【社会】中学生コンパニオン労働が問題なら、「お金ちょーだい」と吠えているだけの赤い羽根募金活動もどうかと思うのですが…

 

どうもです。色々と一段落すてきたため、待ちに待った久々の更新です。(えッ、誰も待ってない? 寂しいね)

この間ですね、四ツ谷駅付近をウロウロすていたところ、かわいい女子中学生たちが総勢50-100人体制で「赤い羽根募金」の募金活動をすていますた。

もちろん足早に去って(もちろんって何ですか)、募金はしなかったのですが、ええ、ええ、わたすは赤い羽根募金ってあまり…どうかと思うんです。

そんな中、気になるニュースを発見。赤い羽根募金は一旦置いといて、一緒に考えてもらえたらと思い、そちらを共有させてください。

 

児童福祉法違反 中学生8人をコンパニオン容疑者逮捕

15歳未満の女子中学生をコンパニオンとして働かせたとして、札幌西署は4日、札幌市中央区のコンパニオン派遣会社「ノースバンケット・プロデュース」取締役、斎藤美紀容疑者(42)を児童福祉法違反容疑で逮捕した。

 容疑は、今年1~8月、札幌市などに居住する13~14歳(当時)の女子中学生8人を市内のホテル8カ所に派遣し、延べ24回にわたり、酒をつがせたり会話の相手をさせたりしたとしている。

 道警によると、斎藤容疑者はコンパニオンの採用などを担当。中高生のコンパニオンは約50人いたとみられ、紹介料1000~2000円を支払い、知り合いを紹介するよう持ちかけて中学生まで広がったとみられる。

 中学生には2~3時間で5500~8000円を支払っていた。中学生の親から警察に相談があり、発覚した。(毎日新聞ニュース)

 

配布していたマニュアル。勉強になります。新社会人に配ったら とか言うと今はセクパワハラになるようです。

 

まあ、問題ですよね。

児童福祉法違反とかそんなのの前に、もしわたすが母親で自身の娘が中学生でコンパニオンバイトをしていたら、これはだいぶ心配な感じです。

なぜそんなものを引き受けた!? と両頬を叩いて家に入れないカモ鴨長明。

ええ、ええ、大人にお酒を注いだ・ちょっと高給取りのバイトってくらいなら、結婚式や法事で親戚のおじさんとかに御酌する機会もありますし、

わたすが中学生の時は、実家で年末年始シーズンにはお年玉代わりに割りのいいバイトをしていたので(朝も夜も)、全然いいと思うのですが、

子供のコンパニオンバイトというのは、お酒を注いだところで終わらず、何もわからぬ中学生相手に次のステージに移行する可能性を秘めていそうではないですか。

次のステージとは、そう、「おじさんとちょめちょめしない? もっとお金あげるよ〜」という世界です。

大人のコンパニオンさんならこんな目に遭っても、エロおやじめがと思いつつも上手にかわす手段を身に付けているでしょうが、中学生の姫君様達はどうでしょうか。

キモい…とトラウマになったり、よくわからず騙される確率が大人の姫君様達より多分高橋克典です。

故に分別がまだつかない中学生に、夜のホテルでコンパニオンのバイトをさせるなんて、とんでもナスです。

 

というか、学生さんはお金を稼がなくていいので、勉強か部活動をして、もっと脳と体を将来のために鍛えてほしいなと思う占い師です(自分の事は棚に上げる)。

親御さんもそう教育(というか、洗脳でも…)してあげられてたらこんなことにならなかったような。

 

学生の仕事は、御酌ではなく勉強だっぺ(偉そう)。

 

そして、最初の赤い羽根募金の話に戻りますが、、、これ、コンパニオンのバイトと同じくらいしない方がいんでないかなーと思ってしまう占い師です。

だって、街頭に突っ立って、

 

「お金くださいーー」

「ねえねえ、お金ちょーだいヨー」

 

って、子供を使ってその辺の善人からお金をむしり取ろうとしているようにしか見えない。

えッ? その言い方あんまりだって? もっと的確な表現、いつでもお待ちしてます。

 

あ、そうそう、ちょっと話は飛びますが、先日、選挙のTV討論会で自民党のトップがですね、背広に赤い羽根をつけて出演すてますた。

わたすと違って進んで募金をしたのでしょう。

がすかす、わたすは赤い羽根募金のサイトで使い道などをチェックすますたが、御国の予算がうまく回っていたら、赤い羽根募金は、全く必要のない運動のように見受けられた次第です。

 

 

よく恥ずかしくもなく、羽根をつけてられるっぺなぁ〜と思ってすまった。

 

50-100人の女学生は、お金ちょーだいと訴えるよりも、近くの福祉施設で肉体労働をした方がよっぽどいいと思います。いかがでしょうか。

学生の仕事は集金ではなく福祉体験だっぺ。

 

それか、その辺の人に何の戦略もなくお金クレクレと言うのではなく、企業の役員とかにCSRになるような活動の提案のプレゼンでもして、お金のあるところから戦略的に引っ張って来て、自ら活用する練習をしてもらうのはどうでしょうか。

お金だけ集めるのって、学生さんがやる事じゃないと思うんですよ。

ええ、ええ、集金はウシジマくんに任せて、学生さんはもっと頭を鍛えてほしいっぺ。

 

以上です。