5月28日 |「でも」は悪くなかったという話

投稿者:

人間界に紛れてしまったナマケモノが、ハッとしてグッときた人間界のアレコレをお届けします。たった一言が人生をガラリと変えたりするものです。誰かに何かいいことがありますように。

 

ナマケモノ

陰な発言への反論「でも」

 

先日、「『でも』に代わる言葉を探している」ということを書いた。

ええ、ええ、私は会話の中で「でも」の使用頻度が結構多く、「でもでも」と暗いことを言う心配性を見て、自分もちょっと直したいなと思ったためです。

がしかし、解せないことがあった。

我、何気に周辺にキモイと言われるくらい過ポジテブ(過呼吸的な…)で前向き人間なんです。

それなのに、なんでこんなに「でもでも」言ってしまうのだろう。

そんなこんなで、自分の「でも」分析をしてみた。

するとなんということでしょう~。実はお話している相手が陰(ネガティブ)な発言をした返しの際に、

「でも・・・ポジテブ内容・・・ですよね~」

という形式で、陰の否定に「でも」を使うことがほとんどであったという。

「でも」もそういう使い方なら悪くないですよね。使っていこう。

まあ、陰か陽かも個人の好みの問題かもしれませんが…

 

以上です。

 

ほかの日もチェック