口だけの人にうんざりしてます

投稿者:

 

どうもです。適当占い師いけのりです。

本日のご相談内容に参りましょう~

 

「軽々しくやるって言っておいてやらないやつ、口だけ人間が許せないんです」(30代・殿方・自営)

 

ご相談者様は30代の真面目殿方。真面目な…イヒヒ、そういう人の脳を不真面目にすていくのが我の天命。(天命って随分な言葉を使いますね)

こうしてご相談にやって来てくれる真面目カタブツは鴨ネギカモ鴨長明。(今日も文章のクドさキレテますネ!)ええ、ネタ集め協力していただき(?)ありがとうございます。後悔させないぜ。

で、経営コンサルを生業にすている君、お仕事で外部の色々な方と出会っては意気投合し、一緒に仕事で絡みましょう!おお!ぜひ!頑張らせてください!という感じに盛り上がるもののォ~、その後はなしのつぶての人ばかり、、

 

「おいおい、ナンダヨナンダヨ~ッ!あの人も!この人も!体いっぱい!やるって言ったくせに!期待させて!」

 

と、ちょい怒ぷんぷん丸な状態という。…コレは有言不実行ってやつですね。ここで突然ですが、(いつだって突然)ちょっと前に読んだ本でですね、(何の本かはまだ健忘症故…忘れた)

 

 

  ・頭(心)で考えていること

  ・口に出すこと

  ・体で行うこと

 

 

この三つの行いが一致している状態を目指そうぜ~というものがありますた。

占い師、なるほどなぁ~と思いますた。自分自身のことを振り返ってみたり、周辺の人のことを思い浮かべてみて、皆様、DOですか?(ふむふむな感じ?)

この三つの行いが一致している人は信用信頼できる人のような予感です。

あ、で、で、だからと言ってですね、今回のご相談者様が言うところの

「口と体が一致してない人」

って信用信頼できへんわ~そういうのサイアク~などと責めるつもりはまったくもって那須与一のわたすです。

三つの行いが一致している人って探してもなっかなかいないもんです。やるって言ったのにやってくれない…どこにでもあるお話でございます。

「やります!やります!」(坂上二郎風)

と言っておきながら実際には動かない人この人間界にはごまんといるナリヨ~。そして、このわたすもまさにそうです!(アカンやん)がしかし、よくよく考えるとですね、、

 

 

「ソレが一体何ダロウ、キダ・タロウ」

 

ええ、各人様にはそれぞれの事情(懐事情含む)や生活のペースがあり、他人からのお願い事を忘れちゃうことなんて多々あります。

場合によっては…実はちょっと面倒だな~と思いつつ「本音」と「建前」とを使い分けてその場しのぎのお返事をすることもあるだろうし、でもでも、それって誰にでも日常結構あると思い…

えっ、生まれてこの方一度もない?ソレはきっと忘れとるのカモ鴨長明…(勝手な決めつけはよくないですよ)

何かしてくれなかったことに対して、約束が違うナリ~あの人は嘘つきナリ~などと、一方的に相手を責めるのはもしかすたら責めどころがちょっと違うカモ鴨長明と思ふ。

 

 

「じゃあ何処をどう責めたらいんですか」

 

ええ、あくまでわたすめの考えですが、責めるべくは自分の勝手な期待感なのカモ鴨長明…

我はクラウドファンディングをした時に、コレ痛感すますた。

人がやってくれないという事象が意味するのは、その人が白状者だとか悪い人だとかそんなことではなくて、(そんなケースもあるカモですが…)

 

 

そのお相手と自身との親密度が低い

信頼関係ができてない

 

 

ということなのカモ鴨長明と思った次第です。

お相手と自身との関係がバッチリ構築できていて、そのお相手の中での私の優先順位が高い状態であるのなら忘れられることも、本音と建前テクを使われることも那須与一と思われる。

なので、両者の関係を強固なものにできてなかった自分自身のあり方を見つめ直すのが先カモ鴨長明と思った。

ええ、ご相談者様!もしもし特定の方でどうしてもその方とは一緒に仕事をしたいというのであれば、ご自身の優先順位を上げてもらえるよう自らアピール等、ぜひぜひがんばってくださいまし。