猛反発(今で言うと大炎上)を買ったことがありますたが、、わたすに言わせれば


「そ、その通り…さすがオナゴのことをよくわかっている、、、」

 

って感じです(舛添氏はモテたらしい)。

月例経済報告期間は、普通の状態とは言えナス。判断力も忍耐力も、、とにかく色々な力が弱まってる予感です。血、血が足りない…(もういいよ)

あ、ここで話は飛びますが、(いつだって飛びまくり)姫君が殿方より長生きなのは、月例経済報告のおかげという説があります。

ええ、ええ、月例経済報告とは、毎月古い血をサヨウナリすること。いわゆる瀉血であります。

これが、年間13回(28日周期とすて)×6日間×35年(15歳~50歳)

 

この計算で算出される日数を年に直すと約7年に相当し、姫君は一生のうち、7年間瀉血すていることになる。

そして、この「7年間」が姫君と殿方との平均寿命の差だという。

 

詳しくはコチラ

 


で、何の話ですたっけ、、あ、生理痛を理由に当日に休まれると困るって話ですね。(話が飛び過ぎなんですよ)

人によっては前述すたような弱体化が全くなかったり、いや、もっともっとひどかったり…カラダの状態って本人にしかわかりませんし、同じ痛み度だったとしても、個々人で感度が違いますし、、、となるとなかなか規律を守って…的な流れに持って行くのはやっぱり難しいですね。


がすかす、仕事に穴を空けられるのは迷惑…。

 

で、、聞けばこの会社、当日の申し出も「有休」とすて処理すているそうではないか。それがアカンのカモ鴨長明です。

当日の連絡による休みは、「欠勤」or「生理休暇」で処理するとええと思います。

するってえと、たいていの会社は、その日の分のお給料が引かれて来月支払われるはず。ええ、ええ、欠勤も生理休暇も無給のはずです。故に念のため就業規則をご確認の上、それで処理すてみてください。

お給料が減ると分かれば、当日欠勤も減るのでは…と淡い期待の占い師です。ねえ、そすたら事前に有給休暇を申請するようになりますよね。

さらに意地の悪いことを言うと、生理休暇ではなく欠勤にすると、後々の昇給・ボーナス査定にも影響を及ぼす予感です。
なので、当日のお休みは特別に認められてる場合を除いて、欠勤扱いとするように部署の長に徹底してもらうことですね。

えッ?回答がまとも過ぎてつまんない?こういう日もあります。ムフフ。

ではサヨウナリ~


って、そろそろ〆ようとすたところに、秀逸なサイトを発見すてすまった…

 

「生理の日の養生はしたほうがいい」


うむ、確かに、、昨今の不妊やら何やらは、女性の体が酷使され過ぎ、変調をきたすているせいカモ鴨長明。。。(いや、昔は昔で結構働いてたかな…←戦時中の「欲しがりません勝つまでは」時期をイメージ)

 

最初に書いた通り、やっぱり期間中はカラダすんどいですもんね。なるたけ、女も黙ってサッポロビールがいいんだ。(古いよ)

うむ、御相談者様!後輩さんの将来(妊娠・出産)のため、当日欠勤の時にもおおらかな心でお休みさせてあげてください…。