頭が悪い上司に、お前は理解力がないと言われた

投稿者:

 

どうもです。適当占い師いけのりです。今日のご相談内容に参りましょう~。

 

「何を言っているのかわからない上司、ハッキリ言うと頭の悪い上司に、君は理解力がないと言われました…」(30代前半・殿方・お勤め人)

 

ご相談者様は30代のお勤め人殿方。上からも下からも慕われるタイプの空気を分子レベルで読む営業さん。

わたすもちょっとしたお仕事でメールのやり取りをしたことがあるのですが、理解力ありまくり淡々とスムージーに物事進めてくれる心強い企業戦士。

 

問題のこの上司さんは一昨年の夏の人事異動でやって来た50代の殿方。

朝令暮改は当り前田のクラッカー~。

気性も激しいため女子社員をはじめ何人もの社員を叱り飛ばして泣かし、(叱り飛ばすというか恫喝だそうです)この一年半でなんと40人いた部署の3人がサヨウナリ~1人休職中という。

 

わたすめ、もしかしてこの恫喝の君、会社の上層部が社員のリストランテ目的でわざと仕向けたんじゃ…と思ってしまいますた。(疑り深い?)

で、過去にも恫喝系の上司に当たったことのあったご相談者の営業の君。恫喝ストレス耐性はできていたので、今回も適度に対応していたものの

 

「段々やるせなさ募って来て…」

 

思えば、過去に当たった恫喝上司は多少の機嫌不機嫌はあったものの、言っていることもやっていることも正しく、恫喝される時というのはこちらが恫喝されても文句言えない状況の時であった。

 

がしかーーし、今回の50代部長のケースは違う。

 

指示の出し方は誤解を招くようなものが多いし、そもそも何がしたいかよくわからないし、きちんと確認しておかないとこちらに火の粉が、、と予防線を張るために指示の内容について突っ込んで質問したところ、冒頭のお言葉が飛んで来たという。

 

「君は理解力がないね」

 

これまでの不満が溜まっていたため、

 

「そもそもてめえが何言ってんのかわかんねーんだよ!!!」

 

と叫んで殴りかかってやりたい衝動にかられたものの、その場は我慢す。

がしかし、納得いかない一言っていつまでも頭の中に残るものです。対人関係で悩んでるという占い結果に上司に対する不信感をブチまけた。

何をしたいのか、何を言いたいのかこちらが一生懸命耳を傾けて聞いても全然理解できないケースは稀にある。

そういう時というのは、相手が天才で先を行き過ぎていて凡人のこちらには、ちょっとソレ普通に理解できまへん~というケースと、そもそもその言葉を発している本人の頭の中が空っぽなケースとがある。

空っぽな場合には、中身(理解する対象)がないのだからないものを理解するのは不可能です。なので、あの上司何がしたいんだ、、ということに思いを馳せるのは、時間とエネルギーの無駄になります。

 

「あ、この人、、空っぽなのね、、」

 

と思ったら、アレコレと考えるのは一旦やめて、ご自身の好きなようにやってみるのがいいカモ鴨長明。

 

たとえ失敗してもその上司さんからはおバカさん認定をされておるので、そんなおバカな部下に仕事を託した上司が悪いということになります。

何かあった時にちゃんと責任を取るというのも上司の仕事の一つナリ~。その上司に責任取ってもらったら○。

そうそう、のびのびやってください。中身のナイ人に言われたつまらぬ一言に心動かされている場合ではナス!!

 

後は実力行使という手もあります。知人の勤める某サービス業の支店では支店長の傍若無人っぷりにキレた支店の職員が全員で一致団結すてストライキを起こし会社を休んだ。

その後支店長さんは会社を追われ、その後どうなったかわからぬという。

 

…これはやり過ぎコージーですが(職員さんの方に業が溜まりそう~)企業がパワハラや労働訴訟に敏感になっている昨今、(カキコミされるし)

ご相談者様の会社は超優良企業で、ご相談者様は強い立場におります故いざとなったら何とでもなります。

 

そうですね、何かあった時のために、その上司さんの上の方を味方につけ粛々とがんばってくださいませ。

 

「空っぽの人は相手にしない。」

 

まっ、気になっちゃうんですけどね…そんな中、ご相談者様にオススメの

本はコチラのご本となっております。

 

上司はなぜ部下が辞めるまで気づかないのか?

 

ちゃんとした上司さんがやってくる迄、精神力を強くする修業期間と思い、、ファイト一発!でも殴っちゃダメヨ!