面倒くさい人を避ける方法か上手な対処法ってないですか

投稿者:

 

【面倒とは】
1 手間がかかったり、解決が容易でなかったりして、煩わしいこと。また、その様。
2 世話。
3 体裁が悪いこと。見苦しいこと。また、その様。

元々は、「目(め)どうな」の音変化。「どうな」とは無駄になること。見るだけ無駄なものが原義。面倒くさいのくさい(臭い)は、「?みたいで嫌な感じ」という意味。

則ち面倒くさいとは、「やるだけ無駄になる予感がする。」という感じである。

 

というわけで、(どういうわけか)今日のご相談内容に参りましょう~

 

「面倒くさい人を避ける方法か上手な対処法ってないですか」(20代・姫君・占い師)

 

 

最近、兼業で占い師を始めたという姫君。ちょこちょこ占いを頼まれるようになりお客様が増えてきたところなのですが、それにつれ、ちょっと「面倒な」感じのお客様の数も増えて来たという。。

で、そういう方と接していると自身が疲れる。何とか上手に避けたい…とのことです。ちなみにこのご相談者様の言う面倒な人というのはどんなタイプの人かと言うと

ネガティブ思考な人
いつも同じことを相談してくる人
文句の多い人

等々です。ハッキリ言いってよかか。そういう方々を面倒と感じる時点で修行が足らないか、、占い師、あってないカモ鴨長明と思ふ~。そういう方々にいい気分になってもらい、いい方向に導けたら導くのが、占い師の目指す占い師の天命の一つと思ふナリ。

そういう方々こそ!!という感じです。

面倒なんて言葉も使わない方が、ねえ、いいカモ鴨長明。嫌度増しちゃうヨ~ン。「難易度の高い」くらいでどうナリカ。そう、こういう方々が増えてきたのは、ご相談者様の占いテクが上がってきたことを示していると思い避けるどころかやって来たら両手でガッツリとハグしてあげるくらいの気持ちで迎えましょう。すべては神から試されているナリヨ~。

 

「でも、それにしたってどうしてもしつこい人とかいるじゃないですか」

 

あ、そう、そうですね、あまりにも何度もしつこく来られてご相談者様が病んでしまったりしたらアカンので、あ、もうこの人、次はもう無理だ、という人から連絡が来てスマったら

 

「すみません、廃業しますた」

「神から同じ方を二回占いしないように言われてます」(オカルティ)

 

でいかがですか。簡単な話です。


「それも冷たいような…」


ええ、ご相談者様が占わなくっても代わりの占い師はまだまだこの世にたくさんおるので問題、那須与一ナリ。まあ、コレをするとご自身の成長のチャンスを逃がすことになりますが…

で、この手の話って占い師という職に特有のことではないカモ鴨長明と思い、、暇人読者の皆様の中で、わーこの人面倒~と思う人がいる方がいたら、ぜひぜひ「難易度高い」と言い換えご自身が楽、精神的負担の少ない対応方法を模索すてみてください。

 

「適当占い師さんの対応方法は?」

 

えッ、ええ、…ソレを教えちゃうのは、ラーメン屋さんがTVの取材でスープに入れる秘密の隠し味をモザイクなしで公表しちゃうような感じ故、内緒で。(今日は、、もったいぶりますね)

其々の性格によっても違いますし。…まあ、、そうですね、、話半分で聞くくらいでいんじゃないですかね。(ソレちょっと適当すぎませんか!?)

話半分でもよければ占い師いけのりご予約いつでもお待ちしとります。。。(冗談じゃないよ)

そんな中、ご相談者様にオススメの本はコチラのご本となっております。

 

面倒くさい人とは距離を置こう。多分関わった時間無駄になるカモ鴨長明…