ヒステリーの上司(男性)のせいで出社拒否になりそうです。どう対処するのがいいでしょうか。

投稿者:

 

前回のおヒス相談に感想が…というわけで、今日のご相談内容はそれにかぶせて参りましょうか。


「前回の

『ヒステリーの女性の上司のせいで出社拒否になりそうです。どう対処するのがいいでしょうか。』

読みました。うちの上司は男なのですが、物凄いヒステリーです。

男性のヒステリーは珍しく、症状も軽いと俗に言われますが、その説を覆すくらい症状は重くしかも頻繁です(ひどい時には一日数回?)。
男性のヒスの場合には僕から誘うわけにもいかず、、一体どうしたらいいでしょうか」(30代・殿方・お勤め人)


上司さんが姫君だったら誘ってたんかい!、、は、さておき。

 

そうなんですよね、、殿方のヒスってあんまり聞かないですよね。私も殿方ヒスに該当する知人って、どう一生懸命思い出しても3人です。(えッ?結構いるじゃんって?)

 

で、古くは女性特有の症状であり、子宮に原因が…!?と考えられてたヒステリー(現在は間違いとされている)。

最近では、男女の脳の構造の違いによるものであることがわかってきているそうです。

ええ、ええ、そのことについて詳しゅう書いていると、書く方も読む方もクタクタになってすまうので、詳細気になった方はコチラで…。

↑結構な文量でございますが、読むと、ああああ!あるある!みたいな元気もらえると思います。

 

で、そのヒスの上司さんはきっと女性脳なんですね。(だからなんだよ)

成功する男はみな、「女子力」を使うという本も出てるので上司さん、出世しちゃうカモ鴨長明。

『成功する男はみな、「女子力」を使う 女性社員に好かれる24の法則 』

 


あ、そうそう時代変わって、ルネサンスではヒステリーは悪魔の憑依とも考えられていたそうです。

そのヒスの上司さんは、悪魔が憑依すておるのカモ鴨長明。(ほんとかよ)


会社の社長に相談し、オフィスに悪魔祓いの人を呼んでみるのはいかがでしょうか。

社長さんって、ゲン担ぎ好きな方が多いので、相談すたら案外すんなり悪魔祓い用の費用の稟議通してくれるカモ鴨長明。

 

んでもって、提案しといてなんですが、、そんな社長さんが経営する会社はちょっと危ない匂いがするので、稟議が通った時点で転職活動も開始しましょう。

ええ、ええ、熊手やお稲荷さん、パワーストーンまでなら許容範囲ですが、悪魔祓いOKは、ちょっと判断力が鈍っている証拠です。


で、何の話でしたっけ?あ、そうだ殿方のヒステリーの話でしたね。

 

前述したように、ヒステリーと子宮には何の関係もないという学説が一般的な昨今ですが、女性のヒステリーは生理周期と関係していると思う占い師。

その上司さん、毎日生理なのカモ鴨長明。(そんなことが…)

半分は優しさでできているバファリンを渡してあげましょう。

 

「殿方は生理ありませんよ」

 

あ、殿方にも生理あるらしいんですよ、血は出ませんが…(生々しいですね)


で、ここで一つの疑問が…ヒステリーと短気・癇癪持ちって、一体どう違うんでしょうか。(今このタイミングでそれですか)

…その上司さんってただの癇癪持ちなのではないか…

というわけで、以前したためたこちらも合わせてお読みくださいませ。

『社長が気分屋で内弁慶で癇癪持ち。いつも突然怒り出すので嫌になってきました。』

 

こっちは癇癪起こしちゃう方へ、、

『短気は損気というか病気の兆候?イライラを妻にぶつけてしまう自分です。』

 


今日は悪魔祓いという、これ以上ない秀逸回答ができたのでこの辺で…