何もしないからと言われて…

投稿者:

休日新宿の某デパート@昼ドキ

連なる巨大エスカレータで手芸店へ向かっていた占い師、、と、そこに見覚えのあるお顔の殿方と、知らん姫君のアベックが。

おお、あの殿方は彼女いないはずのガリ勉オタクの君ではないか!!!!(ドガリ勉のアンタに言われたくない)そして、これまたビックリすたことにガリ勉オタクの君とその彼女さんが、、エスカレータでチュッチュ始めますた。その様子を見て、

「欧米かッ!」

と心の中で独りツッコミ、愉快になって薄ら笑いを浮かべていたいけのりです。(気持ち悪い人ですね)なんか気まずいことになったら微妙故、見つからないように小さくなって事なきを得ました。(その辺は大人)

みんな、やることやってるんですね。

というわけで、(どういうわけか)今回のご相談内容に参りませう~。

 

「何もしないからと部屋に誘われました。…本当に何もされませんでした。私って魅力ないんでしょうか」(20代・女性・オフィスレディ)

 

年頃の姫君様にコノヨウニ直球で尋ねられて、

 

「そうですね、魅力があればそんなことにはなりませんな」

 

などと言える強者はどれ位いますか。ええ、ええわたすには言え那須与一。ので、こういう時はそうなってすまったご相談者様にとって痛くない理由をどうにかこうにか妄想し伝えます。

あ、ちなみに私事で恐縮ですが、、(いつだって私事ばっかりやんか)占い師めがまだ青臭い女子大生だった時代、、、、こんなことがあったな…。ええ、

ご興味ある方「占い師和製ハーレクイン」『運命の出会い-青いコートの君』をぜひぜひご覧くださいませ。(この宣伝よく出てきますね…)

古き良き時代の少女マンガほどのおトキメキ感は味わえるカモ鴨長明。

あ、また脱線すてすまたわ。戻ろう。で、ナゼ何も起こらなかったのか、、きっとですね、相手の連れ込みの君、本当は事を為したかったものの、いい人だったために姫君を思ひ、

そういう気持ちを押し殺していたか、緊張のあまり、うまく海綿体に血が通わなかったのカモ鴨長明。(表現がまどろっこしいですね)

あ、あとこんなのもアリンコです。今流行りの「ソフレ」系男子だった。

「占い師さん、ソフレって何ですか?」

アラ、教えてあげましょか(ドヤ顔)セクロスだけの友達がセフレでしょ、そしたらソフレは添い寝だけの友達。すごいですよね。○フレの盛隆が…フレをつけちゃれば何でもアリです。

で、周辺の殿方どもにコレコレ、今ねこういうのがナウいらしいナリヨ~とソフレへの反応を見てみたところ、

 

「世の中、腐ってますね」

「まったくもって理解に苦しむ」

「動物としての生命力が落ちているじゃないかね」

「芳香剤ですか?えっ?柔軟剤?」

 

という辛辣な声が寄せられますた。(最後の人は何なんですかね…)

というわけで、(どういうわけか)お相手の本当の気持ちはお釈迦様かご本人様にしかわからないものの、、(ここまで書いておいてですか)危険な目に遭わなくてよかった。ということで神に感謝しましょう。

そんな中、ご相談者様にオススメの本はコチラのご本となっております。

男が「本当に考えていること」を知る方法 (王様文庫)

まあ、本当に聞いてみないとわからんばい!