合コンでモテない自分。整形しようか迷ってます。

投稿者:

皇居ウォーキング@早朝

「ズキンッ。。。」

おや、この膝の痛み、、一体

何ダロウ、キダ・タロウ。。。

最近ちょっと膝が痛いんダナ…。

「普通に歩き過ぎでしょ!」

って声が遠くから聞こえてくる。

うぅ、、否定できんな、やはり

一日2-3万歩は歩き過ぎJAROうか。

でも歩くの止められないの!!

などと独り芝居をしていた日、

ひょんなことからクロスバイクを

もらえることになり、あああ!

神様が歩き過ぎだって言っている

とあらためて感じたウォーキング狂

神と交信すてます、いけのりです。

このクロスバイクがすごい乗り心地

がよくてですね、下世話と思いつつ

ネットで値段調べたら、な、なんと

じゃがりこ(定価)が1000個買える

お値段ですた。こ、この借りは体で…

で、乗り心地いいと言っても何やら

本格的なクロスバイク故、サドルが

アホみたいに硬いためお尻が痛い。

ミニクッション探し中です~。

 

 

というわけで、(どういうわけか)

今回の人生相談にいきませう~。

 

 

「顔のことで悩んでいます。
 目が二重だったらなと思い
 整形どう思いますか?」

 

 

ご相談者様は、都内の大手企業で

事務職をすておる20代半ばの姫君様。

背の君がほしいお年頃でありますが

合コンなどに行っても、所謂かわいい

姫君たちに殿方をもってかれてしまう

憂き目にあいまくって…切ない状態。

…目が小さくってかわいくないなどと

悩んでおるようですが、ええ、ええ

占い師から見たらそのつぶらな瞳から

性格の良さが滲み出ているいい娘さん。

何もいじらなくても…と思うものの

自身のカラダで気になるところって

薄毛相談と同じで人それぞれですので

こちらからはちょっと何も言えねー。

(北島康介、そろそろ古いですよ)

自らの顔に満足いかず美容整形って

賛否両論意見が分かれるところナリ。

特に人相学の中でも、顔の部分は

とっても大事な箇所。顔には本当に

大事なことがほとんど出てますのら~

一目で何やらわかってしまうのら~

(今度はいったい何キャラですか…)

で、わたすのこの顔何!?もう嫌~

などと、毎日ウジウジと陰な感じで

過ごすくらいなら、人生は一度きり、

変えるところ変えてパッと明るく

生きていったらいいではないか、

あなたのお顔ですお好きなように!

というのが占い師の考えであった。

ええ、ええ、せっかくご両親から

受け継いだその面、大事になさいな

なんて辛気臭い(?)ことは言わず。

嫌なものは嫌なんだからしょうがない。

ココを変えたい!という気持ちが心に

芽生えるのは至極まっとうナリヨ~。

なんですが、敏感な暇人変態読者の

皆さんは既にお気付きカモ鴨長明、、

「考えであった」

と過去形です。今は微妙に違うナリ。

自分の顔のことですから好きにして~

という基本的な考えは変わらんナリガ

近頃は手術をする前にもっとよ~く

考えた方がええカモ鴨長明ですよ、、

という慎重派寄りになっております。

それはなぜかというとですね、最近

ネット等でタレントさんモデルさんの

美容整形後の顔面崩壊や体調不良、

術後メンテナンスの大変さの記事を

目にする機会が激増すたからナリ。

整形って手術が終わったら一件落着、

永遠にその美状態が保たれるなんて

ことは保証されて那須与一である。。

すると場合によっては小さなことから

ちょっと想定外の怖~いことまで

様々なことが起こる可能性も生じ、

継続的メンテナンスが必要になる。

プラス、メンテナンス云々の前に

手術そのものに失敗する危険性も。

となると、、あんまりですね、軽く

「いんでないですかねーー」なんて

言えぬ。最後はご本人様次第ナリガ。

あと、我らはタレントさんのように

顔を売りにして生きておるわけでは

那須与一。そんなに顔の作りとか美に

こだわるよりは、顔については、

普通に嫌われない表情作りに努め、

あとは気遣いと優しさとトーク等を

磨く方に力を注ぐ方が何やら安全で

健全で自然な気がすておりますだ。

しかも、あえて危険を冒さなくても

今はお化粧で整形程変身できる時代。

占い師めなどは、自らの顔は十人並故、

ほかの所で勝負しようと思って、、

(自分のことよくわかってますね…)

日々、トーク術を磨いております。

(喋り過ぎって声が聞こえてくる)

合コンで殿方にまったくモテなくとも

かわいい姫君たちのハートを丸ッと

かっさらってくる自信はあるナリ。

(殿方にはいい迷惑ですよ、それ)

ええ、勝負処って人其々ですので、

顔に自信ないから何かつまらんわ~

(ご本人の思い込みもありますが)

ではなくて、人より秀でている部分に

目を向けてそこを伸ばす方にぜひぜひ

シフトしていってくださいませい。

そんな中、ご相談者様にオススメの

本はコチラのご本となっております。