人の彼氏に「あの人は良くない」などと、いちいちいちゃもんを付ける友人。とうとう喧嘩になりました。

投稿者:

 

「に、2時間で2万円!?わたすは絶対払いたくない…」

 

添い寝屋のサービスが急成長すているという記事を読み、自宅で独り、叫んですまったoketitな占い師いけのりです。その記事がこちら↓↓

20~50代女性がハマる「添い寝屋」の「スゴすぎる癒やし」の実態…何をどこまでしてくれる?

 

「仕事に生きることを選んだ能力の高い女性にも、『モテないわけではないけれど、いい男性と出会えず恋愛ができない』『理想とする男性になかなかめぐり会えない』という方がたくさんいます。

旦那さんや彼氏がいても、不満がある方も多い。日々の生活に忙しい女性たちが、自分へのご褒美で『理想の恋愛』として添い寝サービスを求めているのかもしれません。

この先、女性向けの添い寝サービスはさらに拡大する。いずれは、女性一人ひとりがお気に入りの『専属キャスト』を持つようになってほしい」

 

ほんまかいな。…まあ、昔レンタル家族なんてのも話題になりますたしね。うちの占いも含め、人間界には色々と変わった需要があるもんですね。(自分の占いも含めちゃう人)

 

そんなこんなで、今日の御相談内容に参りましょうか。

 

「人の彼氏に、いちいちいちゃもんを付けてくる友人がいます。口撃対象は、見た目(顔、体型、ファッション)、話し方、性格、名前、出身地、出身大学、勤め先、職業給料、、、何でもかんでもです。先日、女子会でご飯を食べている時に私の彼氏が標的にされ、「あんな給料上がらなさそうな男やめといた方がいいって」と言われ、いつもだったら聞き流すところ、何だかイラっと来てしまい、

「自分にはちゃんとした彼氏もいないくせに…それもどうかと思う。」

と言ってはならないことを言ってしまい、その場をこれ以上ない険悪ムードにしてしまいました。彼女は恋多き女風で、特定の彼氏はなく遊び歩いていて、既婚未婚にかかわらず、お金まわりの良さそうな色んな男性の間を行き来している感じなんです。いつもそういうの何か微妙…と思っていたので、ついつい口から出てしまいました。

それにしても人様の彼氏に対して、悪口を言うのはやめてほしいです。どういうつもりなんでしょうか。」(30代・姫君・お勤め人)

 

 

うっ…こちらについては、、、わたすも似たような話で反省していることがありますて、、この場を借りて謝りたい。(この場を借りてって、自分のブログ内やんけ)

 

すみま千円。

 

ええ、ええ、何があったかというと、、先日とある姫君様から、いい感じ(お付き合い一歩手前)の殿方が二人できたと言われ、どんな人ナリカ〜という流れに…

そのうちの一人の殿方が、何だか、、「その人どうなの?」という感じのする君でですね、、そっちはちょっとやめといた方がいいのでは…?などと、求められてもいないのに余計なことを言ってすまったのです。

ええ、ええ、昔何股もかけてたとか、夜しか会ってくれないとか、事を為すととっと帰れ的な雰囲気になるとか、セクロス中にタバコを吸うとか、、何か誠実じゃないように思われ…

でもでも、本人がいい、って言ってんだから、、&わたすが知らない良き情報もあるかもしれないのだから、、「へぇ〜どっちも良さそうナリナ〜」、と軽く受け流せばよかったのだ。ばかばか。

…まあ、もう片方のまともな感じの君の方は、かなり持ち上げたため、正負バランスは取れたということにしておこう〜

 

で、自分の話で終わってしまいそうですが、、、ちょっと戻って、とにかく何でもかんでも意見すたい人っていますよね。特に深い意味はなくても。

 

批判が快感、というか、批判は呼吸みたいな批判体質の人っているんです。

 

なので、ええ、ええ、そんなのにいちいち付き合っていたら、疲れて心が折れてすまうので、そういった批判の言葉は右耳から左耳にスルーする〜のが一番です。

 

イラっとする言葉を言われた時というのは、忍耐力の修行の時です。

余裕を持って笑顔でかわすことができたら、人格者レベルアップと思ってニコニコしましょう。

 

あ、そうそう、、そういえば…

わたすも五つ星すかなかったAmazonのレビューに突如、二つ星の批判レビューを書かれて、

誰やねん!陰謀?イジメですか?などと、とーーーーーーーーーーーーーーーってもつまんない気持ちになりますた。(ハート弱いね)

何でわざわざ批判書くんだろう、、暇か?と思いつつ、

 

「作者です。。。読みづらくってすみまそん
ご購入ありがとうございます」

 

って、コメントすてみますた。えッ?逆に怖い?ムフフ。

励ましの五つ星レビューお待ちすてます…(おねだりか)

「いい加減人生相談」Amazonページ

 

でもまあ、そんなわたすも冒頭で「添い寝屋」について、やや批判目に書いてますもんね、、批判する・批判されるというのは、実はバランスなのカモ鴨長明(した分どこかでされる的な)。

 

平和に過ごしたいので、あんまり批判しないで生きていこう…

 

以上です。