同じように案内しているのにしつこい問い合わせ。飲み会の幹事でキレてしまった

投稿者:

 

どうもです。適当占い師いけのりです。今回のご相談内容に参ります。

 

「先日、飲み会の幹事をしました。参加者全員に同じように会場の場所を案内しているのに、辿り着けずに当日何度も確認連絡をしてくる人がいて、準備でバタバタしていることもあり、めっちゃキレてしまいました。。。」(30代・女性・お勤め人)

 

占い師めもたびたイベント等を企画して

開催すておるため、このご相談者様の

言いたいことメッチャわかります。

たとえば飲み会を開催する時など、

開催場所の情報として以下のような

ものを参加者さんに知らせマッス。

 

 

・お店の名前
・住所
・最寄駅(近い出口)
・電話番号
・ホームページのURL(なるべく地図)

 

 

誰が見ても同じ情報なのですが、、

辿り着けない人は着けないのです。

一緒くたにいかないのが人間界ナリ。

中には、当日参加決定の突然組で

案内がなくても店名だけ、もしくは

電話番号か住所を聞いて後は勝手に

調べて辿り着いちゃう人もおります。

…コレって個人の能力差なのでもう

しょうがないカナ~と思います。。

性別でも年齢でも土地勘のあるなし

スマホのあるなしでも違ってきます。

ここイラついてもいいこと那須与一。

あ、ただ、とある会社の人事担当者は

迷って面接に遅刻してくる人を今まで

採用したことないって言ってますた。

確認不足、時間管理など諸々のこと

すべてがそこに表れているからぁ~

だそうです。…ええ、ええ、まあ、、

飲み会くらいならいいですが入社後に

お得意さんにされたら困りますしね…

…うむ、そう言われると仕事がデキル

デキナイと、指定場所に時間通りに

辿り着ける着けないかちょっと無関係

ではないような気がすてきますた。

今、仲良くさせていただいている

80代のレジェンドの君、若い頃も今も

おしごつスタイルブイブイなのですが

お店の名前だけで普通にやってくる。

80年分の土地勘も凄いのでしょうが…

ここで思ふ。我々人間の人生とは、

毎日の1秒1分1時間1日1週間の

積み重ねであり、とすると

我々の日々のあり方は自身の

人生の縮図ということになります。

普段から何やら道に迷いやすい、

しまいにはお店に辿り着けない、

そのありさまはもすかすたら

そのお方の人生そのものを

体現すておるのカモ鴨長明。

(占い師さん、ソレ怖いナ。。)

 

迷わずゴール目指したいものですね。

…ゴール自体がない人も多いですが。

あ、ハイ、一緒にゴール作りますので

そういう方も遠慮なく連絡ください。

 

で、それより何より占い師がちょっと

心配なのはそんなことでイライラして

キレちゃうご相談者様の脳の状態。

 

よっぽどストレスが溜まっているか、

幹事とかが性に合わないかどっちか…

後者の方ならもう幹事やらなければ

ええ話ナリガ、前者の方ならば、、

ちょっと休養必要カモ鴨長明です。

そんなことでイチイチキレてたら

人間界で生きていくの大変ですどー。

 

で、イラっと来た時の応急処置ですが

相手(からのメール、LINE、電話)を

気が落ち着くまでしばらく放置する

深呼吸をしつつその辺を軽く一周する

をオススメしたいゆるゆる占い師です。

(上記は極楽天時代のテクニック)

 

イライラに限らず、感情が不安定な

時は呼吸が浅くなっておるそうなので

ええ、深~くぅ腹式呼吸深呼吸を!!

 

がしかし、コレあくまで応急処置です。

本当の本当におおらかで緩い気持ちに

するためには、そうですね、、一度

ストレスフルな生活をすべて捨てて

山にでもこもるのがいいカモ鴨長明。

ええ、最近ご相談に乗っている件で

中途半端にストレスを解消しても

ダメなのカモ鴨長明…と思われる

モノがありまして、ここのところ

思い切った飛び切りのオヤスミを

オススメするようになった占い師です。

現実世界から取り敢えず距離置こう!

「逃げを助長する気ですか?」

むむ、(楽天カードマンですか?)

逃避では那須与一、、そうですね、、

真剣な内観のための環境整備です。

あ、ちなみに山も噴火が心配な場所は

避けなるべくくつろげる温泉地などが

あるリゾート地をオススメすます。。

 

 

そんな中ご相談者様にオススメの

本はコチラのご本でございます。

 「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」

ええ、相手をお客様と思って…。 以上です。