【社会】“意識高い系”で大手企業を辞め起業して「マイルド貧困」に陥った37歳

投稿者:

 

どうもです。ダイヤモンドオンライン人気記事ランキング1位、そうね、人生いろいろ…という記事を発見したため、共有させてください。

 

“意識高い系”が仇となり大手を辞め起業して陥った37歳の「マイルド貧困」

格差や貧困問題の是正が放置されているうちに、「アンダークラス(パート主婦を除く非正規労働者)」が900万人を突破、日本は「階級社会」への道を突き進んでいる。中でも「中間階級」が崩壊、新たな貧困層が生まれてきた。それは、どん底一歩手前の「マイルド貧困」とも呼べる新たな階級だ。いわゆる“意識高い系”であるがゆえに、大手企業を辞めて起業、その結果「マイルド貧困」に陥った男性を追った。

“体験を売る”というアイデア実現のために
一部上場企業を辞めて独立

「正直、今はどん詰まり状態。後悔していないと言えば嘘になります。日本って1度つまずいたら、そう簡単に再起できる社会じゃないんですよ。だから、今は苦しくても、何とか続けていくしかないと思っています。光明ですか? そろそろ見えないと本気でヤバいんですが」

 山下颯太社長(仮名・37歳)はそう言うと、力なく笑った。かつては一部上場の大手IT系企業でEコマース関連部署のマネージャーを務めていたが、3年前に起業を目指して退社。当初は、フリーランスとして前の職場の上司から仕事をもらいながら準備を進め、今から2年前、念願のITベンチャーを立ち上げた。

(全部読む)

 

内容を読んでいる限りはこのCEO、そこまで「貧困」とは呼べないような…

貧困と言うよりは、単に会社の売り上げがイマイチなだけの人のように見えるのですが、そのタイトルだとあんまりクリックされそうもないですもんね。マイルドって言葉使いが巧みですね。

会社からちゃんとお給料をいただいて食っていける状態は、ありがたく素晴らしいことなのだと思わせてくれる記事です。

 

がしかし、会社を辞めて起業したいというご相談は多い。

波がありますがこの3年くらいで日に日に多くなっているような気がします。

 

やりたいことがある&お勤めという形態が合わないのであれば、無理して会社にとどまることはなく、辞めて好きなように生きたらいい。なんとかなるし〜

とわたすは思って生きているものの、人様に対しては大手を振って退社&起業やフリーランスの道をオススメは…しないカモ鴨長明。

ええ、ええ、チャレンジ心を挫くようなことはしませんし、応援は精一杯しますが、現実的に起業してもうまくいくのは2、3割くらいです。

今自身ほぼほぼラッキーで食べられており、超綱渡り人生。

来年や10年後は、よくわかりません。

自分もよくわからないものを人様にオススメはできない感じですね。

がしかし、まあ、よくわからなくっても多分大丈夫だろう。GO!GO!

と根拠のない自信を持てる人には、オススメします。

(あ、そうですね、今の時代、会社に所属していても来年や10年後わかりませんが…)

 

で、(全部読む)から全部読んでない人のために、さらにああああ、あるあると思った部分をコピペしたいと思います。

 

「社内勉強会とか外部セミナーの類いに通っている人間の割合も、普通の企業に比べたら相当高いと思いますね。ぼく自身、30代に入った頃から、週に2〜3日の頻度で何らかのセミナーとか異業種交流会とかに顔を出していました。出費が多いときには、月に15万円くらいにのぼりました。他にも、経済系サイトの有料会員になったり、ネットで英会話を学んだり、人脈を拡げ、意識を高めるために福島にボランティア活動に行ったり、いろいろやってましたね。ためになったこともあったけど、今にして思えば、もっと日常の実務に真剣に取り組んでおくべきだったかなと」

 

意識高い系というか、今の人生に何らか疑問を持っているような「迷える子羊」を狙い、セミナーや書籍などでやったらめったら起業を煽る風潮がありますね。

しかも盛り上がってますね。

これらは、参加したり読書したりすることで、安心感を得るための精神安定剤のような存在にも見えます。

ええ、ええ、そういった活動に月15万っていうのは…ちょっとお高いかな。御本人も気付かれているようですが。

わたすなら1500円の本を100冊買いたい。あ、お金の使い方は人それぞれなので、いい悪いはないですが。(一晩で銀座で4000万円使う人もいる)

 

で、この占い師め実は昨年、経産省のフリーランスを盛り上げるためのワーキンググループに参加していますた。

そこで衝撃だったことがありますたので、これまた共有を…

 

なんと満足な年収を得ているフリーランスはこの世に1割程で、多くのフリーランスは安い金額で現代の蟹工船のような働き方を強いられていたのです。

起業したり、フリーランスで「自由の身」となっても、

 

・立場弱し→交渉力なく不利な仕事

・保証なし→労災、有休、退職金なし→なんかあった時リスク高い

・貧すれば鈍す→負のスパイラル、どぇー

 

となって、記事の通りのどん詰まり状態に陥ってしまう可能性が高いのが、現状の社会制度なのです。

あ、そういう状況を打破しようということで、作られたワーキンググループだったのですが、、、何も変わらず閉じられた感じですね。とほほ。

経産省の資料はコチラ

何だったんだろうアレ。夢ですかね。

ええ、ええ、御国に期待せず、社会の制度を気にせず(すり抜けて?)、どん詰まらないように各々が工夫して生きていかねばなりませんね。

 

会社を辞めて起業したい方!

精神力とラッキー、体力と頼りになるお友達がいたら、起業後いろいろあっても何とかなるカモ鴨長明です。

人生一度、マイルド貧困なんて恐れずに好きなようにやってみたらいいですね。(最後はちょっと煽ってみる)

いざとなったら土下座してでも仕事取りにいきましょう!

 

以上です。