くれくれ君に悩んでます。「人を紹介してくれ、紹介してくれ」としつこい人への対応方法

今日も「いい加減人生相談」でひと笑い。

 

どうもです。とある高尚な君からのメールに、「ほにゃらら云々(でんでん ではありません、念のため)…」などと読み仮名の注記がありますた。

ちゃんと「うんぬん」って読めます、占い師のいけのりです。

ちなみに昔、何卒を「なにそつ」と言っている方がいて、正すべきか否か迷い、、結局何もできなかった不親切な占い師です。また何処かでなにそつって言っちゃったかな…。

 

そんなこんなで、今日の人生相談に参りましょうか。

 

「いけのりさん、こんにチワワ。ちょっと聞いてほしいことがあります。仕事仲間のある男性についてです。彼はいつも自分のビジネスのために他人の人脈を物色しているところがあり、自分に対しても、人を紹介してほしい時だけ調子よく連絡をしてきます。しかも応じるまでしつこく連絡してきます。しかもこちらへのちょっとした報酬もちらつかせてきます。

そして紹介をすると、御礼は確かにそこそこある時もあるものの、きちんとしたものはほとんどなく、またしばらく連絡がなくなります(半音信不通)…そしてまた連絡があり→紹介→音信不通の繰り返しです。

私が主催している交流会なども来られたらちょっと嫌なので、連絡をしないようにしているのに、facebookや他のつながりのある人から情報を仕入れてノコノコやって来たりします。あの人、この人、そこの人、どんどん紹介してくれと、人脈を荒らして帰っていきます。自分はうまく利用されているようで、こういうのはあまり好きではありません。最近はちょっと不快感すら覚えるのですが、自分の心が狭いのでしょうか。」(40代・殿方・会社経営)

 

心、狭くなんかないぞ!

 

というか、御相談者様の気持ちがちょっとわかる占い師です。

うまく利用されているようで、、、って、コレ普通に利用されちゃってますよ。目を覚ましてください。

こういう図々しか感じの人を世間一般で何と言うかというと、

 

「くれくれ君」

 

と言います。えッ?初めて聞いた?そうですたか。うちの周りではそう呼んでます。

今回は人脈荒し系の「紹介してくれ」ですが、これがですね、アレコレしてくれ(ただ働きに近い労働系)、お金くれ、教えてくれ、助けてくれ、、など色々な種類があります。

で、いつかどこかにも書いたのですが、人の紹介は何か虎舞竜が起こった時に、つないだこちらにまで火の粉がかかり、

自身の信用を急降下させる恐れすらあるので、実は相当注意が必要…

 

「信用・信頼できる人を、信用・信頼できる人につなぐ」

「好きな人を、好きな人につなぐ」

 

これ以外のことは、本当、やらない方がいいんだぁ~

…ええ、ええ、わたすも軽々しく人を人に紹介すてすまうため、自戒の念も込めての言葉です。(でもしちゃう人)

 

で、そのくれくれ君の件ですが、御相談者はその君のことがだいぶ嫌いそうに見えるので、今後は以下のような策でいくのはいかがでしょうか。

 

① 物凄く的外れな人を紹介する

② 「かしこまり~」と言って人を探すフリをする

③ もうシカトを決め込み、LINE等に応じない

 

あ、ハイ、以上、わたすがもう勘弁してくれーという相手によく使う手段です。(ひどいね)

 

ええ、ええ、御相談者様が結果を残す(ちゃんと人を紹介する)から、相手もしつこく期待して来るのです。

御相談者様が問合せに応じるから、相手もしつこく連絡して来るのです。

全部、御自身で御自身が不快になるような状況に御自身を追い込んでいるのです。(めっちゃクドいなこのくだり)

 

故に、どうでもいい人に使うエネルギーと時間を最小化するため、なるべくいい結果を残さないように努めましょう。

一番の省エネは③の無視ですが、角が立つので②がいいですね。

①だと他人を巻き込む→その人にも迷惑がかかるのでオススメはしない。トラブルにもつながりかねないですしね。(じゃあ提案するなよ)

 

うむ、くれくれ君には、なるべくあまり関わらない方がいいですね。そうしよう~

好きでもない人に振り回されるのは嫌や~。

 

…おや、こんな本を発見すますた。


 

そのくれくれ君、ある意味突き抜けているのカモ鴨長明ですね。

(まわりを振り回して結果を出す)

 

以上です。


1 Comment

  1. 御コメントいただいております。

    ●スカッとしますた!
    最近、とある人をぶった切ってラインブロックしちゃった身なので〜!

    ●のりこに振り回されたいぜ

Leave a Reply