【驚愕】松茸を食べに行こうと思ったら、コースが1人5万円以上した件。

 

どうもです。秋です。

待ちに待ったきのこシーズン到来の中、いつもきくらげ(木須肉)ばっかりな

マッシュ☆池田。(今回は占い師ではなく、マッシュキャラで)

マッシュ☆池田

 

たまには松茸でも食べに行くっぺか〜ということになりますた。

そんなこんなでお店を調べていたところ、アホみたいにお高いお店を多数発見すたため、皆さんにも共有したく。ええ、ええ、お金の使い道に困っている読者の方が結構いると思いますので、ぜひ行ってみてください。

 

では早速始めましょう。

 

まずは有名どころ(らしい)ココ。


3位 銀座 和久多

 

松茸がてんこ盛りです。何だか季節感があってとってもいいですね。

土瓶蒸し好きだ…

ちっちゃい時、田舎のせいもあり松茸が食べ放題だったマッシュ☆池田。調理方法がほぼ土瓶蒸しだったのです。ええ、ええ、土瓶蒸しは母おふさの味です。

 

で、コースのお値段はこんな感じです。

 

 

最低11,000円、最高19,000円。

 

ええ、ええ、松茸だもんね、という感じですが、、、これ、松茸をエリンギに替えたらどんな感じなでしょうか(季節感は何処に…)。

 

次、いきましょう。

 

2位 旬坊

松茸5

 

六本木GRAND HYATT内の和食屋さん。

松茸を心行くまで堪能できるという、松茸づくしのフルコースは 「松茸会席」25,000円。

ちなみに、この25,000円は正確には25,000円ではない。

消費税とサービス料が別なの。

サービス料は大体10%で計算するとすて、消費税と合わせて約2割増になるので、30,000円くらいですね。(和久多も別だったので各自計算を…)

 

 

 

そすて、いよいよ、大トリです。

 

1位 松茸屋 銀座 魚松

 

滋賀県で松茸食べ放題を展開する株式会社魚松。この秋、銀座に進出!ということでちょっと話題らしい。

元々は一生分の松茸を7,000円で食べられる「暴れ食い」が名物の業態故、

 

銀座でもその路線で暴れてもらいたかったのですが、別方向に暴れてます。

 

銀座店でのコースはこちら⬇︎

 

2万円かぁ〜2位より安くなっとるやんか、と思ったそこのあなた。これは一番安いコースですよ。ほれほれ⬇︎

 

さ、35,000円かぁ、、、御祝いレベルだぁ〜と思ったそこのあなた。まだまだ。これで真ん中コースです。

 

占い師がギョッとすたのはこちら⬇︎のコース。

 

ご、5万円か…いいコート買えますね。

松茸食べさせてくれなくていいから、この際コートを買ってもらいたくなった占い師です(秋を飛び越え、一気に冬支度へ)

というか、、、松茸って言うか、メニューをよく見ると、いつの間にかメインが近江牛にすり替えられてますね。

 

そすて、、これ以上はないだろう…と高を括りながらも念のため検索を続けたところ(真面目だね)、

見つけてすまった…大トリの大トリはこちら⬇︎

 

 

真の1位 ぎんざ 山路

ぎんざ 山路

 

【松茸コース】が59,400円です。

山路メニュー

 

 

ええ、ええ、貧乏性っぽくて書いてて嫌になっちゃうのですが、マッシュ☆池田がいつも行ってる六本木のジンギスカン食べ飲み放題(5,000円)に、12回も行ける値段なんだぁ〜。

  でもでも〜松茸のコースではなく、松茸そのものの値段を見ても、値が張るものはものは張るので

1本で3万円とか→丹波松茸

そういうものなんですね。と思いますた。

というわけで、松茸はもういいから(ネットサーフィンでお腹いっぱい)、やっぱりジンギスカンに行くことになりますた。

 

11年通っているお店がこちらでっし⬇︎

 

六本木 だるま

あのですね、羊は癖があって…と言われる人がいらっしゃいますが、ラム肉は全くもって癖がない。

豚肉よりも牛肉よりも癖がないカモ鴨長明。

 

しかも羊肉は、Lカルニチンという物質が豊富に含まれており、食べても太らないんだぁ〜

逆にカロリーを消費してくれるそうです。

 

…とかなんとか、素人があんまり書くとWELQみたいになるので、これくらいにしておきますが、とにかく結構な量を食べても、もたれないお肉です。

というか、何より焼いてるのが楽しいしぃ〜。ジンギスカンだるまオススメです。

 

っさ、、行ってくるっぺ。

 

あ、ちなみに、一休で松茸コースを検索すたところ、27,000円-のが出てきたので、2位も3位も変動があるのですが、面倒なのでこのままで…

 

以上です。

 

 

About ikenori 983 Articles
占い師。一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。その後会社設立。これまでに占った人数は、6,000人以上。口癖は「さすがーー」。