facebookに批判的な投稿をし続ける強気の友人が、何だかちょっと凹んでいた

投稿者:
 
どうもです。わたすの大好物の「SPA!」で、ステキングなポエムを発見すました。
 
わたしたちのサラリーマンの
残業が夜景の一部となり
誰かがそれを美しいと
感じてくれるのならば
私は星になろう
 
こう見えて昔は、六本木ヘルズ19階の輝ける☆だった、適当占い師いけのりです。
 
キレイ~キラッキラの残業光ですね…
キレイ~キラッキラの残業光ですね…
 
ええ、ええ、丑三つ時でも煌々と光り輝いていた☆ですた……おや、、なんか、、常時睡眠不足でフラフラの働きマンだった昔を思い出すて(光っていたのはフロアの電灯、自身が放っていたのは負のオーラか…)、急に虚すくなってきたので、、
 
とっとと、今日の御相談内容に参りましょうか。
 
 
「私の知人に、毒舌でアグレッシブなFacebook投稿で有名なA氏という評論家がいます。プチ☆ホリエモンといった感じの彼の批判的、かつ真っ当な投稿は、業界の悪習に一石を投じるものであり、敵もそこそこできてしまうものの、一部の熱狂的なファンからは絶大な支持を受けています。
投稿に批判的なコメントが付いても、プチ炎上が起こっても、彼はいつも全く気にする様子もなく、というか確信犯のため、我が意を得たりとばかりに、次々と激しい投稿を繰り返しています。
そんな彼が先日、自身の投稿について、「あんな批判的なことはFacebookにアップすべきではないよ」と、私と共通のB氏から注意されたと、かなり気にしている様子でした。
ちなみにこのB氏は、まあまあの規模の会社を経営している中小企業経営者です。A氏とはまた違った意味でアグレッシブな投稿が多く、(凄まじい個人攻撃、個人攻撃でなくても曽根綾子氏みたいな投稿)、、時々Facebook上で派手な喧嘩も繰り広げられたりして、、、周辺からすると、あの人ちょっと大丈夫かな。。。という感じの人です。
A氏は「あいつに言われたくない」「あいつの投稿こそなんだ!?」から始まり、気にしなきゃいいのに、何故かだいぶ気にしちゃっているようです。投稿もモヤッとしてきていて、以前よりキレがありません…。早く彼らしさを取り戻してほしいのですが、なんて声をかけてあげたらいんですかね。」(40代・殿方・自営業)
 
 
へぇ~、こういう平和な御相談は、和みますね。(和んでる場合じゃない?)
 
ええ、ええ、生と死の狭間を行くようなヘヴィ級な御相談が続く中(ブログへのアップは解決までお預け)、こういうフェザー級なものが差し込まれると、ほっこりすます。
フッて吹いたら、どっかに吹き飛んじゃうレベルですね。(フェザーですもんね)
 
 
あ、ちなみに、曽根綾子的投稿とは、、こんな感じの投稿です。
 
 
 
 
 
 
 
激しいな。絶対書けないですね。うむ、、刺激が足りない時には曽根綾子氏ですね。
 
 
で、自分と同等レベルの人から何か言われると、何故か気に障って頭から離れない現象、、たまにありますよね。それな気がすます。
 
 ええ、ええ、批判系カテゴリに属する似た者同士。
 
団栗(どんぐり)の背比べ的な…。というか、、もう、ダニの背比べって感じですが。
 
「ダニって表現、、随分アグレッシブですね」
 
あ、別にこの殿方お二人が、ダニっぽいとかそんなんじゃなくて、どんぐり以上に話のレベルが小さい(どんぐり>ダニ)ということを言いたかっただけなので、勘違いスナイデル~。(即火消し)
 
ダニじゃなくて、花粉とかにしておきましょうか。急にフェアリーな感じですね。
 
 
 
で、信念を持ってしている投稿なら、どんな外野が何を言ってこようと、「スルーする~」の精神で貫いたらいいですよね。いつもそうしているようですし。
 
みーんなの意見を取り入れてたら、いいもの・尖ったものは書けませんよ。
 
わたすだって、「カモ鴨長明って意味不明~」とか言われて、いちいち気にすてたら、このブログまったくアップできなくなるカモ鴨長明。(まったくってことはないでしょう)
 
 
普段意識すている人から批判されたら、何だかちょっと気になる気持ちもわかりわかりますが、ええ、ええ、そんな気持ちは道端にでも、ドブにでも捨てましょう。どうでもいい意見ですよ。
 
いつだか何処かに書きますたが(健忘症故、何処かは忘れた)、わたすは自身の意に沿わない言葉をかけられたら、言葉はただの「記号」だと思うようにすている。
 
「あいうえお」は記号の一種です。
 
ええ、ええ、言われた言葉が日本語(あいうえお)ではなく、どっかの謎の言語(♨※●□💲…)だったら、何も感じナス。意味がわからないから~
 
 
気に入らない言葉は、記号です。何言ってるかわからないので、気にもならないせんで。あ、「雑音」と表現すている人もよくいますね。
 
 
そんなこんなで、、そうですね、、A氏には、 
 
 
「何処の馬の骨かわからない占い師にダニ呼ばわりされてますよ」
 
 
 って、このページのURLを飛ばしてあげてください。
 
 
ちなみに、Facebook関係の御相談、たまにいただくのですが、昔の記事にはこんな感じのものがありますので、ご興味ある方、どうぞです。