読書|「ウイルスの世紀-なぜ繰り返し出現するのか-」(山内一也)

投稿者:

コロナ太り、コロナ痩せ、コロナ離婚、コロナ倒産…と、まだまだコロナ禍は続きそうですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

そんなコロナウイルス熱の冷めやらぬ昨今、ぜひぜひぜひ読んでほしいご本を紹介したいと思います。それが、

 

「ウイルスの世紀-なぜ繰り返し出現するのか-」

山内一也,みすず書房

 

です。ええ、ええ、御年89歳になられるウイルス学の権威、山内一也先生の新刊です!

発売は2020年8月18日なのですが、大変ありがたいことに発売前にゲッツできまして、早速読ませていただきました。

今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となったコロナウイルスもそうですが、突然出現して人間界を混乱の渦に巻き込むウイルスを「エマージングウイルス」と言います。

本書では世間を騒がせたエボラ出血熱やSARSといった、様々な病気の流行を引き起こしたエマージングウイルスたちについて細やかに優しい口調で解説をしてくれています。

解説というか、帯にもあるのですが「俯瞰」(広い視野で、客観的に見る。上から眺める的な…)してます。

ウイルスは「病気」の形で現れるので、ついつい「VS」みたいな感じになってしまうのですが、そうではなく、ウイルスにはウイルスの事情(?)があるんですよね。人間視点だけではどうもよくないですね。

で、本書はあらゆるウイルスたちの出現から終息までの様子なども綴られているのですが、ウイルスの研究者や医療従事者の皆さんは、出現時にはまったく正体がわからない目に見えない存在である危険な病原体Xを果敢に相手にしていて凄い…言葉もないな…と読んでいてそればっかり思いました。

キーパーソンとなる研究者さんや医療従事者の方が、騒動の渦中に感染して亡くなっている話が出てくるのですよね。なんという惜しいことを…という気持ちになります。

 

また、コロナについても、基本から最新情報までばっちり説明があります。不安になっている方!ネットサーフィンして情報漁りなどせず、本書を読み込むのがいいと思います。

さらに、ACE2、IgM、IgG、ADEなどなど、、これらは文系には関係なかった用語ですが、今後は知っておいた方がいいかなと思いました。

その他、文系には慣れない専門用語や横文字が結構出てきますが、勉強するつもりでぜひ!

もくじです。

1章 ウイルスとは何者か
1 割り切れない不思議な存在
2 不器用なウイルスと器用なウイルス
3 なぜ、どのように病気が起きるのか
4 発見までの道のり
5 研究手段の変遷

2章 エマージングウイルスの系譜
1 人獣共通感染症とエマージング感染症
2 マールブルグ病
3 ラッサ熱
4 エボラ出血熱
5 ハンタウイルス病
6 ヘンドラウイルス病
7 ニパウイルス脳炎
8 ウエストナイル熱
9 エマージング感染症はなぜ繰り返し現れるのか

3章 新型コロナウイルス
1 コロナウイルスの特徴
2 最初のコロナウイルスの発見
3 重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルス
4 中東呼吸器症候群(MERS)ウイルス
5 「次の新型コロナウイルス」に備える
6 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の出現

4章 人類はどのような手段を持っているのか
1 ワクチン
2 治療薬
3 公衆衛生対策
4 「ワンヘルス」にもとづく発生監視

5章 ウイルスとともに生きる
1 バイオハザード対策の発展史
2 高度隔離施設の現場へ
3 病原体の管理基準
4 根絶の時代から共生の時代へ

 

それにしても、日本では今回のコロナウイルス(SARS-CoV-2)を「新型コロナウイルス」なんて呼んでしまっていますが、これ、次の新しいコロナウイルスが出てきたら、どうするつもりなんでしょう…

会社でよくやってしまう、後がないファイル名の付け方を思い起こさせますね( 【最新】売上予測.xlsみたいな)。

 

あ、ちなみに、大事なことなので太字で書きますが、

COVID-19は病名で、SARS-CoV-2がウイルス名

です。ややこしいですね…

 

NEW 書評紹介コーナー

話題のご本ということで書評も続々。というわけでコーナーを作ってみました。随時更新していきます〜。

2020/9/12 日経新聞

2020/8/29 毎日新聞

 

以上です。

 

あ、こちらもセットで↓

ウイルスの意味論――生命の定義を超えた存在

 

【文系的解説】

ACE2・・・アンジオテンシン変換酵素2。コロナウイルスの受容体(細胞に感染するときの鍵穴。ウイルスは鍵に例えられ、鍵穴の合う細胞にしか侵入しない)。

IgM・・・免疫グロブリン。感染したとき、初期で出てくる抗体(細菌ウイルスと戦うためのたんぱく質)。

IgG・・・後で出てくる抗体。

ADE・・・「抗体依存性感染増強」というワクチンの副作用。ウイルスが抗体を利用して体内の別の細胞に侵入してしまう現象。ワクチンした人の方がしてない人より重症化したりするのはこのせい。