【映画】後妻業の女。濡れ場が続く映画…ヌードの新人女優樋井明日香氏と豊川悦司の絡みも

 

どうもです。適当占い師いけのりです。今日は話題の映画「後妻業の女」(8/27公開)を早朝から見に行ってきますた。濡れ場だらけの映画であった…

まずは最初に「後妻業」の意味を…

 

後妻業とは?

後妻というのは、妻と死別または離婚した男が後に迎えた妻のこと。

後妻業というのは、資産家の独身老人男性の後妻になって財産を奪うことです。

つまり、愛のためではなく、生業として後妻をやる女のことです。

【資産家の独身老人男性を狙う結婚詐欺・後妻業の手口】

 

怖いわ〜。何人も結婚相手をポアロすていた京都の毒婦の事件とかありますたよね、アレです。財産があるソロの殿方は気を付けてください。

ちなみに、先程「後妻業」で検索すたところ、、サジェストに「後妻業の女  濡れ場」というワードセットが…

ええ、ええ、確かにそれ系シーン激すかった…「特命係長只野仁」の上いってますた。

朝からおじいちゃんおばあちゃん達と一緒に見る映画とすては、ちょっとオススメできない感じです。

豊川悦司氏は遊び人の設定である故、次々と若い娘との逢瀬を重ねており、、、時にポロリ付きの逢瀬までも…

そうそう、ポロリすていたあのかわいい子誰だろう…タクシー内の着替えでも脱いでいた。。惜しげもないヌード姿。

気になったので調べてみたところ、(中学生男子的な好奇心…)

コチラの樋井明日香氏ですた。

どうでもいいのですが、事務所のサイト内にある出演作紹介の部分で「相棒」がTBSになっているのが、気になった占い師です。

 

テレビ朝日ではないのか
テレビ朝日ではないのか

 

極妻でかたせ梨乃氏がポロリした時のように、この映画をきっかけに樋井氏には羽ばたいてほしいですね。

 

で、本映画の原作は、30万部を突破している「後妻業 [ 黒川博行 ]」。

 

 

今回は日曜の朝一番、8:30スタートの回での観賞だったため、席には余裕があり、比較的小さめのシアターサイズの最後列のど真ん中席、ええ、ええ、良席を確保できますた。

そすて、、おや、これまた朝が早いからでしょうか、最後列から観客の皆様の様子を伺っていたところ、後妻業に狙われそうな御高齢者の方ばかり。(ソレなんか失礼でしょう)

みなさん!映画でしっかり予習(?)して、後妻業の餌食にならないように!備えあれば憂いナス!ということですね!エイエイオーー!

では、ここからネタバレにならない程度に感想を…

 

舞台は大阪。

登場人物の関係図はこちらです。

image

 

あ、違った、こっちだ。

image

 

(…実際に人が亡くなっているので、茶化すている場合ではないのですが、、、元ネタか?と思われるような事件なので軽く触れさせていただきますた。がしかし!原作本発売は事件発覚よりも先だった。)

 

豊川悦司氏の営む結婚相談所で、遺産がっぽり・余命短めな爺様を次々手篭めにすていく主人公を演じるのは大竹しのぶ氏。

注目したいのは大阪だけあって、大竹しのぶ氏も豊川悦司氏も、他キャストもみ〜んな、ドギツい関西弁な点です。(そこかい)

シリアス感を一気に緩和する関西弁、最高やわ〜。ちなみに高校生の時、ダウンタウンに憧れて関西弁を訓練すていた占い師。こう見えてイントネーション負けへんでぇ〜。

 

——————-

突然の(どうでもいい)【関西弁講座】

「橋」は「箸」

「箸」は「橋」

と発音すると、それっぽくなります。言ってみてください。

——————-

 

また、ちょっと話は飛びますが、わたすのFacebookの言語設定は日本語ではなく、関西弁にすているため、

 

いいね→ええやん

コメント→つっこみ

シェアする→わけわけ

image

 

という感じで、お知らせも含め全て関西弁で表示されて楽しい感じです。

わたすもそうすたい〜!という方、設定方法はこちらです。↓(至れり尽くせり占い師)

◆ これから関西弁でFacebookが使えるでぇ!!

 

…話を映画に戻しますね。

元々イケメン俳優の豊川悦司氏は、今回二枚目のような三枚目。かなりの薄汚さ(格好は立派、人間的なソレ)醸し出すており、ホンマに最高。

「じじいを騙すのは功徳」

と言い放ち、お金儲け第一主義、上前をはねる天才です。

ここでまた注目すたいのは、何やら日焼けでシミが目立っている点。ゴルフか山登りにでもハマっているのでしょうか。日焼け止め塗ってくださいね。(余計なお世話)

そすて、二人のターゲットになる笑福亭鶴瓶氏がまたよす〜。スカイツリーのシーンでは、映画館で近くに座っていたおじいちゃんの笑いが止まらなくなる程だったので、要チェックです。

鶴瓶師匠の職業は、実は「竿師」。

実は、って、竿師ってどんな職業やねん、、ってゆうか、スカイツリーのシーンって何やねん!と気になってすまった方は劇場へ…

そすて、主演の大竹しのぶ氏、、、実生活で後妻業してるんじゃないか、、くらいハマリ役。ホンマに最高。極悪非道のトンデモナイ姫君なのに、応援すたい気持ちにさせられる。羨ましい気質です。

また、彼女にたかってくる無職のチンピラ風の出来損ない息子も見ものです。

ええ、ええ、色々なもののコラボレーションがすばらすぃ過ぎて、、

「何も言われへんッ」

って、感じですた。(↑北島康介「何も言えねぇッ」関西弁バージョン)

 

映画の予告編はこちらです↓

image

 

 

うむ、オヨメに行きそびれた30代後半〜の姫君様が、結婚できるかどうかを占いによくやって来るのですが、

年齢の近い人とゴールインを目指すのではなく、この際、60・70・80代の方へターゲットをシフトさせてもいいのではないか、、、と思った占い師です。いかがでしょうか。

また、結婚せず不倫に悩む姫君様の相談もちらほらありますが、ええ、ええ、その辺の離婚する気もナスでいいとこ取りの同年代・ちょっと年齢上の上司などとコソコソ不倫するより、安全で健全です。

スーパー年の差婚で、相手より10も20も若いってだけで、ええ、ええ、それだけで!待遇も良くすてもらえそうな予感です。

 

そんなこんなで、、

茜会のサイトはコチラ

image

 

楽天オーネットスーペリアのサイトはコチラ

image

スーパー年の差婚、ありです。

 

以上です。

amazonビデオはこちら⬇︎

後妻業の女

About ikenori 975 Articles
占い師。一橋大学商学部卒業後、金融会社を経て楽天市場へ入社。その後会社設立。これまでに占った人数は、6,000人以上。口癖は「さすがーー」。