離婚を決意したのですが、なかなか実行に移すことができずに悶々としています。

投稿者:

 

どうもです。妖怪サドル舐め…久々に見なきゃよかったというものを見てすまって若干気分が悪い、占い師いけのりです。あ、ご存知ない方はコチラで。(気分悪くなるものを勧める人)

魑魅魍魎が跋扈する人間界…妖怪人間もたくさん存在すているので、気を付けないとですね…それにすても、、キモイぃ〜。

 

そんなこんなで、今日の御相談内容に参りましょうか。

 

「妻との離婚を考えるようになってから1年近く経過しています。その間、離婚カウンセラーの所に行ってみたり、離婚問題に詳しい友人にそれとなく話を聞いたり、離婚に関する書籍を読んだり、ネットで調べたりし、情報はたくさん入手できていて、どれだけコスト(養育費や諸々の支払い等)がかかるのかも全て計算できているのですが、離婚に向けて本格的に必要なことは全然実行出来ていません。

まずは別居をして、そこから離婚に持ち込もうと思うのですが、別居をしたいと妻に切り出すことが出来ずにいます。二人の不仲に子供達は薄々感づいているようなのですが、鈍感な妻は自分の心離れをそれ程感じていないように見えます。

妻は専業主婦に近い立場なのに、家事全般が苦手というか手抜きでいつも部屋は汚く、料理はお世辞にも美味しいとは言いがたく、子育てはこなしてくれていますが、、いつも家にいてやることが他にないんだから、もっと家事をしっかりやってほしい…とずっと不満でした。

注意(というか提案)したのですが、今のところ改善も見られません。

この先、30年以上も妻と一緒に生きていくなんて考えられません。離婚は固く決意しているのですが、でも諸々を実行に移すとなると、様々な障害が…どうしたらいいでしょうか」(40代後半・殿方・お勤め人)

 

 

今、離婚問題を取り扱うある組織に片足をつっこんでいる占い師。以前より、深く離婚問題について考えるようになりますた。

ええ、ええ、占いの中でも離婚相談はちょくちょくあったんですが、、、法律的なこととかあんまり詳しくは知らなかったので、目下勉強中。

で、先日、気になる雑誌をコンビニで発見、即買いすますた。それが

 

『日経おとなのOFF 破綻夫婦vs安泰夫婦』


 

 

 

「定年後、24時間2人でいられますか?」

 

って、、読者の皆様いかがですたか?

御相談者様に関すて言うと、今だっていられないのに、定年後はもっと無理か、、いや、その頃には何かいい変化が起こっていて一緒にいられるのか、、

…神のみぞ知る、、、

といった感じなのですが、本人的には「ムリッ」との判断がなされ今に至るわけですね。

 

占い師的には、人生一度、嫌いな人と一緒に我慢して過ごすなんて勿体無い、、後悔のないように…と思うので、

奥方様やお子さん達の気持ちがどうこう、離婚は色々なものが破壊されリセットされ、大変だぁ〜等々はひとまず置いておいて、

御相談者様が決めた方に歩んでいけるよう、応援をすたい。…のですが、、、、

一向に実行に移らない御様子を見ていると、本当に必要なのかな、、、なんて思ったりも。

ええ、ええ、切羽詰まっていたら、即断即決即実行のはずなのです。

 

痛みも覚悟のご判断なら、もう今日にでも別居用のおうちを契約すて、

 

「明日から出て行く。婚姻費用等、必要なお金は毎月振り込みます。後は弁護士から連絡がいくと思うので、今後のやり取りは弁護士を通じてということで。子供には会いたいので、面会日時も弁護士通じて決めさせてください。では」

 

って、するはず…えッ?バカ言ってんじゃないよ?できない?できないなら、離婚はナスでええカモ鴨長明です。

そんなやり方は一方的であんまりだ?ええ、ええ、まあ、そうですよね…わたすもそう思います。(じゃあ、書くなよ)

 

そう思うのですが、、占い師の周りの別居組は、「明日から出て行く」の一言もなく出て行った方々がぽちぽちいるので、、出て行く宣言するだけ堂々とすているカモ鴨長明と思います。お金も払う覚悟がありますしね。

 

ちなみに、強者になると、奥方様が外出する日に合わせて引っ越し屋をコッソリ手配し、夜逃げのように別居生活をスタートすた方も…(珍しいケースですが)

 

今も裁判してます。幸あれ…

 

で、明日から出て行く、、、は、やり過ぎカモ鴨長明ですが、もう話し合っても無駄、とにかく別れたい!といのですたら、

どんなやり方したってご自身、関係者一同にザックリ傷が付くのは避けられません。

ならば、なるべく処理の時間を短くするのがいいと思う占い師です。トロトロしてると、出血多量で死んじゃいます。

あと、ロケット発射と一緒で勢いがないと、こういった状況が一変するようなことは進められないので、お尻から火が噴き出る位の勢いをぜひ…アチチ。

言ってみたら、案外御相談者様の奥方様の方も、そろそろ潮時かと思ってた…なんてことに、、えッ?絶対ならない?命懸ける?そうですたか…

 

あ、そうそう、離婚相談は、姫君からも殿方からも来るのですが、今回の日経おとなのOFFの特集の中に、まさに!男女の違いそのものズバリ!という記述があったので共有させてください。

コレ↓

image

 

本当にその通りなんです。姫君の御相談者様は、淡々と極秘で準備を進めて、ある日決行!!!通帳とかカードとか印鑑とかちゃんと整理されている…

殿方の御相談者様は、あーでもない、こーでもないと頭がでっかちになっていくばかりという…

 

編集さん、、生きた情報といった感じです。

まあ、殿方でも用意周到な方はいらっしゃいますでしょうし、全部が全部ではないと思いますが…ええ、ええ、前出の夜逃げ別居の君は、用意周到賞ですしね。

 

あ、ちなみに、色々書いてますが、わたすは離婚賛成派でも反対派でもナス〜。

ええ、ええ、ケースバイケースですので。

した方が幸せに見える時も、しない方が幸せに見える時も、それがわからん時もあるという。(あてにならない占い師)

 

人生一度、もっと好きなように自由に生きた方がいいのか、

我慢が足りない、、限界のそのまた先に極楽があるカモ鴨長明なのか。

 

難しいですね。

 


 


 

以上です。