気に障る一言を言う人が許せない

投稿者:

 

どうもです。適当占い師いけのりです。

今日のご相談内容に参りましょう~

 

「いつもいつも、何かと気に障る一言を言ってくる人がいます。。。気にならない方法って何かないですか。まあ、自分の心狭いだけなんですが」(30代・女性・オフィスレディ)

 

何やら気に障る一言を言ってくる人…たまにいますね。(恨み節ですか?)ちょっとこの人カチンとくるなぁって誰しも感じたことがあると思います。

気にならない方法か…こういう人ってコチラが地味に気にしているような点、触れてほしく那須与一な部分を巧みに突っついてくるので、それを言われて「気にしない」ようにするというのはなかなかにハードル高橋克典な予感。

わたすも他人のどうでもいい一言に心揺れ動かされないナリヨ~と日々修行すておるもののォ~、生理前等、ホルモンバランスが崩れる時期には(女は生理のせいにできてラクダ~)、ちょっとカチンとくるよセンサーが作動すてすまう時がたまにありますて

「あほかコイツ」

などと、心の中で汚語をつぶやいてすまったりする。(即反省しますが)わざと気にしているところを突いてくるんですもん、気になっちゃって当然と思うナリ。ご相談者様悪くない。

で、ここで突然ですが、(いつも突然)ちょっと妄想してもらっていいナリカ?複数人で会話をすておる場合など、その突きの矛先が自身ではなくって別の人に向けられていた時は皆さん、どう感じますか?

占い師めはそういう方を見かけるとすっごいなこの人と思ふ。どうすごいかというと、自ら他人から嫌われることを進んでやる行動力(?)嫌われ者を買って出るって、そうそうできるもんじゃありま千円!(茶魔語…)なので、その気に障るカモ鴨長明な一言を気にしないようにする方に意識を送らず、

「こ、この人すごいな…」

というリスペクトな気持ちになってみるというのはいかがでしょうか。空気の読めてなさとか、思い切りとか色々リスペクトできる点あるカモ鴨長明。すると、何やら小憎(にく)たらしい気持ちも薄れ高尚な気分に包まれる模様。あ、そうですね~自分から嫌われるようなことを口走ってかわいそうな人…と同情の眼差しを送ることもできますが

「同情するなら金をくれ!」(懐かしい)

の例もありますように、他人に対して同情心を起こすのは美しく那須与一。あ、ちなみに同情じゃなくて共感ならいいと何処かの誰かが言ってますた。がしかしここで共感って何かへんてこな方向にむかってしまうカモ鴨長明、故にここは軽めにリスペクトでいきませう。

というわけで、書いている方も何だかよくわからない感じになってきたのでそろそろ〆たいのですが大丈夫ィ~?そう、何か気に障ることを言われたら

「この人すごいな…でもまあ、自分的には圏外決定で。。。」

とリスペクトからの排除でいきましょう。こうして気に障るようなことを言う人は皆から排除されて最後は望まぬボッチ状態に陥る運命なので、、ええ、ええ、他山の石、自身は気に障るようなこと言わないように日々是精進しませう。