YouもMeもほぼほぼウイルス | 13.ウイルスは普段、何処にいるのか?

投稿者:

 

ウイルスは何処にでもいる

さて、こんなウイルス達は普段どこに潜んでいるのでしょうか。ええ、ええ、インフルエンザやノロ、風邪などが流行しているニュースを見ると、ウイルスというのは、その時期にだけ彗星の如く現れて、猛威を振るって満足したら去っていくように見えてしまいますが、実はウイルスは普段から何処にでもいます。

ええ、ええ、宿主の説明の部分でも触れましたが、私たちの体の中にも外にも、ウイルスはたぁーーーくさんッ! そらあもう数えきれないくらい存在しています。ウイルスはありとあらゆる動植物、細菌に感染することができるため、この世に存在する生き物すべての体内体外にウイルスがいると考えられます。いや、考えられますというか、います。ちなみに、後で出てきますがウイルスはウイルスにも感染します。ええ、ええ、何でもありですね。

また、以下のような極限の環境下でもウイルスは普通に発見されています。

 

・厚さ5mの氷に覆われた南極の湖

・70℃の高温で超酸性(pH1)な米国イエローストーン国立公園の泉

・海の10倍の塩分濃度の塩田

・高アルカリ性(pH10)の湖

・深さ5,000mの深海

 

このレベルで何処にでもいるってことは…じゃあ、地球上には一体どれくらいの数のウイルスが存在しているのかが、気になるところです。莫大なウイルスの数を実際に数えることは不可能なため、次からはいくつか例を挙げながら、とんでもない数のウイルスくんたちが、あっちゃこっちゃに存在していることを見ていきましょう。

 

海水中に存在するウイルスの数は1031匹!?

あ、最初に断っておきたいことがあります。ウイルスの数え方についてです。ここでは「匹」を使っていますが、ウイルスは正しくは1株、2株と数えます。がしかし、株なんて言われてもなんかピンとこないので、本書では親近感を持っていただくために、「匹」を使いますね(そんな適当でええんかい)。

で、突然ですが、皆さんは海水浴ってお好きですか? ええ、ええ、私は幼少期はまあまあ好きだったのですが最近はしてませんね。

で、ここから驚いてください。なんと海水1mlの中には、少なくとも深海で100万匹、近海では1億匹のウイルスが含まれていることがわかっています。ええ、ええ、1リットル中ではありませんよ、1ml中です。チャチャっと計算すると、地球の全海水内には、約1031匹のウイルスがいる計算になります。

これを知ってしまうと、もう海水浴に行くのが嫌になりそうですが、ウイルスには病原体となるもの以外の種類の方が圧倒的に多いので、恐れることはありません。海水浴やダイビングが趣味の方は、今まで通り、ウヨウヨするウイルスくんたちと一緒に楽しく泳いでくださいね。

 

 

今回のおすすめの本

占い師がこれまでに読んだ中から、選りすぐりの生物・ウイルス関連本などをご紹介します。今回はこちらです。

あなたの体は9割が細菌: 微生物の生態系が崩れはじめた

 

あ、はい、ウイルスではなく細菌(バクテリア)の本なのですが、めっちゃおもしろいのでご紹介!

我が腸内フローラさんたちの育成にハマるきっかけとなった御本です。

抗菌剤反対!みたいな。

ええ、ええ、そして、毎日ヨーグルト2-3種、味噌汁、できたら麹が入ったのものを食べてます。きのこも大好きです(マッシュ池田)。

酵母菌いいですね!みたいな。

この菌まみれの食生活、100歳超えしそうと言われるゆえんですね…

ちなみに、ウイルスは菌じゃないという話を忘れてしまった、もしくは読んだ覚えがない方は↓です。

YouもMeもほぼほぼウイルス | 05.ウイルスは「バイ菌」の一種?

 

以上です。

 

シリーズをおさらい>>