YouもMeもほぼほぼウイルス | 09.ウイルスのサイズの小ささを体感してみよう!

投稿者:

 

今回はウイルスのサイズについてです。以前にもちょっと書きましたが、一般的なウイルスのサイズは20~40 nm(ナノメートル)とされています(コロナは100nm)。

「ナノメートルて、何よ?」

という方のために、nmを馴染みのある単位、mmに換算してみましょう。

 

1nm=1/100万mm

 

ええ、ええ、20~40nmって本当に小さいんだ…ウイルスって肉眼では絶対に見えない小ささなんだぁ…というのが、わかってもらえたと思います。えッ? nmがどれだけ極小で、ウイルスが小さいのもわかったけれど、数字だけではなんだかイメージできない?

そうですか…では、そういう方々のため、さらに身近なものとのサイズ比較をしてみたいと思います。私たち人間の体がサッカー場だとしたら、標準的なサイズのウイルスの大きさは、なんとサッカーボールの模様の六角形くらいの大きさです。ウイルスがどんだけ小さいかイメージできましたでしょうか。

 

 

ミニマムとマックスで100倍の差があるウイルスくん

ちなみに、サイズについてもうひとネタ。

ただ今発見されている最小のウイルスと最大のウイルスとでは、なんと100倍以上の大きさの差があるそうです。これまでに発見されている最小のウイルスは12nm(サーコウイルス)で、最大のものは1500nm(ピソウイルス)です。

これは、東京の六本木ヒルズに隣接している高さ約155mのマンション(あ、ハイ、あの赤い感じのマンションです)と身長120㎝の子どもくらいの差です。ええ、ええ、同じウイルスなのに半端ねぇ~差ですね。

また、髪の毛の断面は、約100μm(マイクロメートル)とされています。1μmは1000nmなので、1500nmは1.5μmとなります。ええ、ええ、髪の毛の断面の1/67(15/1000ですね)くらいのサイズなら、肉眼でもがんばれば見られそうな気になってきますが、まあ、無理ですね。

 

出典:ありがとう.net

 

あ、ちなみに、マスクの網目の大きさは、10~100μmです。結構デカいですね。

 

*補足:長さの単位

 1mm = 1,000μm = 1,000,000nm

 

 

今回のおすすめのウイルス関連本

占い師がこれまでに読んだ中から、選りすぐりのウイルス関連本などをご紹介します。今回はこちらです。

地球村で共存するウイルスと人類(山内一也)

 

ウイルスはまったく「敵」ではなく、共存している最小の生命体であることがよくわかる御本です。

ウイルスがいなければ今の我々はない。

そういうことをちゃんと理解していきたいものです。

 

以上です。

 

シリーズをおさらい>>