【社会】「#あたしおかあさんだから」が大炎上! ならば占い師も「#わたす占い師だけど」で参戦だぁ~

 

どうもです。ネット界は今年も炎上、炎上、また炎上。

今度は元うたのお兄さんが歌う「あたしおかあさんだから」がボーボーと燃えておりますので、皆さんにも共有です。

 

元うたのお兄さんの「あたしおかあさんだから」が炎上するワケ

人気番組「おかあさんといっしょ」でうたのお兄さんを務めていた「だいすけおにいさん」が歌う、「あたしおかあさんだから」がネットで炎上している。作詞をおこなった絵本作家の「のぶみ」さんが、自ら「感動した」という自信作だった。

早起きし、子どもに好きなおかずをあげ、テレビのチャンネル権もすべて子どもに譲るお母さんの生活が、「あたしおかあさんだから」という繰り返しのフレーズに挟み込まれて描かれている。最初に見たときには、最後になにか「オチ」があるのかと思ったのだが、なかった。割と単純に、お母さんの献身を強調する内容なので、まだ「燃え」ている(全文はコチラから

 

これを読み(聴き)、

「おかあさん、がんばってますね。引き続き、ふぁいと~」

でいいと思うのですが、いかがでしょうか?

ええ、ええ、今回はがんばっているアピールが如何ともしがたいという方々が燃えているようです。

 

この騒動の教訓は、「がんばっているアピールは、ほどほどにしよう」ということでしょうか。

ええ、ええ、生きていくって皆それぞれの大変さがありますしね。

何事もその境遇になるように選んだのは自分自身であるので、どんな状況でも文句を言わず飄々と…できたらいいのですが、なかなかそうもいかないものではあります。

 

わたす自身はお母さんになっていないため、お母さんと言えば母おふさですが、

母おふさは、子供のわたすが言うのもなんですが、何でも飄々とこなすよき母ですた。

(あ、まるで死んだような書きっぷりですが、まだ生きてます)

母おふさの姿勢は、

 

 

基本、放置。

 

 

ええ、ええ、自営業の仕事が忙しくって、子育てどころの騒ぎではなかったのです。子供が生きるのに必要最低限のことだけ(衣食住)は、しっかり施してくれますた。本当どうもです。

というか振り返ると、小さい頃から致命的でないこと以外は、放置くらいの方が自分で自分のことをやるようになるので(時に人のことまで)、手取り足取り育てられなくてよかった…という気がしますね。

ちなみに、学校だよりとかPTA・授業参観の案内とかも、どうせ読まないだろうと思い、親に渡さず普通に捨ててました。親の仕事を余計に増やさない親孝行な(?)子供ですたね。

 

話が脱線したので戻しましょう。

また、この「#あたしおかあさんだから」に対して、

「#あたしおかあさんだけど」
「#おまえおとうさんだろ」

というツイートが相次ぎ、面白き様相を呈しております。ええ、ええ、こ、これは…「#わたす占い師だけど」の出番ではないでしょうか。(誰もアンタの出番なんか待ってないよ)

というわけで、皆さんに送ります。今、目下休業中ですが聴いてください、「#わたす占い師だけど」。

 


 

「わたす占い師だけど」

歌:いけのり 作詞:いけのり

 

朝のTVの星座占いコーナー見たり

雑誌の後ろにある星座占い目にして

こんなの誰が信じてるんだと思う

占い信じてないの

わたす 占い師だけど

 

地球の人口76億人

12(月)で割ったら

633,333,333人が同じ運勢?

お誕生日占いだとして

365(日)で割っても、

20,821,918人が同じ運勢?

それありえなくないですか?

わたす 占い師だけど

 

まあ、背中を押してほしい時に

占いは結構有効なカモ鴨長明…

でも迷っている時一番いいのは

占いじゃなく「あみだくじ」

わたすはいつもあみだくじしてる

わたす 占い師だけど

 


 

うむ、結構な問題作に仕上がりましたね。

あみだくじって「阿弥陀如来」のくじなので、凄いんですよ。

まあ、顔見て手を触っての占いは、、、色々と感じることがお伝えできるのでこの限りではありませんが(逃げた)

対面占いを辞めた人が言えることじゃないですね。てへ。

 

以上です。