人生を変えた一言【2】

投稿者:

茶の湯@青山占い部屋

「いけのりさん!」

「は、はい、、何ですたか」

「占い師川柳の更新はいんですが、、」

「ええ、ええ」

「昨日の『人生を変えた一言【1】』の」

「あったナリネ~そんなの」

「【2】ってもうないんですか、次いつ頃…」

「したためてあったナリヨ~。懐に」

「わお。ハーレクインとかどうでもいいので」

「うっ、それはしどい(泣)」

「ぜひそちらUPお願いします」

今日はお願いされてUPしてます。

一人芝居じゃないよ~いけのりです。

たまに占い師日記のやり取り、妄想か

一人芝居でしょ!って言われますが

ほぼそのまんま実写かちょい盛りです。

「ちょい盛りの ちょいの具合が 横綱級」

ああ、また一句詠んでしまった。。。

そして、懐にしたためていたのは

キーワードだけ。。(嘘ついてゴメンゴ)

君とサヨウナリ~後、執筆しますた。

というわけで、『人生を変えた一言【2】』

はじまりはじまり~

********************

3年前のとある日曜日の午後

日曜なのに疲れ切っていた………

頭の中は、終わらない、いやたとえ終わっても

また新たにやってくる仕事のことでいっぱい丸。

休日だろうが何だろうが業務メールがくる。

PCを家に持ち帰ってまで会社の仕事に追われ

四六時中、仕事のことばかり考えていた。

身体は日曜で出社していなくても、

頭の中はいつだって平日状態さ~。

自分の意志で入った会社、充実はしていた。

ええ、いくらでも仕事ありましたナリ。

がしかし、何か違う、全然違うエブリデー。

(微妙に英語化の波に乗ってみました…)

「何か」が一体何なのかは説明できなかった。

色んなものの複合体であることは間違いない。

25歳で極楽天に飛び込んで、早5年が経過。

夏で30歳になり、このままこの会社で40歳、

50歳、定年までのコースなんてありえない。

(あ、私にはですよ。ほかの人は知らんナリ)

会社辞めちゃおうか。いや、待って。

ここ辞めて次の会社に転職したところで

また同じことを思うのだろう。コレも間違いナス。

嗚呼、終わっている。一体全体どうしたらよかか。

こうして、自分の会社員人生に半ば絶望し、

(オイオイ、絶望は言い過ぎのような)

巨大迷路に迷い込んでいた。(勝手にね)

とその時、、、、

「ピンポーン♪」

あ、きたきた。待ってましたナリ~

今日は月に一度のコンディショニングの日。

占い師、本当に心身ともにキテマスッ!な

状態(悪い方の意味でね)だった時、

「コンディショニング」と呼ばれる

体調や気や頭の状態を整える施術を

毎月一回お願いしていたのです。

施術は1時間半~2時間半程の工程。

コンデの君のパワーはすごくて、

本当に全身全霊で(?)スッキリする。

(あ、ストレッチ&若干スピ系です)

施術後はちょこちょこ世間話をする。

人生について、仕事について、、

「今いる所がベストと思えなくて」

「…」(うなずく君)

「でもだからって、できることも
 特にやりたいこともないんです…」

「…」(うなずく君)

「毎日何か違うな~と思ってます」

ああ、せっかくスッキリしたのに

話し始め、また曇り出すモヤモヤ占い師。

コンデの君を玄関で送り出す時、

「来月もよろしくお願いします!!」

「はい。…いけのりさん」

「はい?」

「違和感があることは続きませんから」

「…は、はいッ」

「では来月に~」(ニコッ)

パタンッ

…君が帰ってからずっと、、

「違和感があることは続きませんから」

この一言が頭の中をぐるぐる回っていた。

触れちゃったナリヨ~占い師の琴線に。。。

そうナリ!どうせ長くは続かないだろう。

なら早くやめよう。若くて色々挑戦できるうちに。

たぶん、会社勤め自体に違和感があるナリネ。

(ええ、極楽天はいい会社でした。人もいいし)

がしかし!何をしたら…。見つけるんだいけのり!

ここから本格的に、会社という組織を離れて

この身ひとつで食べていくにはどうしたら…

ということを考える自分探しの旅が始まる。

この一言がなかったら、ピンときてなかったら、

今も石ちゃんのお志事なかったかも鴨長明。

「違和感」という直感。大事にしていきましょう。