パパ活!肉体関係はナシだが「体の洗いっこ」はアリ!? 若い女性と中年男の疑似“父娘”交際

 

どうもです。何だか心をざわつかせる記事を発見すてすまったため、皆様と共有したく。(人を巻き込むなよ!)

 

肉体関係はナシだが「体の洗いっこ」はアリ!?若い女性と中年男の疑似“父娘”交際のリアル

性的関係はナシ。「父娘」として付き合ってくれる若い女性を求める中高年男性が増殖中だ。経済的事情から「パパ」を求める“パパ活”にいそしむ若い女性もおり、ちょっとした流行語にもなっている。

「パパ」はパトロンではなく父親!流行の兆しを見せる「パパ活」

「彼女の美しい時期を一緒に過ごせる。それだけで僕は満足なんです。心と心、魂と魂が触れ合う素敵な時間を共にできる。これ以上の贅沢はありませんよ」――。

 今、男性が毎月一定額を女性に支払い、食事やプレゼントはもちろん、日常の些細なことから人生相談まで乗るという約束で交際するカップルがにわかに増えつつあるという。

(全文はコチラから)

 

 

「魂と魂が触れ合う素敵な時間」…

 

出た〜という感じですね(魂だけに)。魂と魂の触れ合いだけなら、「洗体」も金銭も必要ないと思うのですがいかがでしょうか。(洗体って…)

以前ご紹介すた中高年の不可思議な関係、「セカパ」と何処か通じる感じです。

 

「友達以上、不倫未満」のセカパ実態ルポ。魂に挿入って…セックスをしなければ不倫ではないのか?

 

あ、がすかす、ザワザワとするのはわたすの感覚であって、どこにも迷惑をかけているわけではなく(奥方様などにバレなければですが)、

触れ合っている当事者が「素敵な時間」と感じているのは素晴らしいことなわけで…

(↑北の国から風に)

 

ええ、ええ、そういう唯一無二の素敵な時間があるのはとてもいいことですね。(まとまりますたね)

 

で、うまくまとまったところだったのですが、ご紹介すたページは5ページにも渡っており、他にも特筆すべきことがてんこ盛り。

全文はコチラからをクリックすたものの、途中で読むのを諦めたか、クリックすらしなかった読者様のために、おお、これはこれは…という部分を、もう少しピックアップすましょう。

 

こうした存在の男性を女性が探すことを「パパ活」というのだそうだ。そしてこの関係で交際する男性は「パパ」、女性は「パパ子」と呼ぶのだとか。「パパ子」の見た目は、地方から出てきた中学生と見紛うほど質素だ。言葉遣い、立ち居振る舞いも地味。学究一筋の真面目な大学院生なのだろう。

 

知り合いに月に70-80本もの多種多様な婚活&出会い系パーティーを開催すているイケメン社長さんがいるのですが、男性が好条件(社長、年収よーし、職種よーし)のパーティーでは、

「スレていない」姫君が人気だと言ってますた。

いわゆるプロっぽい女性は「お金目的」というのが透けて見えるどころか、思い切り見えてすまっていて、お腹いっぱいという人も多いそう。(プロっぽい人が好きな人ももちろん大勢いますが)

プロがよければ、キャバクラかクラブに行きますよ…とのことですた。

 

素朴女子達よ!立ち上がる時です!

 

あ、薄化粧はしてくださいね。(ノーメイクのお前に言われたくないという声が聞こえてくる)

 

次、

 

率直に告白すると、彼女と出会う前は風俗店にも通っていました。でも、鶯谷にある格安のファッションヘルスで、8000円から1万円のコースに月に何度か行くよりも、この父娘関係のほうが健全です。娘がいることで日常生活にも張りが出ていいですね」

 

何がどう「健全」なのか説明がないため、これは占い師妄想ですが、間接金融と直接金融なら、直接金融の方が健全、という感じでしょうか。(間接金融=お店を通じてなので、店に手数料が持ってかれてしまう)

 

次、

 

マサヤさんたち「父娘」が週1度利用するレンタルルーム「プチテル」。シャワーやベッドなど、ホテルと同じような設備が揃っている。
週に1度、レンタルルームのシャワーで「父娘として体を洗いっこする」(マサヤさん)。通常の父娘なら言うまでもなくレッドカードだが、マサヤさんと女子大学院生は「それほどに深い関係なのだ」と説明をする。だからこそ肉体関係こそなくてもマサヤさん、女子大学院生共に満足できるという。

「40歳を超えて、僕も性的にも衰えが出てきました。だから彼女と体の関係なんて露ほども考えていません。体を洗ってもらい、洗ってあげて、彼女の研究をみてあげて…。これで大満足です」

こう語るマサヤさんの横で、女子大学院生は恥ずかしそうに俯く。今時珍しいくらいの純朴ぶりがそこはかとなく伝わってくる。取材を終えて帰り支度をという時、女子大学院生が明るく声を張り上げた。

「パパ!そういえば今月の仕送り、まだもらっていないんだけど――」

渋々といった面持ちで財布から1万円札を2枚取り出すマサヤさんの表情が心なしか曇ったようにみえた。その様子は、まるで風俗店で支払いを済ませる客のようだった。

 

皆さん。パパ活とは、黄昏流星群の殿方が若い姫君に見ている淡い夢なのです。

 

 

もすかすたら姫君の方は、それほど面倒なことのないATMくらいにしか思ってないカモ鴨長明ですね。(特にこのケースではほぼ確実に)

 

チーン…

 

…仕事では便利な人と思ってもらえるのも大事なことですが、、、ええ、ええ、おっちゃんたち!おどれらオナゴにナメられたらアカンで!

(いまだに極妻、仁義なき戦いが抜けない人)

 

淡い夢を持たず、奉仕活動、生けるATMと本気で割り切れたら潔くっていいですね。

 

以上です。

1 件のコメント

  1. ikenori 投稿者

    Facebookに御コメント多数いただきますた。

    ●なんかもう、なんでもいいやって気がします(笑)

    ●キモ…って言っちゃダメよね?

    ●良い、悪いは別として、セクロスありの方がよほど正常だと思います。

    生殖行動から考えると、避妊が既におかしいのに、セクロスすらしないとか、どんどんおかしな方向にいきますね人間は。

    ●丸裸になっておいて、なんもないとか、私からすると、ある意味不健全です。

    ●ソープ嬢の真似事をする化粧っ気のない素人小娘とド変態オヤジのプレイにしか聞こえないのは私だけでしょうか。

    ●先日、友近が言ってました!!
    股開かざる者、喰うべからず!!

    ●キッチリ勃たず
    イカせるワザも持たず
    自信なきオヤジの
    行き着くさきは
    ココでやんした

    ●これはネタで、ないないじゃないかな

    ●なるほど!本能に素直に行動ですね

    ●ある意味、最も不純な気がします。エッチをちゃんとする方が、本能に添っていて、健全だと思います。

    ●私は黄昏流星群という言葉にビンゴでした!( ´艸`)あの本は行動しています。( ´艸`)

コメントは受け付けていません。