【読書】「人に強くなる極意」(佐藤優)彼女にAVメーカーに勤めていることを隠しています。告白すべき?


 

どうもです。今日は、佐藤優氏の「人に強くなる極意 」です。

 


 

 

佐藤優氏は、有罪判決をくらっているし、何だか目が座っているし、名前の読み方がユウなのかマサルなのか、よくわからないし…どうなんかな、、

という感じだったのですが、占い師が毎週読んでいる雑誌らに連載をされておりますて、

ええ、ええ、代表は週刊SPA!の「インテリジェンス人生相談」なのですが、これなんて読んでいると、お答えが至極真っ当!ステキング!よく言ってくださった!賛成!バンザーイ!

となる秀逸な回答で、なんか考え方が合うカモ鴨長明、とどんどん親近感が湧いて…ええ、ええ、今とても好きな感じです。オホホ。

 

その秀逸な人生相談の回答達がコチラ⬇︎

彼女にAVメーカーに勤めていることを隠しています。告白すべき?

まともな社会人は遅刻をしない――佐藤優が考える「大人の定義」

「結婚はしたいけど男性と寝るのが嫌です」

 

さすがですよ、という感じです。

 

というわけで、そんな佐藤優氏の御本の内容はコチラです。

 

内容紹介(Amazonより)

どんな相手にも「ぶれない」「びびらない」「怒らない」――。ビジネスでも人生でも、人と相対したときにどう振る舞えるかが結果を大きく左右する。いつでも最高のパフォーマンスをするには、どんな心持ちでいることが重要なのか。外国の要人、日本国首相、そして特捜検察などに対してギリギリの交渉力を発揮してきた著者が、現代を“図太く”生き残るための処世術を伝授する。

目次

第1章 怒らない
第2章 びびらない
第3章 飾らない
第4章 侮らない
第5章 断らない
第6章 お金に振り回されない
第7章 あきらめない
第8章 先送りしない


佐藤 優
1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。85年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。2002年、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕、起訴され、09年6月有罪確定。『国家の罠』(新潮社)で第59回毎日出版文化賞特別賞受賞。『自壊する帝国』(新潮社)で新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞受賞

 

 

こちら初版が2013年の10月なので、今更紹介?という感じではあるのですが、迷えるフニャフニャの現代人に相当売れた本らしく(30万部)、今の占い師にとっても必要な御本だったのでご紹介でっす。

いつもヘラヘラニタニタ、悪くなくても先に謝る〜メンゴメンゴ〜という謝り侍なスタイルで生きていた占い師だったのですが、

最近ちょっとそうもいかないビジネスシーンになることが出てきますて、ええ、ええ、何やら毅然とすた態度でお相手に臨む感じが求められると言いますか、

あ、ハイ、そういうの全く似合わないのですが、似合わないなりにも、できる範囲で心構えをと思い…

この御本と「極道の妻(おんな)たち」シリーズで研究を始めた占い師なのです。

 

「謝り侍から極道の妻って、振れ幅大き過ぎませんか…」

 

あ、やっぱり?自身、振れ幅広過ぎてですね、昨日も夢に岩下志麻氏が出てきてうなされた占い師です。20人くらい人が撃たれてSHINでました。

でもでもぉ〜、この2つ、既にめっちゃ役に立ってます。ちょっとですが思考回路が変わったんだ…(早いね)

うむ、極妻見たことない方は本当、死ぬ前に一度見た方がよかですよ。アマゾンプライムで全シリーズタダで見られますので。

1番の見所は、かたせ梨乃氏のおっぱいポロリなのですが、(そこかい)、、占い師が読み取ったそれ以外の大事なことと言えば、

人間界というのは、支配する側(強い方)と支配される側(弱い方)とに必ず分かれ、

どちらに入るかは自分の振る舞い方次第であり、支配する側にいた方がそりゃ色々有利なので(命ねらわれたりすますが…)、そすたらそうあるべく振舞ったらいいのだ、

向かう所敵なしの岩下志麻氏のように振舞ったらいいのだ…ということです。

故に、支配する側にいたい方へ… いいですか、電話に出る時は、

「わてや」(低音)

と、ドスの効いた声で出て、また、どうでもいいことを相談され泣きつかれた時は、

「自分で落とし前つけやッ!」

と突き放し(ええ、ええ、相談に乗っても時間の無駄)、

さらに、部下が仕事で失敗すたら、慰めの言葉など一切いらない。かける言葉は、

「あんた、指詰めなアカンなぁ」

支配層にいくには、それくらいの非情さが必要です。

 

味方には、この人のためなら指も命も惜しくないという忠誠心を芽生えさせ、

敵には、こいつに逆らったら何されるかわからんわ、という恐怖心を芽生えさせることができたら、、

 

あんた、本物やで。

 

というわけで、極妻見ましょう〜。って、、、おや、佐藤優氏の本についてほとんど説明がないまま、2,000文字超えてすまいますたね。

今から説明するのも何だか難儀なので、ええ、ええ、興味ある方は買って読んでみてくださいませ。

ちなみに占い師は、怒らない・びびらない の章が好きですた。

突然感情的になって怒る人というのは、感情を抑制できない情緒不安定という病気カテゴリの人間なので、避難せよと書いてあった。

皆さん、そういう人が近くにいたら、遠慮なく避難しましょう。(最近避難すた占い師)

 

以上です。

 

この記事も読まれてます⬇︎

 

他話題の本のレビューはコチラ>>

About ikenori 865 Articles
1980年、秋田県生まれ。 一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。その後占い師として独立。これまでに占った人数は、6,000人以上。占い中に受ける人生相談や時事ニュース等を「いけのり通信」にアップするのがライフワーク。

Be the first to comment

Leave a Reply