YouもMeもほぼほぼウイルス | 05.ウイルスは「バイ菌」の一種?

投稿者:

ウイルスはバイ菌なのか?

ウイルスは小さくて感染すると病気になるというイメージから、細菌(バクテリア)とよく混同されます。がしかし、細菌とウイルスは相違点もあるものの、ふたつは「全然ッ」違うものです。

その点を自分自身が長い間勘違いしていたからというわけではないのですが、新橋のSL広場辺りでアンケートを取ったら、きっと半数以上の人が「ウイルス=バイ菌(細菌)」と回答するのではないかと思う。

というわけでここからは、細菌とウイルスの違いを比較しながら、ウイルスについて学んでいきたいと思います。ええ、ええ、ついでに細菌のことも知られて一石二鳥ですね。

 

細菌とウイルスの違い

細菌とウイルスの一番の違いは、細菌には代謝をするための機能があるけれど、ウイルスにはそれがないというところです。代謝とは「栄養(材料)となるものから生命活動のために使うエネルギーを作る、一連の流れ」のことです。食事、呼吸、うんち、植物ならば光合成、これらは全て代謝の働きに含まれます。

代謝の機構がない分ウイルスは身軽なので、一部例外もあるものの、平均的に細菌よりもサイズが小さく、体のつくりも単純になります。この辺のことをごくごく簡単に表にまとめてみました。

 

細菌(バクテリア)とウイルスの比較

 

細菌(バクテリア)

ウイルス

概略

原核細胞を持つ単細胞の微生物のこと。

細胞を持たない構造の微生物。

サイズ

1~2μm(マイクロメートル)※程。

平均的には20~40nm(ナノメートル)程であるが、1,500nmのウイルスも発見されている。

構造

 

細胞を守るための細胞壁、細胞膜を持つ。その周りに線毛、鞭(べん)毛等も持つ。

細胞壁、細胞膜はない。脂質でできたエンベローブやタンパク質でできたカプシドという膜を持つ(種類による)。繊毛を持つウイルスもいる。

遺伝物質

遺伝物質は、DNAとRNAを持つ。

遺伝物質は、DNAかRNAのどちらか一方を持つ。

代謝

代謝の機構を持っており、水と栄養、エネルギーがあれば代謝する。

しない。

増殖

増殖するために必要なリボソーム(核酸が持つ遺伝情報をタンパク質に翻訳する働きをする)、タンパク質・酵素を持つ。単独で存在し、水と栄養があれば、自力で分裂によって増殖する。

自己増殖するためのタンパク質・酵素を持っていないため、自力では生存できず、他の生物(宿主となる生きた細胞)に感染し、その細胞内の代謝機構を乗っ取って、部品組み立て方式で増殖する。

病気の例

結核、赤痢、コレラ、チフス、ジフテリア、破傷風、梅毒、淋病、慢性胃炎等。

インフルエンザ、麻疹(はしか)、AIDS(後天性免疫不全症候群)、ノロ、ロタ、狂犬病、水痘・帯状疱疹、エボラ出血熱、デング熱、肝炎(A型~E型)、ポリオ等。

その他

肉眼で見ることはできず、光学顕微鏡※で見ることができる。

多くのウイルスは、肉眼はもちろん光学顕微鏡でも見ることができず、電子顕微鏡で見ることができる。

※1,000nm=1μm=1/1,000mm ※光学顕微鏡は、通常0.0002mm位までのものが見えます。

 

色々違いがありますね。ちなみに次回はせっかくなので、バイ菌をやっつける抗生物質(抗菌薬)とウイルスについて解説します。

 

今回のおすすめのウイルス本

占い師がこれまでに読んだ中から、選りすぐりのウイルス関連本などをご紹介します。今回はこちらです。

Virolution (Frank Ryan)

「Virolution」とは、

「Virus(ウイルス)」+「Evolution(進化)」

そう、一言で言うと、「ウイルス進化説」のことですね。

ウイルスが生き物に感染してゲノムを変化させ、その結果多種多様な生き物が生まれているという説です。

この本は凄いですよ。ギャッとなります。ダーウィンの進化説って何だったんだろう…プロパガンダかなんかか?となることでしょう。

…内容は英語なので、、、ええ、ええ、日本語訳のバージョンの紹介はまた今度に…たまに英文で苦労するのもいいですよね。

以上です。

 

シリーズをおさらい>>