【読書】「サイコパス」ああ、コレあの人のことだぁ~と楽しんで読める本です。チェックリスト付き

投稿者:

 

どうもです。本日は、脳科学者の中野信子大先生の『サイコパス』の読書感想文です。

 


 

 

知ってるようで知らないサイコパス。

FBIとかCSIとかが活躍する洋物のドラマ・映画に登場する猟奇殺人の犯人だけだと思っていたら、なんとその辺にも普通にいる。軽く見積もって、人口の1%、すなわち100人に1人はサイコパスだそうです。

すかも犯罪者だけでなく、成功すている経営者、弁護士、外科医などに多いんだってばさ~。

うむ、今回は周辺でちょっと理解できない行動をとる人(損得勘定が激しい、ビックマウス、劇場型、プレゼンばっかり上手い、内弁慶、傲慢、主張をコロコロ変える、一見人当たりがいいが実は思いやりナス、倫理観の欠如、不倫ばっかりすている等)がいる方には、とっても面白い御本です。

 

「あ~コレ、あの人のことカモ鴨長明~わくわく♪」

 

などと楽しんで読めることでしょう。

あ、自らのことを棚上げすることがないよう、最後にセルフチェックリストもありますので、チェックぜひ。

 

では、早速内容に入って参りましょうか。

 

平気でウソをつき、罪悪感ゼロ……そんな「あの人」の脳には秘密があった!

 

もともと「サイコパス」とは連続殺人鬼などの反社会的な人格を説明するために開発された診断上の概念です。ところがサイコパスとは必ずしも冷酷で残虐な犯罪者ばかりではないのです。大企業のCEO、政治家、弁護士、外科医など、大胆な決断をしなければならない職業の人にサイコパシー傾向の高い人が多いという研究結果もあります。

【目次】

第1章 サイコパスの心理的・身体的特徴
1 サイコパス事件簿
2 サイコパスの心理的・身体的特徴とは?

第2章 サイコパスの脳
1 サイコパスの脳の知覚能力、学習能力
2 「勝ち組サイコパス」と「負け組サイコパス」

第3章 サイコパスはいかにして発見されたか

第4章 サイコパスと進化

第5章 現代に生きるサイコパス

第6章 サイコパスかもしれないあなたへ

 

帯はこちらです。

 

サイコパス祭りと言っても過言ではない程、サイコパスに関するハッとして!Good&Badな情報が詰まりに詰まっていた本書。

これまで関わったものの激しさ等に付き合いきれず縁が絶たれた人、縁を絶つまでいかないけど、アグレッシブ過ぎてちょっとアレだな、、、という知人・友人数名のお顔を思い浮かべながら読み進めていたのですが、途中で妙な気持ちになりますた。

 

「おや、もすかすて…自分こそサイコパス(寄り)なのではなかろうか」

 

ええ、ええ、罪悪感ゼロどころかマイナス気分(?)で平然と嘘つくこともありますし、どうでもいい人に対しては何の共感もない。

批判されても折れない、懲りない(一瞬折れそうになるものの、びよよーーんと戻る)。損得勘定もかなりある予感。

 

「ソレ、サイコパスっていうか、ただの性格悪い人じゃないですか」

 

えッ?そうね、そうとも言う。がすかす、一つ大変気になる記述が。

サイコパスに該当するであろう反社会性の高い人間は、平均より心拍数が低いという調査結果が出ているという。

ええ、ええ、知ってる人は知っているけど知らない人は知らない話なのですが、占い師はJK時代から健康診断で徐脈と診断され、普通の人より心拍数が少ないんだぁ~

うむ、この心拍数の低さは自らがサイコパスである動かぬ証拠ではなかろうか。

 

なんだか生きにくい世の中だと思ってたんだぁ~(日本は特にサイコパスには生きづらい土壌らしい)

社会性もあるようでないようであるようで那須与一~。(結局ない)

真実に気付いてすまった自分は、この先どのように生きていったらいいっぺか。

 

と不安になりながらセルフチェックをすることにすますた。皆様もぜひ挑戦すてみてください。

 

 

ケヴィン・ダットンのセルフチェックリスト

以下の質問を、0点から3点まで付けて集計してください。

0点…全く当てはまらない
1点…当てはまらない
2点…やや当てはまる
3点…当てはまる

 

1.事前に計画することはほとんどない、行きあたりばったりのタイプである

2.バレなければパートナー以外の人と浮気をしてもよい

3.もっと楽しい予定が入った場合、以前からの約束をキャンセルしてもよい

4.動物が傷ついたり、痛がっているのを見ても、まったく気にならない

5.車の高速運転、ジェットコースター、スカイダビングをすることに興味を引かれる

6.自分の欲しいものを手に入れるためには、他人を踏み台にしてもかまわない

7.私には説得力がある。ほかの人々に臨むことをさせる才能がある

8.決断を下すのがとても早く、危険な仕事に向いている

9.ほかの人々がプレッシャーで潰れそうになっていても、自分は落ち着いていられる

10.もし私が誰かを騙すことに成功したら、それは騙される側の問題である

11.物事が間違った方向に行く場合、その多くは自分ではなく、他人のせいである

 

 

皆様、得点計算できますたか。では、ドキドキの回答を。

 

【回答】

このテストでは、18~22点が平均。

29~33点がきわめて稀で、サイコパスの疑いあり。

 

だそうです。18点未満、もすくは、23~28点だった皆さん。残念ながら、本書には何故か回答が書かれていないので、どう判断すたらいいのか占い師にはわかりませぬが、、サイコパスではないようです。よかったですね。

ちなみに、占い師は21点。普通だ…ええ、ええ、サイコパスではなく、ただの性格の悪い人ということが決定的となりますた。めでたしめでたし。(めでたいのか)

 

最後になりますが、サイコパスな人に深く関わってしまうと、普通の人間は人生をダメにされてしまうとのこと。

君子危うきに近寄らず、、サイコパスの人のことは避けていくようにした方がよさそうです。

 

以上です。


 

1件のコメント

  1. 御コメントいただいております。ありがとうございます。

    ●オッチャン、ドンピシャ、サイコパス!
    ●残念ながら(笑)サイコパスではありましぇんでした??その手のドラマは大好き?(ФωФ)
    ●おぉ!ちょっとタイプが違いますが、もしやソシオパス??と感じた人をラインブロックしますた( ̄∇ ̄)
    ●意外にもたった9点でした(^∇^)笑笑
    ●このテスト、人の欲望のイイ所ついてますよねーサイコパスっていう区分けも人間らいしな、野生界で考えたなら、そんな区分けもおかしなもんだよなぁ、と思ってしまいました(笑)

返信を残す