【時事】Jアラートに「うるせー」とか言っている人は、守ってもらっている事がわかってない

 

どうもです。北朝鮮がまたまたミサイル発射、Jアラートが早朝から鳴り響く中、ホリエモン氏の発言を取り上げるこんな記事を発見すますた。

 

 

堀江貴文氏、Jアラート批判再び「クソはクソ」

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(44)が、再びJアラート(全国瞬時警報システム)に対する批判を繰り広げた。

 堀江氏は先月29日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことでJアラートが発令された際、ツイッターで「マジでこんなんで起こすなクソ。こんなんで一々出すシステムを入れるクソ政府」と非難していた。

 今回もJアラートが作動。堀江氏は「今回はたまたまシンガポールにいたからあのクソJアラート鳴らなくてよかった」と“被害”を被らなかったことを喜んだが、「あの安眠妨害装置なんとかならんのかな呆」「クソはクソだろ」「なんの役にたつ?叩き起こされてなんかいいことあんのか?ボケ」と不満をぶちまけた。

(全文はコチラから)

 

 

Jアラートいるいらない問題…

 

クソだのボケだのヒドい言いようですね、ムフフ。

賛否両論ありますが、ぶっちゃけわたす自身はどっちでもいい占い師です。

何故なら、常に携帯の電源が切ってあるため、Jアラートが鳴らないからです。

 

ポーケーベールが鳴らなくてぇ〜♪

くらい、Jアラートも鳴らない(懐かしいね)。

 

いまだに生のJアラート音を聞いた事がない、Jアラートバージンです。アハ。

ええ、ええ、この間も今回もですね、仲間たちが話しているのと、母おふさからの5,6時間遅れのメールで鳴ったのを知ったズラ。

禅の精神から言うと、あってもなくてもいいものはない方がいいので、なくてもいいのカモ鴨長明ですが、今のところ意味なくても、そのうち本当に大事な局面がくるかもしれませんし、

この平和ボケすた我々日本人の危機感を煽るために、必要な気もしますね(アンタが一番ボケてるよ)。

 

がすかす、危機感を煽る通り越し、Jアラートが鳴っている人は、

 

「Jアラート詐欺」

「Jアラート被害」

「Jアラート鳴った死ね」

 

くらいの語り口調でJアラートへの迷惑を訴えているので、やっぱりない方がいいカモ鴨長明ですね。精神衛生上よろしくなさそうですね。

うむ、そんなに嫌なら、モーニングミサイルが主流のようなので、深夜〜9:00くらいまではスマホの電源切ってたらいいカモ鴨長明ですね。意味ないですが。

 

そんでもって、Jアラートの仕組みやらの解説をボケでもわかるよう、細やかにSPA!が解説すてますた。

読んでおいた方がいいと思います⬇︎

コチラ

 

色々と書きますたが、結局のところ我らは守ってもらってるんだなぁ…って実感します。

 

 

ええ、ええ、⬆︎の通りです。うるせーとか言える間は幸せだ。

何だか、母親が子供を心配して色々と言ってくるのに対して、子供がその親心を理解せずに「うるせんだよBBA!」みたいな図に似てますね。

 

…まあ、そんな心温まる解説を読んでも、適当占い師は携帯の電源を常時入れるようにはなりませんが…(うるせんだよBBA系よりタチが悪い種族)

 

あ、そうそう、こちらのPDFもぜひ。

 

知らないことってたくさんあるものですね。

 

以上です。