世界を動かす巨人たち

【読書】「世界を動かす巨人たち〈経済人編〉(池上彰)」贅沢しないお金持ちってかっこいいですね。

投稿者:

 

どうもです。まだまだ池上彰氏の御本を乱読中のナマケモノ占い師ですが、今回もハッとして! Goodな池上氏本を共有させていただきたいと思います。

本日ご紹介したいのはコチラの御本です。

 

世界を動かす巨人たち 〈経済人編〉 (集英社新書)

内容紹介

池上彰が、歴史を動かす「個人」から現代世界を読み解く人気シリーズ、第2弾!

この11人こそが、真の「実力者」だ!
アマゾン、グーグル、マイクロソフト、フェイスブック、アリババ、等々―――。
世界を激変させた創業者たちは、どんな人物で、いったい何を考えているのか?

時に、政治権力者以上の、底知れぬ実力を発揮する大富豪たち。
だが、かれらの来歴や人となりは、よく知られていない。
池上彰が注目するのは、次の11人である。ジャック・マー(アリババ)、ウォーレン・バフェット(大投資家)、ビル・ゲイツ(マイクロソフト)、ルパート・マードック(メディア王)、ジェフ・ベゾス(アマゾン)、ドナルド・トランプ(不動産王、米国大統領)、マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック)、ラリー・ペイジ&セルゲイ・ブリン(グーグル)、チャールズ・コーク&デビッド・コーク(ティーパーティー運動の黒幕)。
かれらが何者かを知らずに、国際ニュースは語れない!

 

 

皆さんは子供の頃、偉人の伝記を読みますたか? また、その中で憧れた人はいますたか?

わたすが覚えている伝記は、ヘレンケラーとキュリー夫人です。あとは読んでないか、覚えてません。人の人生に興味がなかったからですね、きっと。

キュリー夫人は最初、名前がキュウリのようだ…というところから興味を持ち始め(極限の浅瀬)、なんか凄い難しい発見をした自分には無理っぽいそのカッコ良さに憧れ、しばらくキュウリブームが続いたのを覚えています。

 

で、今ですね、子供の頃よりも全然ッ、「この人はどうしてこうなったんだろう、どういう人なんだろう」とネタ探し的に気になっている人がたくさんいるわたす。

この御本に出てくる巨人たちはマードックとコーク兄弟以外、気になっていた人々だったので、さすが池上無双…と、速攻で購入。

一人あたりのページ数が20〜40ページ程なので、とてもコンパクトでよか感じですた。そんでもって、ハナっからまったくの圏外だったメディア王マードックは、読んでもピンと来ませんですた。

ええ、ええ、宇宙的に言うと違う星の人のように思えますた。

 

一方で、やっぱりかっこいいのは小浜の賢人。(正しくはオハマ←アメリカにある超田舎町)

自らは修行僧のような生活を送りながら、自分の才覚で儲けた【4兆2,000億円】を慈善団体に寄付するという強者です(誰のことはわからない方は本書をお読みください)。

寄付できますかね。普通無理ですよ。ええ、ええ、使い切るのも大変ですが。

このオハマの賢人については、他の書物で散々読んでいるため(伝記は出ていないのですが)、復習という感じですたが、10年後くらいにはもう秋田に帰って、畑仕事でもしながら執筆や編集してのほほんと過ごしたいと思っているナマケモノ には響くものがありますた。

 

また、毎日買い物しているAmazonの創業者ジェフ・べゾフもマックスカッコいいですね。

短期的な利益を追求せず、ユーザーの使い勝手を最優先にして超長期スパンで物事を考え、無理難題を技術者にぶつけるCEOべゾフ。

最近ですね、起業したての企業の経営をサポートするコンサルタントの友人が、コンサルしてる先の社長にまったく儲かるアイディがなく、しかも社長が社員に儲かる事業を考えて収益化しろという、

トンデモ新規事業発令

を出すケースを立て続けに見て、そういう会社からは手を引くことを決意したと言っていたのですが、べゾフがそんな発令を聞いたら意味がわからないだろうな…

ええ、ええ、ベンチャー企業は特に、TOPの人間が死んでも実現させたい! という事業を集まってきた有志が頑張って実現させるというものかなと思ったりするので、なんかちょっと変ですね。

まあ、色々な会社の形がありますのでこの限りではありませんが。

 

そろそろまとめに入りましょう。

功を成した人がどうしてそうなったのか(何故そういう性格になったのか、何故それをする機会に恵まれたのかなどなど)を知るのって、興味深いことですね。

ええ、ええ、もちろん十人十色ですので、まるっきり同じように真似して生きることはできませんが、何か知っておくと得(徳)する重要な要素はきっとありますもんね。

 

わたすは日本人版のナポレオン・ヒルをやるのもちょっと夢だったりするので、功を成した方々の人生を、失敗談や危なっかしい話を中心に面白おかしくまとめる仕事とかもいいですね。

 

ええ、ええ、何をもって「功を成した」とするのかは議論の余地のあるところですが。

資産家でも気持ちがさもしい人や、ただガメツイだけの人のことは取り上げたくないですね。(誰のことですかソレ)

ちなみに、もし日本版現代版のナポレオンヒルを書くことになったら、わたすのピックアップチェックリストの一番最初の項目は、

「多くの人に、死なないでほしいと思われている人か?」

ですね。(最初っから重たいですね)

以上です。

 

目指せレビュー100件!「YouもMeも宇宙人」発売中↓ 

 

 

以上です。