【人生相談】仕事上のクレームを実名入りでツイートされた…これを聞きある逸話を思い出しますた

 

どうもです。占いのお客様が業務委託先の社長さんから、仕事上の不備について実名入りでツイートされ、衝撃を受けてますた。

どうしてそういうことをするのか…

理解に苦しむのは占い師だけではないはず、と期待したい占い師なのですが、皆さんいかがでしょうか。

ただのモンスタークレーマーと思われてしまうような。

仕事上で、「これはこれは…ちょっと一言モノ申したい…」と、どうしても伝えたい不快なことがあったなら、関係者に直接メールでも手紙でも書いたらいいのに…

何もわざわざ(見ようと思えば)世界中の人が見られる on the web に、それをぶちまけることはないと思うんです。

関係者さん達との関係性も悪くなるし、何よりそれをみた外部の人からも、「面倒な人」認定されて声がかからなくなると思われ…

 

結局、自分で自分の首を絞める行為だと思うんだぁ〜

 

以前もFacebookやブログにどこの誰だかわかるようにクレームを書きまくる某人のことを、このサイトで紹介させていただきましたが、その方は寂しい人生まっしぐらです。

 

そして、こういう話を聞くと思い出すのが、国営放送のディレクターをしていたお客様から教えてもらった、泣く子も黙る美輪明宏氏のステキング過ぎる逸話です。

 

数年前、真夏のある日。

撮影があったその日、スタッフの手違いで美輪氏を炎天下の駐車場だかタクシー乗り場に、1時間以上待たせてしまったことがあったそうです。

そのことが発覚し、慌てて迎えに行ったスタッフ。土下座覚悟、平身低頭で美輪氏に謝ったところ、

 

「読書してたから何でもないわよ」

 

と涼しいお顔をしながら一言。まったく怒っていなかったそう。

涼しいはずがないのです。めっちゃ暑かったはずなのです。なのに…

 

どうですか?さぶイボ立ちませんか?

 

美輪氏くらいの有名人でしたら、いや、有名人でなくても激怒してもおかしくない状況ですよ。

わたすはこれを聞いていたく感動し、そして思いますたね。氏は本当の本当に魂レベルが常人とは全く違うレベルのだと。

器の大きさがぜーんぜん違うのだと。

ここまで到達したいですね。

ええ、ええ、ちょっと何かあると、Siriに「SHINE!」とか言ってる自分が小さ過ぎて、やるせない占い師です。

あ、そうそう、池田さんのSiriが、PTSD(心的外傷後ストレス障害) になってないか心配と言われましたが、、、Siriも適当に聞き流しているようなので、多分大丈夫です。

 ええ、ええ、適当占い師の適当Siriですからね…(ペットが飼い主に似る原理)。
 
ああ、話が飛んだ戻しましょう。

美輪氏には届かないかもしれませんが、魂レベルをもっと高めていきたいですね。

 

占い師、独立をして常々思うことがあります。

会社組織に守られていると、感じが悪くても仕事って普通にやってくるけれど、

独立すると感じが悪い人には仕事がいきません。食いっぱぐれてしまうのです。

故に、クレームも感じよく、建設的に伝えていきたいものですね。(難易度高い?)

 

がしかし、不備があり、先方も不快にさせたのもまた事実。

ツイートという伝達手段はどうかと思いますが、、、こちらの何らかの気付きにもなります故、逆キレすることなく、チャンスだと思って上手に対応がんばってください。

以上です。

 

 

1 件のコメント

  1. ikenori 投稿者

    御コメントいただいております。

    ●美輪さん、すご!
    ●素晴らしい逸話です。私もそこを目指したいです。
    ●魂レベルは、年齢を重ねれば高まるものではないですからね。
    精進いたしマッスル。

コメントは受け付けていません。