終わった人

【映画】舘ひろし主演映画「終わった人」を見ました。ネタバレあり。

投稿者:
 
どうもです。
 
モントリオール国際映画祭のワールド・コンペティション部門で最優秀男優賞を受賞という、舘ひろし氏主演映画「終わった人」を見ました。
 
 
ええ、ええ、周囲気にせず(飛行機の中)、腹を抱えて笑えるほど、めっちゃ面白かったです。
 
 
退職の(=終わった)瞬間から始まる「終わった人」。
 
東大、名門銀行からのぉ~、銀行では偉くなれず、出向先で専務にて定年退職…
 
 
お勤め人としての人生は終わった…
 
がしかし、人生自体は終わってない。そこからが始まりなのです。
 
 
 
「終わった人1日目」、、、とかいって始まる退職翌日からの暇っぷりが、普通に定年退職後のお勤め人にありそうなシチュエーションで、機内の揺れ以上に一人笑って揺れてしまいますた。
 
 
 
それまでまったくケアしてなかった奥方様に、旅行でも行こうと誘って嫌な顔をされる ←実際に聞いたことある(旅行いいからお金くれ的な)。
 
 
人生やり直したい…などの面倒な愚痴を吐いて、奥方様から煙たがられる ←実際に聞いたことある。
 
 
手に職持って働いている奥方様に、日々のご飯作りでキレられる(自分のは自分で) ←実際に聞いたことある。
 
 
高齢者ばかりのジムや公園を見て、辟易する ←しかも自分は、その人らとは違うと思っているのがミソ。
 
(あ、ジムで脚本家の内館さんらしき人発見!!)
 
 
 
カルチャーセンターで出会った枯れ専の女子といい仲になって黄昏流星群 ←ただの勘違い。
 
 
再就職活動では経歴が立派過ぎて、超零細企業の面接でも玉砕、、、、
 
などなど、あ~あ…と切なくなってしまうシーンがこれでもかこれでもか!と怒涛のようにやって来るので、ええ、ええ、似たような状況におられる(&陥りそうな)方は笑えるかどうか…
 
がしかし、ぜひ勇気を出して見てみてください。
 
あ、まだまだ若い人もぜひ。
 
一生ものの趣味かお仕事【無】関係の仲間の大事さを痛感します。
 
 
 
それにしても舘ひろし氏はかっこいい…
 
映画スタッフが、舘氏をくたびれたオヤジ風にダサく見せるために、物凄く苦心した裏話が文春だかに書いてあったのですが、ええ、ええ、頑張りが見えました。
 
(監督から「それじゃだめだ!もっとダサく!!」みたいな注意を何度も何度も受けていたという…)
 
かっこいいものをダサくするっていうのも大変なことですね。
 
 
では、」普段の舘ひろし氏をお届けして〆ましょう。
 
ハヅキルーペな舘氏。
 
 
 
 
あぶない刑事な舘氏。
 
 
 
ちょんまげな舘ひろし氏。
 
 
 
 
 
CDな舘ひろし氏。
 
 
 
 
ひゅーひゅー
 
以上です。