【注目】人生の成否をわける「自制心」。超富裕層は「マシュマロ2個」を選び禁煙派が多いそうです。

マッシュ

 

どうもです。皆さんは、「マシュマロ・テスト」をご存知ですたか?スタンフォード大学の心理学者が行ったテストで、

「マシュマロ1個を今すぐもらう」か「最長20分待って2個もらう」のどちらかを選ぶとしたらどっちにしますか?

という内容の我慢強さとその後の人生の相関関係を見る実験です。えッ?占い師はどっちにするかって? 我はマシュマロ好きじゃないのでいらないー(そんな回答が…)。

そして、その「マシュマロ・テスト」に絡んだちょっと気になる記事を発見しましたので、共有です。

 

人生の成否をわける「自制心」~超富裕層は今も「マシュマロ2個」を選ぶ~

高学歴、高収入、高資産、健康長寿……。それらすべてを手に入れる人の唯一の条件とは、「自制心」。なぜ、そう断言できるのか? 金融資産5億円超の富裕層でもある金森重樹氏が、国内外の疫学調査に基づいて解説する。

収入の低い人ほどタバコを吸う
▼「所得が少ない人は死亡リスクが2倍近く高い」

「所得と喫煙」の関係を掘り下げ、判明したのは……
▼「1日1箱吸う人」は1本ごとに寿命が4.04分短くなる

年間所得が高くなるごとに喫煙率は低くなる
▼自制心がない人は何も手に入れられない

自制心が、高学歴や高収入を発生させる
▼「マシュマロ2個」を選んだ子は大成する

自制心ある人だけが「収入・寿命・富」を得る

全文はコチラから

 

見出しがきれいに分けられていたので、今回は見出しのみピックアップしてみたのですが、喫煙される読者の皆さんは一番上の「収入の低い人ほどタバコを吸う」を見ただけで嫌な気持ちになるかもしれませんね。

がすかす、ご安心を。占い師の周りでタバコを吸う仲良しさんの中には、長者もいらっしゃいます。

「割合」の話なので、喫煙者でもお金持ちはいるし、禁煙者でも経済的に厳しい生活をされている方はいるという感じですね。

 

わたすは自分がタバコの煙が苦手故、この世からタバコが消えてくれたらいいな~と思っています。

ええ、ええ、臭いし煙いし体に悪いし、吸っている間ご本人は意識をしてなくても人相を悪くするし、ストレス溜まっている感じの人に見せてしまうし、色々ともったいないなと思い、、タバコに対してはマイナスな気持ちが大きい。

(この感情は「タバコ」そのものに対してです。吸っている人に対してではないです。吸っているお友達もいるので…)

タバコと各種病気の因果関係はわかっているのだから(本当の本当に正確なデータはないと喫煙者派閥の方は言われますが…)、

→22の病気、たばこ原因が「確実」…がん・脳卒中・糖尿病など

→タバコとガンの因果関係を明確に数値化 がん研究センター発表

 

喫煙者には喫煙者用の高い医療保険料を設定すべきとも思ってます。

健康保険証にtaspoの機能を持たせちゃうのです。喫煙者にはtaspo付きの保険証を配布し、負担額も1-2割り増しにしたらどうでしょうか。

医療費の増加による国の財政圧迫を少しでも回避しなければ…

 

と思っていたのですが、、ここに来てちょっと考えが変わった…

 

上記のコラムに書いてあることには、喫煙者と非喫煙者の寿命の差は6.5年。

喫煙者の方は早く亡くなるため、この期間分の年金を受け取らないことになるので、もしかすたら結果的には国家財政の健全化に寄与しているのカモ鴨長明なんて…

どなたか、損益分岐点(?)を計算してこの辺ハッキリさせてほしいのですが、大変複雑な計算を求められるので多分真相はわからないでしょうね。

 

…占い師の仲良しの喫煙者の皆さんは長生きすてください。

以上です。