何でも競ってくる人がいます

投稿者:

うむ、、青いな。。…ニュースを見てて

もうれつア太郎に戦慄を覚えますた。。

はい、あの中国の青いお肉映像でっす…

日本の食品偽造なんてかわいいもんナリ

と独りごち、鶏肉大好き、いけのりです。

芝海老とバナメイエビの違いの差って、

鶏肉とあのハルクの肉の違いに比べたら

だいぶどうでもいい話に思えてきますた。

(占い師さん、あれハルクの肉じゃないよ)

しばらく、チキンナゲット的なものは

あの映像思い出しちゃって食べられへん

カモ鴨長明。。本当に衝撃であった…

モザイクでもいいレベルですね。

 

 

というわけで今日は前置き短めに、、

今回のご相談内容はこちらです。

 

 

「会社で何でも競ってくる人がいます。」

 

 

ええ、ええ、いるナリヨ~こういう人。

何でなんでしょうか、、きっとですね

他人との比較とでしか自分というものを

認識できない生き方なのカモ鴨長明。

本当は自分に自信持ててないのカモ…

そう、、周囲に優位性を示すことで

(勝てる部分でしか競ってこない)

自分の価値を認めてもらいたい!!

って、、逆に下がっちゃってるのに

気付いてない、勿体ない感じでっす。

まあ、あなた様が気にしなければいい話。

たとえしつこく闘いを挑まれてもですね、、

(きっと大したことない闘いと思うナリガ)

軽くかわしていったらええと思うナリ。

誘いに乗らないのが一番と思います。

闘わなくてもいいところで闘うと、

本当に闘わなきゃいかんときに

エネルギー不足になってまうど。

ちなみに占い師は闘いを挑まれても、

負けん自信が有馬温泉でございます。

コレ、どういうことかと言いますと、、、

「闘わないから、負けない」

そう。そもそも闘わない姿勢です。

諺では「逃げるが勝ち」と言うナリガ、

別に尻尾巻いて逃げておるわけではなく

(お、そこはプライドありんこですか)

 

「避けるが勝ち、かわすが勝ち」

 

っていう感じでDOでしょうか。

自分は自分、他人は他人ですので

比較・競争、必要な時もありますが、

(切磋琢磨っていい意味もあります)

しなくていいならしない方向で。。

誰とも闘わず、我が道行く生き方、、

貫いていきたいと思いまっす。

…まっ、、なるべくですが。。。

そんな中、ご相談者様にオススメの

本はコチラのご本となっております。

著者は何だか人のいいお兄さんです…