一歩一歩着実に歩んでいた社長への道…彗星の如く現れた会長の娘婿に奪取されることになりました。

占いのお客様が妙なメッセージTシャツを着ており激写。

どうもです。2016年流行語大賞の新有力候補的な存在のはずの「アモーレ」が、既に流行語大賞過ぎた後の、使ったらちょっと痛い人認定な言葉化している…と感じているのはわたすだけでしょうか?

今日はアモーレより、アローラの方が気になっている占い師のいけのりです。

ええ、ええ、やわらか銀行の孫氏の後任と期待されていたアモーレ・アローラ副社長が電撃退任…インド人もビックリですね。(古いよ、ってゆうか名前間違ってますよ)

うむ、、報酬の165億円はどこへ?やわらか銀行の平均年収で換算すたところの何人分なんでしょうね。

ちなみに、アローラ氏はインド人。ええ、ええ、何気に高度にギャグが入り乱れております。(どこが高度なんですか…)

 

そんなこんなで今日のご相談内容に参りましょうか。

 

「今月、取締役会で次期社長が決まる予定です。自分は叩き上げでこの会社で何十年と働き、役員まで上り詰めました。次期とは言わないまでも社長の座も夢ではないと思っていたところ、状況が一転。関連会社の役員をしていた会長の娘婿(自分より5つ年下)が、会長からの猛烈プッシュで社長候補に挙がり、新任が濃厚となりました。

そうなったらなったで、しょうがないとは思うんです。会長が溺愛する娘の婿を推すのは、当然のことでしょう。がしかし、なかなかやっぱり、、納得いかない。悔しくないと言ったら嘘になります。

こんなこと、他の人には相談できないし。あ、これ、いけのり占い師はいい加減ブログに書いちゃうんでしょうけど。せっかくなので面白おかしくお願いしますわ。」(50代・殿方・役員)

 

ええ、ええ、書いていいよというお許しが出たという解釈で早速、書いてます。

ああああ〜粛々と頑張っていたところに、、突然の無敵プリンス登場…うむ、、悔しい話ですね。お気持ちは痛い程わかります。

でも本当、こういうのってしょうがナス〜なんですよね。

 

「この世をばわが世とぞ思ふ望月の 欠けたることもなしと思へば」

 

の歌で有名な、当時、向かう所敵なしの権力者藤原道長も、政略結婚からの、政略結婚からの、政略結婚で、血縁から攻め地盤固め、その地位を強固なものにすた。

 

平成の此の世でもそれは同じ。有利な血縁関係を作った者勝ちの時もあります。

 

で、思ふに、、その新社長に抜擢されそうな婿殿は、そもそも逆玉の輿に乗った(会長さんの娘さんのハートを射止めた)時点で、器量も度量も飛び抜けている君カモ鴨長明。

ええ、ええ、その会長さんは、風の噂で聞くところによると、大事な御嬢様をへんちくりんな殿方と結婚させたりはしない厳しか君のよう…

結婚の時点で、将来会社を任せてもいい男とすて、娘婿の君は選抜されている予感です。

更に言うと、結婚までは奇跡とすて、その娘婿の君が、ただのアホとか人徳も実力もなにもナスな殿方だったら、

いくらかわいい娘さんの婿と言っても、その会長さんも婿殿を社長に推薦すたりスナイデル〜と思ひ、、

その君がやっぱりナンダカンダ凄い人であるのは、変えようのない事実な予感です。

なので、、、御相談者様!!

もすも今の会社で末長く頑張っていくのですたら、「娘婿と愉快な仲間たち派閥」(山本太郎?)を率先すて作って、幹事長的存在になり、

娘婿の君を立てて立てて立てまくるのが、次の道(副社長?)が拓ける方法の一つカモ鴨長明と思う占い師です。

えッ?プライドなさ過ぎ?

 

 

「人はプライドを捨てた時、何でも拾いたい放題になれる」

 

 

って、名言風迷言、今作ってみますた。(即席かい!)

ええ、ええ、状況は刻々と変わり、人生、今後も何が起こるかわかりません。

今この状況で御自身が一番いい方向にいけるように

プライドと妬み嫉み、理不尽だなぁ〜という思い等、陰な感情は全てその辺の道端に捨て、臨機応変にぜひぜひ!

 

娘婿の君が失脚の憂き目に遭う可能性もなくはないので、その日に向けて粛々と…(前向きのようで後ろ向きですね…)

ヤクとアルコールとオナゴには逃げないでくださいね。

 

以上です。

About ikenori 983 Articles
占い師。一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。その後会社設立。これまでに占った人数は、6,000人以上。口癖は「さすがーー」。