TOP | ささやき | 記事一覧 | お問合せ

【読書】「おとなの教養」(池上彰)多ジャンルの基礎的な教養が欠けているカモ鴨長明と不安な方はぜひ。

◆レビュー

 

どうもです。今回「YouもMeも宇宙人」で見せた、専門分野にわかガリ勉からの一般向けに「ゆるく」解説本の書き下ろし(権威による監修付き)ビジネスを確立させたらいいのにと言われて、そうカモ鴨長明と思い始めているナマケモノ占い師です。

ええ、ええ、確かにこの「にわかガリ勉ゆるめ解説書き下ろし方式」は、どのジャンルにも応用できそうですね。ご相談お待ちしております。(既に次回作の準備に入り中ですが…)

 

そして、まだまだまだまだ…知らないことが大杉栄で恥ずかしいなと突然思い立ち、勉強のために池上彰氏の本を大量購入してみたますた。

その中から今回ナマケモノ 占い師がご紹介したいのはこちらです。

 

おとなの教養 私たちはどこから来て、どこへ行くのか? 池上彰著  (NHK出版新書)

 

 

あ、ここで話は少し脱線しますが、、「ナマケモノ とか言ってる割に普段全く怠けていないではないか」というご意見を頂戴しますた。

ええ、ええ、いつも一切怠けてないですね。ジッとしていたり、怠けていると不安感に苛まれるのはちょっと病気かもしれません。(生き急いでますね…)

そうそう、だからナマケモノ に憧れ、ナマケモノ になろうと提案し、被り物まで作って実行に移そうと頑張っているのです。

 

 

…人間、いくら頑張っても、努力する方法を間違えるとゴールには決して辿り着けないことのいい例ですね。

 

 

で、話を戻して、池上彰氏って本当いいですね。本を読んでいると池上の君から優しく話しかけられているような気持ちになってきます。

○○なんですねぇ〜的な。

ええ、ええ、これは何気にわたすめが目指している方向性ですね。会話するように本を読んでもらう。

えッ? お前と池上さんじゃ全然違う?  まあ、そうですね。

ちなみに太宰治氏とか江戸川乱歩の著作物も作品によってはかなり陰湿な感じではあるものの、そんなところがあります。

わッ、なんかこの人わたすだけに話しかけてる〜?みたいな。ええ、ええ、こちらの思い込みなんですけどね。

 

ああ、また脱線すた。話を戻します。本書は、7つの分野で、

「これくらいは知っておかないとホモ・サピエンスとして、いや、日本人としてDOなの?」

という基本的なコトについてわかりやすく解説してくれています。

 

[目次]
序 章 私たちはどこから来て、どこへ行くのか?――現代の教養七科目
第一章 宗教――唯一絶対の神はどこから生まれたのか?
第二章 宇宙――ヒッグス粒子が解き明かす私たちの起源
第三章 人類の旅路――私たちは突然変異から生まれた
第四章 人間と病気――世界を震撼させたウイルスの正体
第五章 経済学――歴史を変えた四つの理論とは?
第六章 歴史――過去はたえず書き換えられる
第七章 日本と日本人――いつ、どのようにして生まれたのか?

 

わたすはもちろん、第二章の宇宙から読み始めますた。お好きなところから読めるのが、またいいですね。

第六章の歴史のところでは、普段からボンヤリ思っていたことを、まさにーそれですよね的に文字に起こしてくださっており、本当読んでよかったです。

また、銭ゲバ時代を生きる我々的には、第五章の経済学のところは必須ですね。

アダム・スミス →マルクス → ケインズ →フリードマン

の流れを説明できない方はぜひ。まあ、説明できたところで儲けにつながるかと言われるとそうでもないカモ鴨長明ですが。ええ、ええ、教養としてぜひ。

しかも2014年に出された本なのに、2017年度のノーベル経済学賞を予見させる終わり方がさすがです。

 

というわけで、GWの読書にもぜひどうぞ。

 

こんないい本がAmazonで7円で買えます。世の中間違ってますね。

ってゆうか、小中学校の導入教科書みたいなのにしたらいいのにと思いますた。

お子さんにもぜひぜひ。

 

以上です。

 

 

◆レビュー
【読書】「書く力 (池上彰)」現状の文章力にいくばくかでも不安があるなら読んだ方がいいです。

 どうもです。まだまだ池上彰氏の御本を乱読中のナマケモノ占い師ですが、今回もハッとして! …

◆レビュー
【読書】「世界を変えた10冊の本 (池上彰)」薄っぺらい自分に少しでも厚みを付けたいならコレ。

 どうもです。池上彰氏の御本を乱読中のナマケモノ占い師ですが、全部紹介していたら大変なこと …

◆レビュー
【読書】Universlogy(ユニバソロジ)は壮大な哲学だった…「宇宙からの贈りもの」(毛利衛)

 どうもです。先日、畏れ多くも「YouもMeも宇宙人」を宇宙飛行士の毛利衛さんに献本してみ …